今回の出張は久々に1週間以上で移動も多く疲れま
した。最後にトドメさされたのはLAXでの乗り継ぎ
です。

サンノゼ出発が遅延し、LAXについたのは搭乗時刻
の10分前。ゲートがわからないままインターナショ
ナル乗り継ぎはこっちと言われT3からのバスに乗り、
旅程表にあったターミナルBで降りると、まったく
違うことがわかりました。バスの運転手も2度聞いて
確かにインターナショナルはBで降りろ、と言ってい
たのでなんなんだ、という感じです。

係員に聞くといったんセキュリテイ区域を抜け外に
出て改めてT2からセキュリティ検査を受けて入れ、
と言われました。汗だくでターミナルBからT2へ走る
と今度は、混んでいるからT3からセキュリティ検査を
受けてシャトルバスでT2へ移動しろ、と言われ先ほど
走り抜けてきたT3へ戻ります。
T3はサンノゼから到着したターミナルです・・・。
1時間の努力は何だったのか、という感じです。

ようやくT3で検査を受けて入ると遅延していることが
わかり、乗り継ぎはできそうだと安心できました。
また同じシャトルバス(運転手は違います)に乗り、
今度は何度も何度も確認してT2に到着。

乗り継ぎの羽田行きの便はオーバーブッキングでサン
ノゼでもボランティアを募集していたので、搭乗口へ
行くのが遅れると強制的にキャンセルされる可能性が
ありかなり焦りました。


結局、搭乗時刻は予定時刻の2時間遅れでした。
そして満席でデルタのステータスは低いので最後列の
リクライニングが少ない窓側席でした。前には11歳の
子供が座っており、隣は空席です。この11歳の子供は
CAと話していたのを聞いていると米軍勤務で父親の
いる沖縄へ一人で行くそうです。
あるかないかわかりませんが米軍ブロックか・・・。

羽田からは会社へ行き、その後帰宅すると今度は夕立
に遭遇しタクシーが捕まらず、最後まで疲れました。

20170525DSCN7336サンノゼデルタ遅延SM
サンノゼからLAXへ

20170525DSCN7344ロスターミナルバスsm
T3から使うシャトルバス。この運転手に騙されました

20170525DSCN7350ロスデルタ遅延SM
羽田行はB777です。ベンチで待ちます

20170525DSCN7352あと3時間SM
あと3時間弱。いつも通りここから長いです

20170526DSC_2002サンタモニカの人文字SM
サンタモニカのビーチで人文字をやっていました

20170526DSCN7357大利根上空SM
羽田への進入で回され大利根上空を通過