桶川 → RJAF  1030-1110 (0+40) BE-A36
RJAF →  桶川    1410-1450 (0+40) BE33

E33ボナンザが松本に置いてあるのでKさんにご協力
頂いて
取りにいってきました。往路はKさんのA36に便乗、
復路はE33でソロフライトです。

往路は8,500ftでオントップ飛行です。Kさんは同高度に
ある雲を楽しみながら避けていました。

E33に乗り換え、問題なくエンジン始動。しかし松本から
のフライトは訳あってローカルになり着陸。
二度目のエンジン始動がホットスタート気味となり、ドキ
ドキしながら操作します。ブスブスボソボソいいながら
どうにか1回でエンジン始動ができました。これで2機で
桶川へ戻れます。

復路は短時間6,500ftにしてから5,500ftに降り、雲の下を
巡航しました。諏訪湖の辺りと荒船山の辺りで降雨が
ありました。往路、復路ともに強めの南風で対地速度は
140-150KTでした。

20180630P1015717JA3576SM
まだモクモク育ってない中を巡航します。涼しい!

20180630DSCN8974松本JA3576+JA3446SM
松本へ到着。さてE33を持って帰れるのでしょうか

20180630P1015724霧ヶ峰遠景SM
主翼の先の辺りに霧ヶ峰が見えます

20180630P1015729JA3446SM
プロペラの少し左に荒船山。蓼科山は雲の中でした

20180630DSC_1684入道雲SM
帰宅後に見た奥多摩方面に出ていた入道雲

RJTY 300556Z AUTO 20013G23KT 10SM CLR 33/22
A3003 RMK AO2 PK WND 19027/18 SLP164 T03270224
10334 20309 57009 FZRANO $
RJTY 300456Z AUTO 20017G23KT 10SM CLR 33/23
A3003 RMK AO2 SLP164 T03340228 FZRANO $
RJTY 300356Z AUTO 19018G25KT 10SM CLR 33/23
A3005 RMK AO2 SLP170 T03300227 FZRANO $
RJTY 300256Z AUTO 19017G22KT 10SM CLR 33/22
A3005 RMK AO2 SLP170 T03270224 58005 FZRANO $
RJTY 300156Z AUTO 18016G18KT 10SM CLR 32/23
A3007 RMK AO2 SLP177 T03190228 FZRANO $
RJTY 300056Z AUTO 18014G18KT 10SM CLR 32/22
A3007 RMK AO2 SLP177 T03170224 FZRANO $

RJAF 290600Z 15014KT 9999 VCSH FEW030 SCT050
BKN/// 25/20 Q1013
RJAF 290500Z 15018KT 9999 VCSH FEW020 SCT050
BKN/// 25/20 Q1012
RJAF 290400Z 16016KT 120V180 9999 VCSH FEW040
SCT050 BKN/// 27/19 Q1012
RJAF 290300Z 16013KT 110V190 9999 FEW040 SCT050
BKN/// 26/20 Q1012
RJAF 290200Z 15013G23KT 110V180 9999 FEW040
SCT060 BKN080 26/19 Q1013
RJAF 290100Z 14011KT 110V180 9999 FEW035 SCT045
BKN080 27/20 Q1012
RJAF 290000Z 14009KT 100V170 9999 VCSH FEW035
BKN050 BKN080 26/20 Q1012