空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

BETTY

一式陸攻の写真を探してきた。

河口湖の自動車博物館の後部胴体の写真もどこかにあるはず・・・。
やはりというか何と言うか当時の日本機の「繊細さ」にショックを受けた。

b946c85d.jpg

チノでは不時着を模して展示されていた

たりないもの

ちょっと機転がきかなかったかな・・・。
10分でも時間が逆回転してくれないかな。

7c0a5762.jpg

線路がさみしく光ってた

やるせなぃ

インフルエンザの病み上がり。

4日間、加湿器をつけておいたら部屋の窓に結露。
水滴も一生懸命ガラスにしがみついてるみたい。

4746db3d.jpg

これは帰り道のバスの車内

02/01 18:00 RJTT 010900Z 34014KT 4000
RA BR FEW006 BKN012 BKN023 06/05 Q1003
RMK 2ST006 5SC012 7SC023 A2963=

Experimental 2

自作機といえば、昔あこがれた、BDシリーズと
『アマチュアのための軽飛行機製作法』に載っていたパズマニー(PL)。
アメリカではRANS、Lancair、RVが飛んでいるのを良く見る。

2615e358.jpg
639dbf10.jpg

【上】PL-1。改良型のPL-2は日本にも1機あったはず
【下】RV6。開発中のRV11はモーターグライダー


37ad0575.jpg

オーナーが約30年(!)かけて製作したというBD5。ジェット型もある

しかしこの主翼の面積・・・本当に飛ぶのかと不安になった。


【リンク】VAN'S AIRCRAFT RV11

Experimental

先日、本屋で立ち読みした本に11月に富士川滑空場で見た自作機の記事。

71182d9d.jpg
bbd55289.jpg

初飛行前の機体と操縦席

なんとこの日が初飛行だという!
試験飛行は一式陸攻に乗っていたというTさん(超有名ですね)。
機体の説明までしてもらった。

動力滑空機ファルケのエンジンを積み、フラップはなく速度計の
グリーンアークは50~100マイル。かなり軽快で楽しそうな機体。

799112ae.jpg

雲間の富士山をバックに見事初飛行!

おさわがせ

もちあげたりけなしたり、たいへんですね。
いわゆる粉飾なんて僕の知ってる範囲内にも、あるよね。

帰り道にもそこここに雪だるまが。

9801259d.jpg

雪だるまというよりスヌーピー?

雪景色

雪の落ちる音で目が覚める。
7e0b36bd.jpg


昨日、何年振りだか陸単の
資格を取ったときの知人から
電話があった。

久しぶりに同窓会をするのだという。

みんな元気かな?

【右写真】
このときは3日で実地試験の
エンドースメントをもらったが
翌日から雪で1週間飛べず・・・

雪だるま作りも1日で飽きて
平地に降りて観光した





d3afdcc5.jpg

2005/12/31の記事から数日後のタハチャピ。
師匠の言葉を借りて表現すれば『大陸の気候は遠慮がない』

ゆきやどり

起きたら雪。

64564684.jpg
 
ミノルタ(コニカミノルタ)がカメラ部門をソニーへ譲渡するそうだ。
複雑な心境。

思えば父親にα7000を買ってもらって以来のつきあい。( )は購入年。
α-7000(1988)、α-8700i(1990)、α-707si(2000)、α-807si(2004)、α-7(2004)。
唯一中古で購入したα-707si以外はすべて未だに完動するのは感心する。

何度もニコンやキャノンに変えようと思ったけど、派手なところがなく堅実で
しっくりくるのが忘れられなくてやっぱり気に入ってる。

こうめいせいだい

怪しいヤツほどよくしゃべる。
仕事でもプライベートでも許容できないこと連発・・・。

4cae6a14.jpg

せっかくの青空も味方になってはくれない

ミルクワンタン

S師匠、K文さん、ス○チさんの4人で有楽町のミルクワンタンへ。

a1ed3c68.jpg

これが噂のミルクワンタン。ここまでたどり着くまでに10品以上出てくる・・・
4cb3c966.jpg

NY timesにも紹介されたミルクワンタンを某テレビ局が取材中

大利根→RJTO 1020-1108 (0+48)ほか

大利根→RJTO 1020-1108 (0+48)
RJTO→大利根 1420-1520 (1+00)


Sさんご家族と大島の温泉へ。
関東平野は雲も少なく快適。大島へ近づくにつれ、雲が多くなり
雨が降り始める。
往路は追い風が20ノットくらいあり、対地速度が120ノットもあった。

01/15 11:00 RJTO 1500200Z 06012KT 9999 -RA
BKN030 11/03 Q1014 RMK 7SC030 A2994=

到着後に空港の気象台で帰路の気象を確認。
雨域は次第に西へ移動とのことで安心して御神火温泉へ。

1ce2c58d.jpg

駐機場にはパイパーばかり、セスナは肩身が狭い
9982d514.jpg

大島へ向かう高速船
b7dbec4b.jpg

曇りと晴れの境目、高層ビル群は新宿

W林さん・・・佐渡島行き誘って頂きありがとうございました。
また誘っていただければ嬉しいです。

機幅感覚

ここまで出来たらなぁ・・・無理か・・・

122ceefd.jpg
 074c0524.jpg

右翼のエルロンが無いんですケド・・・

しかもコンチネンタルのC90(95馬力)で・・・

てんてき

初点滴。
注射があるらしいと聞いてモノレールに乗る時からドキドキ。

b239dcff.jpg

車体の四隅になにやら小さな車輪が

Bureaucratic-TCA

(作成中)

大利根LCL 1255-1350 (0+55)
大利根LCL 1600-1621 (0+21)


SさんのセーフティでC172Hで1時間弱。

e2b6be3e.jpg

車もまばらなアクアライン

日没後にクラブハウスで、アローオーナーのWさん、MVPの
Sさんが釣ってきた新島直送(空輸品!)の鯖その他をいただく。
新鮮な魚ってこんなにおいしいの?ありがとうございました。

01/09 16:00 RJAA 090700Z 12005KT 080V180 9999
FEW030 SCT050 04/M04 Q1023 NOSIG RMK 1CU030
4SC050 A3021=
続きを読む

休診日

ひさしぶりに江ノ島へ行くモノレールに乗る。
半分電気の消された日曜の病院は異質な雰囲気。

P-51とF-15のツーショット

5302a448.jpg

24時間

つけてます。

39f06f83.jpg

西方、富士山を望む。いかにも雪の雲

01/07 21:00 RJTA 071200Z 36013KT 9999
FEW025 02/M10 Q1015 RMK 1CU 025 A2997

雪国はいかに・・・
01/07 20:00 RJSN 071100Z 29023KT 8000
-SHSN FEW010 SCT015 BKN025 00/M04
Q1016 RMK 1ST010 3CU015 5CU025 A3002=

話題の津南は・・・21時現在の降水量1.5mm/h
(アメダス実況値)

飛行場犬

飛行場にはなぜか犬が似合う。

映画の中ではBattle of Britainが舞台の『MEMPHIS BELLE』や
『DARK BLUE WORLD』に出てくる犬が印象的。

やはり飛行場はグラスランウエイでなければ、と別の意味で関心したり。

2deb6cf5.jpg

寒いからって外にでない飛行場犬もいるけど

流れ☆

残業中、研究所の螺旋階段を下りていると、
ビルの間から流れ星が見えた気がした。

いや、見えた。

こういう時は、見えたと思いこんだ方が幸せ。

c64f0d86.jpg

顕微鏡を覗いていた人に伝えたほうがよかったかな?

01/05 20:00 RJTT 051100Z 34016KT 9999
FEW050 03/M10 Q1016 RMK 1SC050 A3000=

いぬどし

遅ればせながら・・・
              ・・・P-51Dと犬の写真を発見。

a4764f07.jpg

1998年3月、チノ飛行場にて

犬が寝そべったコマもあったはずだが、そっちはマウントしたためか行方不明。

雲行き

駅伝とは逆に富士山を見に箱根へ。

9e78b645.jpg

微妙に残念
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

soranokousa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ