空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

A36TCボナンザで松本へ

桶川 → RJAF  0957-1052 (0+55) A36TC
RJAF → 桶川  1125-1212 (0+47) A36TC

海側は近づいてくる前線と低気圧の影響か雲が低め
で松本か
福島のどちらか、ということで松本へ行って
きました。先月は復路をやったので今日は往路をやり
ました。

往路は雲上8,500ftで巡航。22inch/2300rpm/15GPHの燃
料消費を抑えた設定にすると対地速度は向かい風が25KT
くらいあるので130KT台後半です。
松本盆地の北側は南アルプスも下の方まで見えているの
で降下には問題なさそうです。八ヶ岳より
南側は海からの風
の影響か雲が多めなので飛行場の北東10NMくらいから

FDAに続いて進入。風はほぼ正面から最大30KTなので
フラップは15度、95KTとしました。


着陸後にSさんからKさんにTBMで成田に行かない?と
連絡があり、すぐに戻るために空港内で昼食を

取り離陸。巡航高度は7,500ft。追い風の恩恵を受け
て対地速度は180KT。
往路にあった雲もだいぶ薄くなって
います。4,000ft以下はほとんど風がありません。
ほぼ無風、
スカイダイビングもやっていない中で着陸しました。


20200229P1010014JA4179松本SM
往路は8,500ftで巡航

20200229P1010018JA4179松本SM
風が強いですが雲は少な目

20200229DSC_2892JA4179松本SM
復路は雲の増えた諏訪湖を避け霧ヶ峰を見ながら上昇

RJAF 282330Z 34004KT 300V030 9999 FEW035 SCT050
02/M03 Q1017

UH-1とC130H

新型コロナ肺炎の影響でオフピーク通勤中です。
帰宅時刻も早くなりまだ明るいうちに家に着きます。

爆音がするので飛行機を見ているとまだ青い空を
立川へ進入するUH-1と入間へ進入C130Hが重なり
ます。高度差は500ftくらい?

20200227IMG_1207UH-1とC130HSM
UH1の上をC130Hが追い抜いていきます

国内出張

国内出張をしてきました。浜松に1泊2日です。
新幹線で浜松へ行くには『ひかり』か『こだま』で
行きます。いずれにしても名古屋へ行くより不便な
感じです。

20200221IMG_1165東京駅ひかりSM
『ひかり』は浜松にはほぼ1時間に1本停車します

20200221IMG_1181浜松中華料理屋SM
夕食は駅近くの中華料理屋に入りました

20200221IMG_1178浜松中華料理屋SM
浜松は餃子の消費量を宇都宮と競っています

Lマウントコンバーター

20年近く前に買ったLマウントの初代スーパーワイド
ヘリアー15mm F4.5を付けてみようとマウントコン
バーターを買いました。

つけてみるとレンズの位置が少しずれるのはスクリュ
ーマウントなので許せるとしてもまったくピントが
合いません。
最短距離の0.3mにした時にようやく無限遠にピント
があう感じです。
楽しみにしていただけに残念ですが返品しました。

20200218P1011544マウントコンバーターSM
さてちゃんとつくかな~と期待しつつ

20200218P1011549-2マウントコンバーターSM
見かけは良いですが残念な結果に・・・

5機で大島へ

桶川 → RJTO  1015-1055 (0+40) BE33
RJTO → 桶川  1525-1600 (0+35) BE33

お誘い頂き5機13名で大島へ行ってきました。
大利根から来たウォーリアに乗っていたTさん、Oさんに
久しぶりにお会いしました。

往復共に3,000ftで巡航しました。
往路は10NM以上後ろにいたドルニエにNO.1をゆずり
ダウンウインドで2周したのもあり40分。復路は滑走路
03を離陸してほぼダイレクトルートで35分でした。


20200215IMG_1152JA3446大島SM
往復共にBE33を飛ばしました

20200215IMG_1160大島参加機5機SM
バロン、ボナンザ2機、ウォーリア、エアロスバルの総勢5機

20200215P1010005JA3446飛行中SM
曇り空で視程はそこそこあります。往復共に3,000ftで巡航

20200215IMG_1161JA3446飛行中SM
遠目に富士山が見えています。春霞のような空模様

20200215IMG_1159刺身定食SM
お昼ご飯は刺身定食

RJTJ 150500Z 16005KT 9999 FEW030 SCT180 BKN230
16/02 Q1019 RMK 1CU030 4AC180 A3011=

RJTJ 150700Z 16008KT 9999 FEW030 BKN180 BKN230
16/02 Q1018 RMK 1CU030 5AC180 A3009=


RJTO 150600Z 04007KT 9999 FEW025 SCT170 BKN///
15/09 Q1019
RJTO 150200Z 04007KT CAVOK 15/09 Q1021

飛行機雲の影

朝の通勤時に一筋の線に気が付きました。
良く見ると飛行機雲の先に飛行機雲の影が伸びてい
きます。太陽光が飛行機の後ろかつ下から当たって
いるためのようです。

20200210IMG_1131飛行機雲の影SM
飛行機雲の影?影飛行機雲?

20200210IMG_1135飛行機雲の影SM
拡大してみますが機種の特定までは至らず

ホテルズドットコムのサイトがダウン?

航空券を予約してホテル・・・と思い3時間がんば
っても予約でいきません。
コロナ肺炎の混乱でサイトがダウンしているので
しょうか。

電話もつながらないし、メールの問い合わせも
『お問い合わせいただきありがとうございます。
現在、新型コロナウイルスの影響により通常より
多くのお問合せをいただいております。』とだけ。

日本語のコールセンターは中国にあるようなので
営業自体していないのかもしれません。

海外出張で重宝していましたが、これを機に他の
サービスにするか・・・。
20200209hotelscom2SM
新型コロナ肺炎の混乱でサイトがダウン? 

E-PM1復活&安物買い

花粉症の季節が始まりました。
最初の1週間程度は体調が安定せず、仕事以外は引き
こもり気味になります。

E-PM1をいじっていたら電池の入れ方で電源が入る
ことがわかりました。

電源を入れる際に『ジィー』という異音がします。
調べると手ぶれ防止機構が壊れた時の症状のようで
撮影はできるようです。総シャッター回数は6400回
程度なのでそれほど撮影をしていないです。鞄の底
に入れっぱなし、操縦席に転がしがしっぱなしとい
う扱いだったためでしょうか。
ちなみに先日入手したE-PM2は約1700回です。

ネットで調べている際に、E-PL1とズームレンズ2本
が思ったより安価だったので購入してしまいました。
レンズのみ2本購入する場合と比較した場合、E-PL1
本体はオマケといった感じです。

20200206IMG_1126E-PL1_PM2レンズSM
右が2010年発売のE-PL1(総シャッター数約4000回)

NH1591

武漢の肺炎ニュースを聞くたびにドキッとします。
昨年の異動で武漢への出張がなくなったのが幸運
といえば幸運です。

武漢への救出フライトがニュースになっていたの
でネットで追跡してみました。NH1951という便名
で天皇陛下のフライトにも使われた番号です。

200人搭乗で8万円とすると1往復1600万円…
フラッグキャリアになったというような広告をす
るのなら、そういう費用で無償運航したら広告以
上にイメージが良くなるような気もしますね。

20200129NH1951武漢5_edited-12SM
NH1951の周囲にも中国行きが目立ちます

20200129IMG_1102中国製のマスクSM
品薄なマスク…中国製マスクをどう考えるか…悩みます

雪のヒヨコ

夜半から明け方にかけて雪が降り、芝生や車の上に
うっすら雪が残りました。そんな雪をあつめて軒先
にヒヨコが鎮座していました。

20200128IMG_1093ゆきのひよこSM
雪というか押し固めた氷水??

A36TCボナンザで松本へ

桶川 → RJAF  1120-1110 (0+50) A36TC
RJAF → 桶川  1310-1405 (0+55) A36TC

冬の松本へ行ってきました。
関東平野の南半分は雲が多め、北関東はスッキリ晴れて
います。地上からでも男体山や浅間山が見えており、さら
に離陸するとすぐ北アルプスまで見渡せるほど視程が良
い好条件です。

往路は8,500ftで巡航。八ヶ岳の南側を通り諏訪湖上空で
雲の層の間を抜けて降下、復路は9,500ft、
対地速度170
KT
で巡航して長瀞の辺りで雲の層の下に出ました。
松本でタッチアンドゴーを2回しても実飛行時間は45分し
かかかりませんでした。もう少し飛びたい気分です。

20200125IMG_1092JA4179松本SM
奥は新千歳行きFDA。タッチアンドゴーも重ならず飛べました

20200125P1250010JA4179後席SM
往路は後席です。笹子峠は雲海の下。富士山も見えます


METAR RJTJ 2500400Z 36004KT 310V040 9999 FEW030
BKN045 08/M08 Q1026
RMK 1CU030 7SC045 A3032=
METAR RJAF 250400Z 33005KT 290V010 9999 FEW025
SCT180 BKN/// 01/M05 Q1026
METAR RJAF 250300Z 33005KT 280V010 9999 FEW020
BKN030 BKN/// 01/M06 Q1027
MEATR RJAF 250200Z 35006KT 310V020 9999 FEW020
BKN025 01/M06 Q1028

E-PM1が壊れました

2013年8月に魚眼レンズを衝動買いした際に入手
したE-PM1のスイッチが突然入らなくなりました。
6年半経ったので諦めてE-PM2の中古品を入手しま
した。ブラックかシルバーで程度が良いのは意外と
少なくなんとか総額1万円以下のを手に入れました。

会社の人が使っているE-M10も気にはなりました
が操縦席での魚眼レンズ撮影用と考えるとダイヤル
も不要でPM2でいいやとなりました。とはいえPM2
も発売から8年近く経っています。

20200124IMG_1083PM-2SM
小さくてでっぱりも少ないのが使いやすいです

表紙になりました

今年も表紙になりました。


20200122IMG_1081AOPA表紙SM
12月に撮影したA36です

江戸東京たてもの園

3度目?です。
1月にしては暖かい中束の間の非日常を楽しみます。

実はホンダエアポートから伊豆諸島へ行く際に上空
を通ります。エアロスバル(JA3844)が通過していき
ました。

20200113DSC_2643たてもの園SM
昔のガラスは程よく波打っていて癒されます

20200113DSC_2642たてもの園SM
座布団も日向ぼっこ

帰国しました

寒空の成田へ帰国しました。
隣席が空席だったので助かりました。

20200111IMG_1072成田へあと3時間弱SM
残り3時間弱。映画をあと1本見ます。時間よ過ぎろ~

20200111IMG_1077成田ANA_B787SM
58番ゲートにつき入国審査場まで徒歩10分以上

デルタ航空のエアバスA220

さて帰国です。

昨年は良く見られたデルタ航空の旧MD系(B717や
MD-88,MD-90)が見られず、どうやらA220に変わっ
ているようです。

一緒に映っているサウスウエストのB737-700も
新しいと思っていたらもう20年選手でした。
2機が並んでいるのをみるとA220の方が無駄のない
デザインに見えます。

20200110IMG_1031サンノゼデルタA220_N103DU-_A220-100SM
A220とサウスウエストのB737-700

20200110IMG_1068サンノゼデルタA220_N110DU-_A220-100SM
さらにもう一機通り過ぎていきました

20200110IMG_1070サンノゼANA_B787SM
アップグレードに失敗しこれから詰め込まれる機体

サンノゼへ移動

ラスベガスでは3泊してサンノゼへ移動します。
アメリカの国内線は預け入れ荷物が有料で、今回の
デルタ航空の場合は30ドルでした。無理やり気味
に持ち込む人も多く、B737の小型のオーバーヘッド
ビンには入らず、満席の機内は混乱気味です。
カリフォルニアの暖かさを期待していたのに東京と
ほぼ同じ気温でした。

20200109IMG_0996サンノゼデルタB737SM
サンノゼも寒いです

20200110IMG_1011レンタルカーのガラスに氷SM
翌朝のレンタカーの窓。窓が凍っていました

スカイタイピング

ラスベガスでは展示会に行きます。
空を見上げるとスカイタイピングをやっていました。
写真を拡大するとグラマンAA-5とわかりました。

20200107IMG_0054ラスベガススカイタイピングSM
5機が平行に飛びます

20200107IMG_0057ラスベガススカイタイピングSM
5G is taking… と読めます

ラスベガスへ出張

今年初の海外出張はラスベガスです。
臨時の直行便は高価でサンフランシスコ経由で
行きます。

サンフランシスコでの乗り継ぎ時間は2時間。
定刻より少し早く到着したのに入国審査になんと
2時間待ち。係員に言ってもほとんどの人が乗継ぎ
だからそのまま並び、あとは航空会社と話せと言
われジリジリします。乗り継ぎ便の搭乗も定時で
始まったとメールが来て諦めの気分に。

入国審査が出来たのは最終搭乗時刻を過ぎていた
のであきらめ気味に乗継ぎ荷物を預けると、
『airplane is waiting for you』と言われ走ります。

やっとのことで搭乗口に着くと
『You did it! but you do not need to rush』と言われ
『??』と搭乗。数分前にショートメールが来ている
のに気が着きました。なんと遅れている乗客がいる
ので30分遅延というメールです。

もっと早くメールを送ってくれればいいのに・・・。

20200106IMG_0014成田UA_B777SM
なかなか雰囲気のよい夕刻でした

20200106IMG_0018SFO入国行列SM
サンフランシスコの入国審査の行列

20200106IMG_0020ラスベガス空港SM
ラスベガスは搭乗口付近もこんな感じです

20200106IMG_0975ラスベガス空港SM
空港の歴史を説明する小コーナーがT1にあります

20200106IMG_0027ラスベガスC172-(N9172B)SM
64日間も飛び続けたセスナ172が展示されています

2020年飛行はじめ

桶川 LCL     1000-1115 (1+15)  A36TC
桶川 LCL     1135-1215 (0+40)  A36TC

飛行はじめで飛んできました。

ほぼ正対風が20ノット程度で程よい練習になりました。
2フライト目は
坂東IC近くに最近できたらしい羽田滑空場
を上空から見に行きました。

20190105IMG_3894ホンダ富士山SM
ホンダエアポートから富士山が良く見えます

20200105P1010002JA4179飛行中SM
空も澄んでいて飛行日和です

20200105DSC_2336雲SM
地面に届いていないようですが雪が舞っています

20200105DSC_2309羽田滑空場全景SM
羽田滑空場付近。ゴルフ場に隣接しています

20200105DSC_2275羽田滑空場全景SM
滑走路全景。機体はいないようです



METAR RJTJ 050300Z 35013KT 9999 FEW030 SCT050 08/M05
Q1020 RMK 1CU030 3SC050 A3013=
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

soranokousa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ