空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

エフトイズのセスナ172スカイホーク

注文したことを忘れていたタイミングで届きました。
8種類あり箱買いすると10個入りなのでシークレット
あるのかなと思い開封すると中日本航空のJA4075と
朝日航空のJA80APが2機ずつ入っていました。
車輪カバーも付属するとなおよかったです。

1/144なのでやはり小さいです。
会社のデスクにこっそり飾るのによさそうです。
1/72はアリイ、1/48はミニクラフトがありますね。

Vol.1とあるので第二弾もあるのでしょうか。
パイパーとかビーチなんかも出て欲しいです。

20170617DSCN7416セスナエフトイズSM
一番初めに開封したのはホンダ航空塗装でした

直前の海外出張中止

イスラエル出張のため成田空港へ向かっていました。
しかし事情があって急きょ中止にして空港から家に
とんぼ帰りしました。こんなことは初めてです。

20170613DSCN7408成田スタバSM
スカイライナー待ちでスタバに入ります


浅間山

久しぶりに温泉でも入るか、と北軽井沢に一泊。
ホテルの大浴場は温泉でないので、近くの温泉施設
で温泉を楽しみました。

20170611DSC_2813浅間山SM
ホテルからは浅間山が良く見えます

シーラスSR20(JA020A)の空撮

(Rev.2)
桶川 LCL 
    1043-1057(0+14)
   BE33
桶川 LCL     1335-1431(0+56)   BE33

午前中は知人のエアロスバル体験で2フライト。
僕は地上で留守番のつもりでしたが、待ってるだけも
つまらないし、知人も空撮体験してみたいということで
エアロスバルのすぐ後に離陸しちょっと並びすぐ着陸。

午後はOさんのシーラスSR20を空撮しました。
5,000~7,000ftまで上昇しましたが、気流が悪いし何が
原因なのか空気がモヤモヤしており、狙っていた山を
背景の写真はいまいちになってしまいました。

撮影機のE33は225馬力、SR20は215馬力、最大重量は
どちらも3000lb級のはずなのにSR20は速い!
抵抗が少ないのか、E33が二人乗りだからなのかSR20
の加速が良くなかなか追いつけませんでした。

シーラスオーナーOさん、エアロスバルのフライトと空撮
の右席をやっていただいたYさんありがとうございました。
もっといい写真を撮りたいのでまたよろしくお願いします。

ちなみに
当初はDC-3に引き続き龍ヶ崎にいる零戦を見
に行こうと
木曜日にスポット予約の電話をしたところ、
あっさりと
スポットがいっぱいなのでダメと言われガッカリ
していました。
臨時駐車場も開設され車で行くのは大丈夫
だったようです。飛行場なのに・・・。

20170604DSC_2438SM
日光から那須にかけて空撮

20170504DSC_2566-3SM
この角度がスマートに見えます。主翼が小さいです

20170604DSC_2514JA020ASM
あまりのモヤモヤに閉口し、右席にも撮ってもらいました

20170604DSC_2558JA020ASM
宇都宮基地を背景に

20170604DSC_2574JA020ASM
しっかりした雲があってグライダーに注意して撮影


ボナンザでDC-3を見に行く②

福島空港へ着くと何やら作業中のようなので、関係者
の方に一声かけて
(空撮-空の公差も渡して)写真を撮
らせてもらえました。
快諾していただきありがとうございました。

11時頃離陸するための準備中だったのと、機長がまだ
来ていないということで、機内は見せてもらえません
でしたが、外側は撮影ができました。

カメラプレーンのA36のオーナーOさんも僕のことを覚
えてくれていたようで
離陸後2回ローパスすることを
教えてくれました。
離陸後、ATCを聞きつつ待っている
と、郡山まで行って編隊を組んで空港へ逆進入してきま
した。

一航過目はエプロンの真上を飛んだので真下の写真に
なってしまいました。二度目は?と思い少しでも真下
にならないよう、移動して待ちましたが、移動した方
に来てしまい結局真下の写真しか撮れませんでした。
Oさんごめんなさい。

桶川に戻ると、宇都宮から帰投したクルーの皆様がい
たのでハンガートークに混ぜてもらいました。DC-3の
話をすると、「私は機内見せてもらったよ」とSさんが
機長とのツーショット写真を見せてくれました。
うらやましい・・・。

20170528DSC_2046DC-3福島SM
エプロンで撮影できました

20170528DSC_2088DC-3SM
エンジン始動。左エンジンだけ煙が盛大に出ました

20170528DSC_2192DC-3SM
離陸。気温が高いので陽炎でモヤモヤです

20170528DSC_2275DC-3SM
フライパス時はこんな感じ

20170528DSC_2286JA3758とDC-3SM
ダウンウインドを飛ぶDC-3とA36

ボナンザでDC-3を見に行く①

桶川 → RJSF 0950-1032 (0+42) BE33
RJSF → 桶川  1340-1427 (0+47) BE33

27日のDC-3のフライトを見に行くつもりでした。
予報では行けそうな感じだったのが、当日朝の天候を見る
と行けない確率の方が高そうだったので泣く泣く中止。
福島空港はかろうじてVMCでも桶川近辺、宇都宮から白河
が全然ダメそうな感じです。

ブライトリングのHPでは28日はフライトがないし、30日に
仙台へ移動となっているので駐機しているのを見られるか、
もし28日に仙台への移動がされるとしても、午前中ならまだ
見られるかもということで桶川を出発しました。

ストレスになるほどの気象状況ではないですが、上に行くか
下に行くか微妙なシーリング。暗い雲の下を行くのは気乗り
しませんが3,000ftあれば福島へは余裕で行けるので下を
選択。往路は3,500ft、復路は4,500ftで巡航しました。

復路は宇都宮レーダーにモニターしてもらい基地祭が開催
されているのを見ながら通過しました。駐機場をこっそり(?)
撮影するとヘリコプターの帰投が始まっているようで、直後
にアパッチ、ニンジャ、キャリア(CH47か?)などのコールサイ
ンが聞こえてきました。

20170528P1015388JA3446桶川SM
桶川はいい天気

20170528P1015397JA3446福島往路SM
雲の下を行きます。雲の隙間から日が指しています

20170528DSC_2051JA446+DC-3SM
福島空港へ到着。DC-3とカメラプレーンのA36が見えます

20170528P1015399JA3446福島復路SM
復路も雲の下。4,500ftで巡航

20170528DSC_2340宇都宮基地上空500ft14時24分SM
宇都宮の基地祭。左側2列の列線が小型機です

戻りました

今回の出張は久々に1週間以上で移動も多く疲れま
した。最後にトドメさされたのはLAXでの乗り継ぎ
です。

サンノゼ出発が遅延し、LAXについたのは搭乗時刻
の10分前。ゲートがわからないままインターナショ
ナル乗り継ぎはこっちと言われT3からのバスに乗り、
旅程表にあったターミナルBで降りると、まったく
違うことがわかりました。バスの運転手も2度聞いて
確かにインターナショナルはBで降りろ、と言ってい
たのでなんなんだ、という感じです。

係員に聞くといったんセキュリテイ区域を抜け外に
出て改めてT2からセキュリティ検査を受けて入れ、
と言われました。汗だくでターミナルBからT2へ走る
と今度は、混んでいるからT3からセキュリティ検査を
受けてシャトルバスでT2へ移動しろ、と言われ先ほど
走り抜けてきたT3へ戻ります。
T3はサンノゼから到着したターミナルです・・・。
1時間の努力は何だったのか、という感じです。

ようやくT3で検査を受けて入ると遅延していることが
わかり、乗り継ぎはできそうだと安心できました。
また同じシャトルバス(運転手は違います)に乗り、
今度は何度も何度も確認してT2に到着。

乗り継ぎの羽田行きの便はオーバーブッキングでサン
ノゼでもボランティアを募集していたので、搭乗口へ
行くのが遅れると強制的にキャンセルされる可能性が
ありかなり焦りました。


結局、搭乗時刻は予定時刻の2時間遅れでした。
そして満席でデルタのステータスは低いので最後列の
リクライニングが少ない窓側席でした。前には11歳の
子供が座っており、隣は空席です。この11歳の子供は
CAと話していたのを聞いていると米軍勤務で父親の
いる沖縄へ一人で行くそうです。
あるかないかわかりませんが米軍ブロックか・・・。

羽田からは会社へ行き、その後帰宅すると今度は夕立
に遭遇しタクシーが捕まらず、最後まで疲れました。

20170525DSCN7336サンノゼデルタ遅延SM
サンノゼからLAXへ

20170525DSCN7344ロスターミナルバスsm
T3から使うシャトルバス。この運転手に騙されました

20170525DSCN7350ロスデルタ遅延SM
羽田行はB777です。ベンチで待ちます

20170525DSCN7352あと3時間SM
あと3時間弱。いつも通りここから長いです

20170526DSC_2002サンタモニカの人文字SM
サンタモニカのビーチで人文字をやっていました

20170526DSCN7357大利根上空SM
羽田への進入で回され大利根上空を通過

ボストンとシアトル

ボストンで仕事をし、LAX経由でシアトルへ移動し
ます。朝早い出発なのできれいな朝焼けを見ること
ができました。シアトルへは土曜に移動、月曜午前
に仕事をして午後はサンノゼへ移動です。

20170520DSC_1981ボストン朝焼けSM
ホテルの窓から見えた朝焼け。得した気分

20170520DSCN7302シアトルB737SM
ボストンからロスへ


20170520DSCN7301シアトルB737SM
ロスからシアトルへ

20170521DSCN7310シアトルSM
シアトルでは海辺のレストランで昼食


20170522DSCN7324シアトルからサンノゼスカイウエストSM
シアトルからサンノゼへはサウスウエスト航空


米国出張

3月に続き米国出張してきました。
いつもと違いボストン、シアトル、サンノゼに滞在
します。同行者の関係でデルタ航空を主に使います。

羽田出発が約1時間遅れ乗り継ぎ時間が30分と
いう不安のまま出発しました。がんばって飛ばした
(?)のか、到着時には30分遅れまで回復し、無事に
乗り継げました。

20170518DSCN7279羽田SM
まずは羽田からミネアポリス経由でボストンへ

マリブとボナンザの空撮(JA3447&JA4010&JA4030)

桶川 LCL 1320-1356(0+36)   BE33

1度目のフライトは離陸後も桶川アドバイザリーを
聞いていたらIさんのE33ボナンザJA3447が来るよ
うです。着陸すると隣のスポットに停まっていて
話を聞くとSさん、Oさんの2機のマリブ、Iさんの
ボナンザを使ってゲストフライトをするようでした。

そこから話が進み空撮しよう、ということになり、
こちらにはNさんが乗ってくれることになりました。
以前から顔見知りではありますが、一緒に飛ぶのは
初めてです。飛行時間2000時間以上、タービン機も
100時間以上経験がある方なので教官同乗のような
ちょっと緊張するフライトです。

ゲストフライトも兼ねているので、あまり激しい動
きはできず、極力水平直線飛行で撮影しました。
成り行きで決めた割には、ベテランの皆様に助けて
いただき短いフライトで3機の撮影ができました。

Iさん、Sさん、Nさん皆様ありがとうございました。

20170514DSC_1892JA3447SM
JA3447。塗装が微妙に変わっています

20170514DSC_1869JA3447SM
ボナンザの色付窓から斜め後ろの撮影は苦しいです

20170514DSC_1910JA4030SM
初空撮のJA4030

20170514DSC_1840JA4030SM
主翼が長いので切ってみました

20170514DSC_1858JA4010SM
OさんのマリブJA4010。これも初空撮です

20170514DSC_1862JA4010SM
スカイツリー入れてみましたが失敗・・・

METAR RJTJ 140100Z 05007KT 9999 FEW015
BKN025 19/13 Q1011 RMK 1CU015 7CU025 A2985=

METAR RJTJ 140600Z 06003KT 010V140 9999
FEW020 BKN040 20/12 Q1010 RMK 1CU020
7SC040 A2984=

久々にボナンザでフライト

桶川 LCL 1150-1253(1+03)   BE33

ボナンザの整備が終わり戻ってきたので飛んで
きました。雲底もあまり高くないのでローカル
フライトで勘を取り戻します。
横風成分も5~10ノットあり練習には程よい条件
でした。半年以上飛んでいないので、どうだろう
か、と思っていましたが穏やかな条件にも恵まれ
違和感なくフライトできました。

20170514P1015383JA3446SM
シーリングは2,000ft強でしょうか。1,500ftで飛行

20170514P1015386JA3446-3447SM
隣にJA3447が並びます

20170514DSC_1786KODIAK_JA11GBSM
KODIACも飛んでいました

北京で飛行機写真-高麗航空のTu-204-100-

中国の国内線は遅延する確率が高いので余裕を
持った乗り継ぎにしました。
そういう場合に限って定刻で到着。そのた時間に余裕
ができラウンジから飛行機を眺めて過ごしました。

今回最大の収穫は高麗航空です。
北京、上海などに就航しているのにこれまで一度も
目撃さえしていません。今回、北京着陸時にすれ違
いざま一瞬見え撮影を試みたところ通路側からなの
でロクな写真が撮れず、ガックリきていたところ、
ラウンジから撮影できました。

20170509DSCN7255高麗航空エアコリョTu-204-100北京SM
今回最大の収穫、高麗航空のTu-204-100

20170509DSCN7241アモイ航空B787北京SM
厦門航空B787

20170509DSCN7268ハイナン航空B787北京SM
海南航空B787

20170509DSCN7260エアチャイナB787北京SM
エアチャイナB787

20170509DSCN7245ウズベキスタン航空B767北京SM
ウズベキスタン航空B767

20170509DSCN7243エアチャイナB747コンビ型北京SM
ロゴが消された元エアチャイナのB747のコンビ機

20170509DSCN7238N966MSEmbraerLineage1000北京SM
米国籍で個人機のLineage-1000(ERJ190)

20170509DSCN7247アエロフロートA330北京SM
エアロフロートA330

20170509DSCN7246イランマハーンエアA340北京SM
イランのマハーンエアーのA340

帰国しました

復路は直行便で帰りたい誘惑にかられます。
片道だけ全日空にすると高価なので、往路と同じ
北京経由です。

羽田着の定刻は1855ですが、1時間以上遅れ2000
頃になってしまいました。優先のはずの荷物も後
の方に出て来て家に着いたのは2230過ぎでした。

20170509DSCN7229武漢朝日SM
空港付近のタクシー内で日の出を迎えます

20170509DSCN7236エアチャイナA320武漢SM
武漢から北京はA320です

20170509DSCN7270羽田沖留めSM
北京から羽田もA320です

武漢出張2日目

武漢出張も日常になりつつあります。

夕食はいつもの光谷広場の商業施設ではなく、
ローカルな感じでも清潔そうな路面店に入って
みました。

20170508DSCN7215武漢夕日SM
ほぼ日没まで仕事でした

20170508DSCN7227武漢夕食SM
四川料理のようです。辛くないといいですが・・・

20170508DSCN7224武漢夕食SM
中国語で明らかに辛そうなのは避けて選んだ結果

中国武漢へ出張

土曜に仕事、日曜から中国・武漢へ出張です。
GWの帰国ラッシュとは逆の動きなので羽田空港も
久々に空いていました。

前回は全日空の直行便で嫌な思いをしたので時間は
かかりますが日中の乗り継ぎ便で行きます。

20170507DSCN7202エアチャイナA330北京SM
羽田から北京経由で武漢まで

20170507DSCN7203C919初飛行新聞記事SM
C919初飛行が大きな扱いで掲載されています

20170507DSCN7208エアチャイナ北京A320SM
北京からもエアチャイナです


セスナ172で1泊2日旅行-二日目-

RJOR → RJOB(岡山)  0953-1052 (0+59)
RJOB → RJOT(高松)  1140-1222 (0+42)
RJOT → RJNA(名古屋) 1335-1523 (1+47)

朝目覚めるとなんと小雨です。
うーん、と思いつつ、天気予報を見ると少し待てば行ける
かも、という感じです。悪いのは鳥取の辺りだけで、兵庫
、大阪は晴れているので、行けない場合は昨日のルート
を戻ることにします。これで気分的にはだいぶ楽です。

9時離陸の予定を遅らせ、天気を調べたり空港の南側の
空を観察していると、倉吉から真庭の辺りの谷を抜けて
いけそうなのでは、と思い10時少し前に離陸。雲の層の間
4,500ftで巡航できて、太平洋側に抜け、割と多めの積雲を
縫って雲の下にでで岡山へ着陸。岡山は晴れで暑いくらい
でした。

岡山から高松は2,000ftで実飛行時間は30分以下です。
春秋航空のA320と八尾のボナンザの後に着陸。
昼食を取り、名古屋へ最後のレグは追い風15KT、7,500ft
で快適に巡航して到着。

昨日も名古屋で会った大利根のウォーリアは入れ替わり
で離陸していきました。

名古屋ではMさんに駅まで送ってもらいました。
立派な社会人になっているのを感じました。

Yさん、Mさん、皆様ありがとうございました。

20170505DSCN7186鳥取JA3748SM
鳥取で飛行前点検中。空模様が気になります

20170505P1015378鳥取⇒岡山SM
湯原湖を過ぎたあたりで晴れ間が出て来て一安心

20170505P1015381岡山着陸前SM
積雲が気持ち良い岡山空港へ進入

20170505DSCN7188岡山JA3748SM
岡山空港へ到着

20170505DSCN7190高松JA3748SM
高松空港へ到着

20170505DSC_1776エアロラボYS-11高松SM
高松といえばこれ①.再飛行を果たしたYS-11がいます

20170505DSCN7194高松空港うどんだし蛇口SM
高松といえばこれ②。うどんだしの蛇口は品切れでした

20170505DSCN7197名古屋空港エプロンSM
快晴の名古屋へ無事到着


鳥取散歩

ホテルは鳥取の駅近く。
温泉もあるようなので一通り銭湯を見て、一番年期
が入ったように見える『宝温泉』に入ってみました。
熱いお湯でフライトの疲れを癒しました。


20170504DSCN7171砂場珈琲SM
話題のすなば珈琲は行列です

20170504DSCN7178宝温泉SM
浴槽は小さ目ですが空いたタイミングで入れました

20170504DSCN7181鳥取駅前商店街SM
駅前のアーケード街

セスナ172で1泊2日旅行-一日目-

龍ヶ崎 → RJNA(名古屋) 0946-1148  (2+02)
RJNA → RJOT(但馬)  1320-1506 (1+46)
RJOT → RJOR(鳥取)  1550-1635 (0+45)


Yさんからお誘いを受け1泊2日でクロカンしてきました。
前日に目的地を決めるべくホテルの予約サイトを見ると
めぼしいところは全滅・・・。昨年は岡山でホテルを取れ
たのに、今年はア○ホテルのシングル25,000円などと
いうとんでもない価格しかありません。

鳥取にようやく良心的な価格のホテルを見つけ目的地
を鳥取にしました。

龍ヶ崎ではアーチャーがIFR訓練で新潟に行くというこ
とで、N教官と久しぶりにお会いしました。

名古屋では食堂の食券売り場でなんと、ピッツのOさん
と久しぶりに会い、一緒に昼食を取りました。

天候は問題なく、龍ヶ崎から名古屋へは日本アルプス
越えのダイレクトコースで実飛行時間は1時間45分。
但馬へ行く途中は、天橋立、日本のマチュピチュとも言
われる竹田城を上空から見ました。
天橋立から但馬へ向かう途中に突然決めた割には、
無事に見つけることあできました。

鳥取へは城崎温泉経由で、何のストレスもなく到着。

1000龍ヶ崎離陸、1630鳥取着というスケジュール通りに
フライトを終えました。

20170504DSCN7163龍ヶ崎JA3748SM
今年のスタートは龍ヶ崎飛行場です

20170504DSCN7164名古屋JA3748SM
名古屋。画面右のウォーリアは熊本まで行くそうです

20170504DSC_1773竹田城SM
竹田城跡

20170504DSC_1763竹田城SM
小高い山の上にありました

20170504DSCN7166但馬JA3748SM
但馬で給油します

GW始まりました!

前半は近場で過ごします。

20170430DSC_1667こいのぼりSM
気持ちよさそうです



ローカルフライト1回

桶川 LCL 1055-1107(0+12)   PA-28-161

小型機に乗るのが初めての子供を乗せてゲストフライト。
大丈夫かな?と思って離陸したらすぐ帰りたい、という
ので実飛行時間10分に満たないようなフライトでした。
スカイダイビングの時間と重ならずラッキーでした。

久々にKさんにお会いできて話せたのも良かったです。


20170422DSCN7134タンポポSM
子供は花で遊ぶ方が楽しいですね

METAR RJTJ 220200Z 04007KT 360V070 9999 FEW030
BKN060 BKN230 18/M01 Q1006 RMK 1CU030 5SC060
A2972=

METAR RJTJ 220600Z 22006KT 190V260 9999 -SHRA
FEW020 SCT030 BKN060 16/07 Q1005 RMK 1CU020
4CU040 7SC060 A2971= 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ