空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

帰国しました

バンコク発が朝7時半と早いので4時半にホテル出発。
復路はA380でした。

20170728DSCN7605バンコクタイ航空A380SM
ガラスが汚い・・・

20170728DSCN7611宮古島上空SM
宮古島の上を通過中

20170728DSCN7605成田タイ航空A380SM
成田に到着。バンコクより東京の方が暑い!

RJAA 280730Z 10007KT 9999 SCT018 BKN/// 28/23
Q1008 NOSIG
RJAA 280700Z 12009KT 080V180 9999 FEW018
BKN/// 28/23 Q1008 NOSIG
RJAA 280630Z 08009KT 050V110 9999 FEW018
BKN/// 30/24 Q1008 NOSIG RMK 2CU018 A2977

仕事の後に散歩

2日目は朝から終日仕事を予定していました。
予想に反し午後2時半くらいに終了。
ホテルへ戻ってもまだ明るいので周辺を散策します。

20170727DSCN7591ドンムアン水路SM
どぶ川の周りに水上ハウス?が並びます

20170727DSCN7598ドンムアン踏切SM
市場の中に手動の踏切があります

20170727DSCN7600ドンムアン踏切SM
扉は空いたまま、遮断機もすでに上がっています!?

20170727DSCN7603ドンムアン屋台SM
火鍋とフライドライスにしました

4発旅客機でタイ出張

3年ぶりにタイへ出張です。
往路は羽田発、復路は成田着の旅程です。
満席のようで逃げ場がない中、隣のビッグサイズの人
がきてはみ出てきました。
バンコクでの入国審査が混んでいて、飛行機を降りて
からタクシーへ乗るまで約2時間かかりました。

20170726DSCN7566羽田タイ航空B747SM
B747も乗る機会がめっきり減ってきました

20170726DSCN7575ドンムアン寺院SM
ドンムアン寺院

20170726DSCN7579ドンムアン屋台SM
ドンムアン空港近くの屋台村?市場?

20170726DSCN7588ドンムアン屋台SM
清潔’そう’なところを見つけて夕食にします

20170726DSCN7587ドンムアン屋台SM
パパイヤサラダ、トムヤンクン、米(?)の麺

セスナ172をフェリー

RJNA → 桶川  1040-1315 (2+35)
桶川   → 明野  1425-1535 (1+10)
明野 LCL      1610-1705 (0+55)

Yさんのセスナ172を名古屋から明野へフェリーしました。
途中で空撮したい場所があり空撮をさせてもらいました。
天気予報は晴れ、しかしそんなはずはないだろうという
感じです。

新幹線で東京を出発するときは雨が降っており、途中も
浜松や豊橋は雲が数百フィートにあります。
これでは内陸を飛んでいくのは無理で海岸線を沿って
なるべく低めに飛ぶこととにします。

名古屋離陸後はいったん碧南市まで南下してから東に
飛びます。5,500ftまで上がれたので追い風20KTの恩恵
を受け、浜松、御前崎、石廊崎と海上を飛びます。伊豆
半島を越えるとさらにモヤモヤしており、水平線が見え
ないので2,000ftまで降下して鎌倉から桶川へ北上しま
した。

桶川で給油すると
かなりギリギリまで給油され73リットル
入りました。1時間29リットルといったところでしょうか。
小休止の後離陸して空撮をして明野へ向かいます。
明野ではYさんと合流しゲストフライトをして無事にすべて
の飛行を終えました。

20170717DSCN7555名古屋駐機場JA3748SM
出発時の名古屋の駐機場です

20170717P1015407浜名湖SM
浜名湖を通過。浜松レーダーに見てもらっています

20170717P1015410浜松付近5500ftSM
御前崎まで海岸線に沿って飛びます

20170717DSC_3003ヒリゾ浜5500ftSM
伊豆半島東側のヒリゾ浜。画面左の港から渡し船が出ます

20170717P1015415JA3748桶川SM
桶川へ到着。晴れています

20170717P1015421筑波山SM
明野付近。ここも晴れています

20170717P1015430スカイツリーSM
明野ローカルでスカイツリー往復

20170717P1015433明野JA3748SM
雷雨に会うこともなく無事フライト終了

RJNS 170400Z VRB02KT 9999 FEW030 BKN/// 31/21
Q1008
RJNS 170300Z 09005KT 030V130 9999 FEW030 BKN///
30/23 Q1009
RJNS 170200Z 21004KT 160V260 9999 FEW030 BKN///
29/22 Q1009

RJAH 170800Z 19010KT 9999 FEW020 FEW030CB
BKN250 31/21 Q1007
RJAH 170700Z 20009KT 9999 FEW020 BKN250 32/22
Q1007
RJAH 170600Z 19006KT 160V230 9999 FEW020
BKN250 32/20 Q1007

護衛艦うみぎり

浜松町の仕事場からは海が見えます。
誰かが、軍艦が入ってきますというので見ると
海上自衛隊の護衛艦『うみぎり』でした。

20170711DSCN7547護衛艦うみぎりSM
お台場を背景に小停止。この後入港したようです

中国製魚眼レンズ 8mm f3.8

飛行中の撮影にSamyang7.5mmを使っていました。
狭い操縦席ではフードが大きくてでっぱりがあって
取り扱いが難しいのでもう少し小さいのが便利。

ボディーキャップのフィッシュアイ9mmは小さいの
はいいけど画質がいまいち。そこでちょっと前から
中国製の8mmが気になっていました。

それに
7.5mmだと画角が広すぎると思うときもある
ので
8mmだと少し使いやすいかもしれません。

Aliexpressに出ているのはフードが大きいもの、小さ
いもの、無いもの、レンズ表記のフォントの違いなど
何種類かあるようです。

フードが無いのはレンズ保護の点で心配なのでフード
が小さいのを71.7USD(8193円)で購入しました。
一回り小さくてでっぱりも少なくていい感じです。

20170710DSCN7543中国製魚眼レンズSM
外箱。ビニール袋で発送なのでボロボロです

20170710DSCN7545中国製魚眼レンズSM
左上が今回購入のレンズ。ちょうどいい大きさです

あっという間に帰国しました

中2日間はあっという間に過ぎてもう帰国です。

20170710DSC_2978UA_B737SM
復路はB737です

20170710DSC_2983機窓富士山SM
夏富士が出迎えてくれました

朝の海辺散歩

目覚まし無しで自然に目覚めて海辺を散歩します。
マイペースで気ままに歩きます。

20170708DSCN7530海SM
形が変わっていくのを見ているのが楽しいです

20170708DSCN7524グアム虹SM
虹が出てきました

3泊4日グアム旅行

貯まったマイルを使い少し早目の夏休みでグアムへ
行ってきました。往復ともに満席なので早目に空港
へ行ってチェックインし乗れないことが無いように
します。

20170707DSC_2894UA_B777SM
シートテレビも無い国内線仕様?のB777です


戻りました

1日で仕事を終えて帰路に着きます。

空港に行く前にテルアビブ市内で寄り道をしました。
前々回(2015/1)にイスタンブールでの乗り継ぎに失敗
しているので、早い便にしてイスタンブールでの乗り
継ぎ時間が約6時間あるまず大丈夫だろう、という
スケジュールにしました。

幸か不幸か?予想的中で2時間遅れで出発。
イスタンブールでは長めのラウンジ滞在の後に無事
成田への便に乗り継ぎが出来ました。

その後、成田で荷物がなかなか出てこず、成田エク
スプレスに間に合わなくなり、係員に聞いてみると、
搭載はされているが優先荷物扱いではないということ
でした。

おそらくテルアビブのカウンターのえらく不機嫌な
係員が適当にやったのが原因なのでしょう。

ラッシュの都心部を通過したので余計疲れたものの
乗り継ぎはできたし搭載はされていたので、あまり
文句を言っても贅沢なのかもしれません。

20170703DSCN7477サロナマーケットSM
ワインやお土産を購入します

20170703DSCN7483イスタンブール到着SM
2時間程の遅れでイスタンブールへ到着

20170704DSCN7497成田到着SM
そして成田へ到着

ハイファへ到着

土曜日は安息日で電車も動いていないため、シャトル
サービスを予約しておいて移動します。テルアビブか
らハイファへは約1時間です。

ホテルに早めについて荷物を預けて散歩をします。
外気温は32℃ということでとても暑いですが、蚤の市
を見つけました。思わずカメラを衝動買い。
同行者の分と2台買って値切ったつもりですが、それ
でも観光地価格のようでした。

レンズにはカビがあるので、一度撮影してみてダメ
なら修理に出すつもりです。

夜はレバノン料理のお店へ行くことにしてホテルの
フロントでタクシーを呼んでもらいました。15分
程で来る、ということで待ちますが、来る気配無し。
再度確認してもらうと、3000人だかの乗客が乗って
いるアメリカの客船が来ているとかで、そっちを優
先するとか、なんとか言っていたそうです。
責任を感じたのかホテルの前の通りでタクシーを捕
まえてくれました。

途中、夕暮れのバハーイー寺院を見たいということ
で立ち寄ってもらうと、なぜか運転手までついてき
てメーターが切られてしまいました。おかしいな、
と思いつつ目的地に着くと300シェケル(約1万円)を
請求されました。もう交渉する元気もなく、泣く泣
く払いました。

中国などでは警戒しますがまさかここでもか、と
油断した自分が情けなくなりました。

ビジネスでも中国人とイスラエル人は似ている点も
多いので改めて勉強になりました。

20170701DSCN7432ハイファフリーマーケットSM
蚤の市の入り口です。ほぼガラクタ市です

20170701DSCN7436ハイファ昼食SM
運よく開店していた英語メニューのない地元店で昼食

20170704DSCN7506ツアイスイコン515-2SM
6x9版のZEISS IKON515/2。値切ったけどボラれ気味?

20170701DSCN7441ハイファ港とバハーイー寺院SM
ハイファ港とバハーイー寺院

20170701DSCN7475レバノン料理SM
レバノン料理の店で夕食

20170701DSCN7473レバノン料理SM
隣の人が食べていたプライムリブは売り切れでした

イスラエル出張

およそ1年半ぶりにイスラエル出張です。
今のパスポートになり100回目の海外出張でした。
イスラエル出張の頻度をもう少し増やしたいところ
ではありますが片道2日かかるのでなかなか難しい
です。

イスラエルは日曜日から仕事が始まるのを利用して、
日本の平日がつぶれるのが最小になる日程で行って
きました。金曜は成田発が21:30なので仕事を終えて
から出発できます。

20170630DSCN7422成田トルコ航空A330SM
これから12時間ほど詰め込まれる機体です

エフトイズのセスナ172スカイホーク

注文したことを忘れていたタイミングで届きました。
8種類あり箱買いすると10個入りなのでシークレット
あるのかなと思い開封すると中日本航空のJA4075と
朝日航空のJA80APが2機ずつ入っていました。
車輪カバーも付属するとなおよかったです。

1/144なのでやはり小さいです。
会社のデスクにこっそり飾るのによさそうです。
1/72はアリイ、1/48はミニクラフトがありますね。

Vol.1とあるので第二弾もあるのでしょうか。
パイパーとかビーチなんかも出て欲しいです。

20170617DSCN7416セスナエフトイズSM
一番初めに開封したのはホンダ航空塗装でした

直前の海外出張中止

イスラエル出張のため成田空港へ向かっていました。
しかし事情があって急きょ中止にして空港から家に
とんぼ帰りしました。こんなことは初めてです。

20170613DSCN7408成田スタバSM
スカイライナー待ちでスタバに入ります


浅間山

久しぶりに温泉でも入るか、と北軽井沢に一泊。
ホテルの大浴場は温泉でないので、近くの温泉施設
で温泉を楽しみました。

20170611DSC_2813浅間山SM
ホテルからは浅間山が良く見えます

シーラスSR20(JA020A)の空撮

(Rev.2)
桶川 LCL 
    1043-1057(0+14)
   BE33
桶川 LCL     1335-1431(0+56)   BE33

午前中は知人のエアロスバル体験で2フライト。
僕は地上で留守番のつもりでしたが、待ってるだけも
つまらないし、知人も空撮体験してみたいということで
エアロスバルのすぐ後に離陸しちょっと並びすぐ着陸。

午後はOさんのシーラスSR20を空撮しました。
5,000~7,000ftまで上昇しましたが、気流が悪いし何が
原因なのか空気がモヤモヤしており、狙っていた山を
背景の写真はいまいちになってしまいました。

撮影機のE33は225馬力、SR20は215馬力、最大重量は
どちらも3000lb級のはずなのにSR20は速い!
抵抗が少ないのか、E33が二人乗りだからなのかSR20
の加速が良くなかなか追いつけませんでした。

シーラスオーナーOさん、エアロスバルのフライトと空撮
の右席をやっていただいたYさんありがとうございました。
もっといい写真を撮りたいのでまたよろしくお願いします。

ちなみに
当初はDC-3に引き続き龍ヶ崎にいる零戦を見
に行こうと
木曜日にスポット予約の電話をしたところ、
あっさりと
スポットがいっぱいなのでダメと言われガッカリ
していました。
臨時駐車場も開設され車で行くのは大丈夫
だったようです。飛行場なのに・・・。

20170604DSC_2438SM
日光から那須にかけて空撮

20170504DSC_2566-3SM
この角度がスマートに見えます。主翼が小さいです

20170604DSC_2514JA020ASM
あまりのモヤモヤに閉口し、右席にも撮ってもらいました

20170604DSC_2558JA020ASM
宇都宮基地を背景に

20170604DSC_2574JA020ASM
しっかりした雲があってグライダーに注意して撮影


ボナンザでDC-3を見に行く②

福島空港へ着くと何やら作業中のようなので、関係者
の方に一声かけて
(空撮-空の公差も渡して)写真を撮
らせてもらえました。
快諾していただきありがとうございました。

11時頃離陸するための準備中だったのと、機長がまだ
来ていないということで、機内は見せてもらえません
でしたが、外側は撮影ができました。

カメラプレーンのA36のオーナーOさんも僕のことを覚
えてくれていたようで
離陸後2回ローパスすることを
教えてくれました。
離陸後、ATCを聞きつつ待っている
と、郡山まで行って編隊を組んで空港へ逆進入してきま
した。

一航過目はエプロンの真上を飛んだので真下の写真に
なってしまいました。二度目は?と思い少しでも真下
にならないよう、移動して待ちましたが、移動した方
に来てしまい結局真下の写真しか撮れませんでした。
Oさんごめんなさい。

桶川に戻ると、宇都宮から帰投したクルーの皆様がい
たのでハンガートークに混ぜてもらいました。DC-3の
話をすると、「私は機内見せてもらったよ」とSさんが
機長とのツーショット写真を見せてくれました。
うらやましい・・・。

20170528DSC_2046DC-3福島SM
エプロンで撮影できました

20170528DSC_2088DC-3SM
エンジン始動。左エンジンだけ煙が盛大に出ました

20170528DSC_2192DC-3SM
離陸。気温が高いので陽炎でモヤモヤです

20170528DSC_2275DC-3SM
フライパス時はこんな感じ

20170528DSC_2286JA3758とDC-3SM
ダウンウインドを飛ぶDC-3とA36

ボナンザでDC-3を見に行く①

桶川 → RJSF 0950-1032 (0+42) BE33
RJSF → 桶川  1340-1427 (0+47) BE33

27日のDC-3のフライトを見に行くつもりでした。
予報では行けそうな感じだったのが、当日朝の天候を見る
と行けない確率の方が高そうだったので泣く泣く中止。
福島空港はかろうじてVMCでも桶川近辺、宇都宮から白河
が全然ダメそうな感じです。

ブライトリングのHPでは28日はフライトがないし、30日に
仙台へ移動となっているので駐機しているのを見られるか、
もし28日に仙台への移動がされるとしても、午前中ならまだ
見られるかもということで桶川を出発しました。

ストレスになるほどの気象状況ではないですが、上に行くか
下に行くか微妙なシーリング。暗い雲の下を行くのは気乗り
しませんが3,000ftあれば福島へは余裕で行けるので下を
選択。往路は3,500ft、復路は4,500ftで巡航しました。

復路は宇都宮レーダーにモニターしてもらい基地祭が開催
されているのを見ながら通過しました。駐機場をこっそり(?)
撮影するとヘリコプターの帰投が始まっているようで、直後
にアパッチ、ニンジャ、キャリア(CH47か?)などのコールサイ
ンが聞こえてきました。

20170528P1015388JA3446桶川SM
桶川はいい天気

20170528P1015397JA3446福島往路SM
雲の下を行きます。雲の隙間から日が指しています

20170528DSC_2051JA446+DC-3SM
福島空港へ到着。DC-3とカメラプレーンのA36が見えます

20170528P1015399JA3446福島復路SM
復路も雲の下。4,500ftで巡航

20170528DSC_2340宇都宮基地上空500ft14時24分SM
宇都宮の基地祭。左側2列の列線が小型機です

戻りました

今回の出張は久々に1週間以上で移動も多く疲れま
した。最後にトドメさされたのはLAXでの乗り継ぎ
です。

サンノゼ出発が遅延し、LAXについたのは搭乗時刻
の10分前。ゲートがわからないままインターナショ
ナル乗り継ぎはこっちと言われT3からのバスに乗り、
旅程表にあったターミナルBで降りると、まったく
違うことがわかりました。バスの運転手も2度聞いて
確かにインターナショナルはBで降りろ、と言ってい
たのでなんなんだ、という感じです。

係員に聞くといったんセキュリテイ区域を抜け外に
出て改めてT2からセキュリティ検査を受けて入れ、
と言われました。汗だくでターミナルBからT2へ走る
と今度は、混んでいるからT3からセキュリティ検査を
受けてシャトルバスでT2へ移動しろ、と言われ先ほど
走り抜けてきたT3へ戻ります。
T3はサンノゼから到着したターミナルです・・・。
1時間の努力は何だったのか、という感じです。

ようやくT3で検査を受けて入ると遅延していることが
わかり、乗り継ぎはできそうだと安心できました。
また同じシャトルバス(運転手は違います)に乗り、
今度は何度も何度も確認してT2に到着。

乗り継ぎの羽田行きの便はオーバーブッキングでサン
ノゼでもボランティアを募集していたので、搭乗口へ
行くのが遅れると強制的にキャンセルされる可能性が
ありかなり焦りました。


結局、搭乗時刻は予定時刻の2時間遅れでした。
そして満席でデルタのステータスは低いので最後列の
リクライニングが少ない窓側席でした。前には11歳の
子供が座っており、隣は空席です。この11歳の子供は
CAと話していたのを聞いていると米軍勤務で父親の
いる沖縄へ一人で行くそうです。
あるかないかわかりませんが米軍ブロックか・・・。

羽田からは会社へ行き、その後帰宅すると今度は夕立
に遭遇しタクシーが捕まらず、最後まで疲れました。

20170525DSCN7336サンノゼデルタ遅延SM
サンノゼからLAXへ

20170525DSCN7344ロスターミナルバスsm
T3から使うシャトルバス。この運転手に騙されました

20170525DSCN7350ロスデルタ遅延SM
羽田行はB777です。ベンチで待ちます

20170525DSCN7352あと3時間SM
あと3時間弱。いつも通りここから長いです

20170526DSC_2002サンタモニカの人文字SM
サンタモニカのビーチで人文字をやっていました

20170526DSCN7357大利根上空SM
羽田への進入で回され大利根上空を通過

ボストンとシアトル

ボストンで仕事をし、LAX経由でシアトルへ移動し
ます。朝早い出発なのできれいな朝焼けを見ること
ができました。シアトルへは土曜に移動、月曜午前
に仕事をして午後はサンノゼへ移動です。

20170520DSC_1981ボストン朝焼けSM
ホテルの窓から見えた朝焼け。得した気分

20170520DSCN7302シアトルB737SM
ボストンからロスへ


20170520DSCN7301シアトルB737SM
ロスからシアトルへ

20170521DSCN7310シアトルSM
シアトルでは海辺のレストランで昼食


20170522DSCN7324シアトルからサンノゼスカイウエストSM
シアトルからサンノゼへはサウスウエスト航空


記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ