空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2010年02月

フランクフルト経由で帰国

ドイツ、スウェーデン、オランダ、イギリスと回った出張を終えて
フランクフルト経由で帰国しました。

ベルリンのホテルは暖房の効きが悪く、夜半にかなり寒くなって
体調を崩していたのでやっと、というのが本当のところ。

後半にスナップした飛行機写真を掲載して出張日記を終わりに
します。次の出張はどこでしょうか・・・。

20100217AMS_TNTエクスSM
TNTエクスプレスのB747-400F(スキポール空港)

20100217DSC_1448BMIBABYAMSS
BMI-BabyのB737-300(スキポール空港)

20100219DSC_1525AirIndiaB77
エアインディアのB777-300(ヒースロー空港)

20100219DSC_1539火災練習飛
火災消火練習用?(ヒースロー空港)

20100219DSC_1552中東航空A32
中東航空のA321-200(フランクフルト空港)

20100219DSC_1546ルフトハン
ルフトハンザのBAE146-300(フランクフルト空港)

20100219DSC_1544イラン航空
イラン航空B747-200F。初めてみました!(フランクフルト空港)

ポーツマスとチェチェスター教会

アムステルダムを早朝でて朝8時前にはロンドンへ。

仕事は車で2時間ほど離れたところでも、打ち合わせは午後なので
雨のなかを移動しつつ寄り道。

20100218AMSDSC_1453早朝SM
ホテル出発は朝5時半。出張後半になるにつれ起床時刻が早くなる

20100218DSC_1456ポーツマス
ポーツマス港の旧イギリス艦。ウォーリア号

20100218DSC_1468チェチェス
チェチェスター教会

アムステルダムへ移動

翌18日はアムステルダムへ移動。
気温は2℃。みぞれ交じりながらまだ温かい。

20100217DSC_1425除雪材SM
冬期におなじみの除雪&防氷作業

20100217DSC_1422雪結晶SM
窓には雪の結晶が…。こんなに結晶らしくみたのは初めて

ストックホルムの飛行機

気温が-10℃では外で飛行機を撮る気分にもならず、ターミナルから
見えたを数枚。雪をかぶった駐機場には動いてないと思われる多数
のDC-9があって気になる存在。

20100216_1397MAPExecutiveFl
2機のMAP Executive FlightserviceのDC-9-83

20100217DSC_1418Goldenair_S
Golden AirのSAAB2000

20100217_1410Goldenair_SA20
こちらは青色のGolden Air SAAB2000

2000216DSC_1403ATR-72-201SM
前回はRJ85を撮ったBlue-1のATR-72-201

ストックホルムへ移動

ベルリンで2泊した後はストックホルムへ移動。

機内放送でストックホルムの天気は良好、気温-10℃とのこと。
「良好な天気」と「マイナス10℃」が頭の中でつながらない。

でもついてみると風も穏やかで納得。

20100216DSC_1394ストックホ
外に出るまでは寒さはわからない穏やかな天気

ベルリンの空港で②


エアベルリン以外にもいくつか撮れました。
またもやルフトハンザの旧塗装を模した機体を取り損ねました…。

20100215DSC_1367TUI_B737-35
TUIのB737-300

20100215DSC_1355Sky-Airline
トルコのスカイエアラインズB737-400

20100215_1336-NetJets-Europ
セスナC560XL

20100215DSC_1339ドイツ空軍A
1月に来日したドイツ空軍のA310-300

20100215DSC_1359ドイツ空軍A
つづけてもう一機降りてきたドイツ空軍のA310-300

ベルリンの空港で

16日はベルリンからさらに寒いスウェーデンのストックホルムへ。

スターアライアンス便にちょうど良いものがなくエアベルリンに初めて搭乗。
年々フリートが増えて存在感を増しているようです。

いわゆる格安航空会社でターミナルも外れにあり、簡素な建物でした。

20100215_1333ベルリンA320-2
旧塗装のA320-200

20100215_1335ベルリンA319-1
こっちは胴体が短いA319-100

20100216_1331ベルリンB737-7
B737-700。737フリートはすべてNG

201002151381エアベルリンQ40
2008年から導入されているQ400。最近のプロペラ機はこればかり

ホテルの窓から…

ベルリンへの出張でいつも泊るホテルからはアプローチする飛行機
が見えます。朝食後から仕事までの短い時間に見えた飛行機の一部。
エアベルリンやエアバスばかりで食傷気味です。

20100215DSC_1317SWISS_A319S
スイス航空のA319

201002151324フィンエアERJ-1
フィンエアーEMB-190-100

201002151327AEGEAN航空A320-
エーゲ航空A320-200

20100215DSC_1321-デルタB767
デルタ航空B767-300

ヨーロッパ出張①

バレンタインデーに冬のヨーロッパへ出発。
シベリア上空は-60℃。
最高気温が-6℃のスウェーデンにも立ち寄ります。

20100214DSCN0690機窓SM
シベリア上空。下には人工の明かりは見当たらない

20100214DSC_1281ミュンヘンS
ミュンヘンで乗り換えてベルリンへ向かう

20100214DSC_1297ベルリン空
小雪の舞うベルリンへ到着。機内放送によれば-3℃

強風で計画変更

大利根 →RJTO(大島) 1005-1055 (0+50)  PA28R-200T
RJTFO  →大利根    1410-1505 (0+55)  PA28R-200T


平地でも積るくらい降ったので山はさぞかしキレイだろう、と思って松本
行きを計画。でも当日朝のTAFでは松本はほとんど風がないが、成田が
32017G28、と大利根ではほぼ横風になる予報。

羽田も30KTなのでおそらく吹くだろうと思いつつ大利根へ。
9時過ぎに到着するとすでに20KT以上。

ターボアローオーナーのWさんもクラブハウス内で悩んだ後で、飛ぶとい
うので便乗させてもらう。上がれば幕張までの平地、1500ftでかなりの
揺れ。「セスナ150で飛ばなくてよかったね、こりゃダメだよ」といいつつ
何故か7ノットしか吹いていない大島へ。

それでも視程は200キロはあるようで、東京湾から富士山の後ろ、北側
に南アルプス、三宅島の後ろの御蔵島まで見える。

帰りは下総のMETAR 32016G49KTにビビりつつ大利根へもどりまし
た。関東平野は風で巻き上げられた砂塵でもやっていました。砂塵を
みるのはこれで2回目です。

さすがベテランのWさん、そんな中でも安定して大利根の狭い滑走路へ
おろしたのでした。

20100207DSC_5758白波富士山
白波に泡も見えるときは20ノットは間違いなく吹いています

20100207DSC_5762LR-1SM
木更津が運用中なのはこのLR-1のため?TCAからは情報なし

20100207DSC_5791横浜砂塵SM
復路、横浜方向を望む。砂塵でもやのようになっている

02/07 11:40 RJTL 070240Z32016G49KT 270V360 9999
FEW030 09/M07 Q1019 RMK 1CU030 A3011=

02/07 15:00 RJTL 070600Z31014G33KT 250V010 9999
FEW030 09/M08 Q1020 RMK 1CU030 A3012=

02/07 15:00 RJTO 070600Z 21009KT CAVOK 10/M08 Q1020
 RMK A3013 WIND/21 22012=

松本…もったいない…でも行くまでにとんでもなく揺れるのでしょう…
02/07 12:00 RJAF 070300Z VRB02KT 9999 FEW035
01/M10 Q1021 RMK 1CU035 A3018=  
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ