空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2010年10月

早朝の羽田に到着

スペイン料理の後は空港へ行き、日付が変わった0時半頃に香港を出発。
機内サービスも何も受ける気もなく就寝…と思うが…やはり狭い。

近距離路線に多いANAのB767は座席が狭くかなりくたびれた感じがします。
今後はアライアンスは違いますが香港出張はキャセイパシフィック、台湾出張
はANA発券でマイルの貯まるエバー航空の方がシートも広くてよいです。

そして税関を出て、モノレールまであと2分!と走ると・・・・・
ホームに上がるエスカレーターが動いてないではない!

ということで新しい羽田からの出張はあまりいい印象ではありませんでした。
 
20101028DSCN1823香港空港SM
香港の空港もこの時間ではさすがに人も少ない

20101028DSCN1826羽田到着SM
早朝の羽田に到着。寒い…

20101028DSCN1829羽田エスカ
なんと!モノレールのエスカレーターが動いていません!

香港でスペイン料理

1日目は中華料理、2日目の帰国前の夕食はスペイン料理のお店へ。
初めて来たお店ですが、外で過ごすにはほどよく涼しく、香港らしからぬ
雰囲気の美味しいお店でした。

20101027DSCN1821スペイン料
こんな感じで裏通りぽい雰囲気です

20101027DSCN1815スペイン料
マッシュルームとオリーブオイル。きくらげのようなものも入っている?

20101027DSCN1817スペイン料
メインのパエリア。これが日本人好みの味付けでした

20101027DSCN1819デザートSM
お酒が飲めないので最後はデザートで。仕事で酷使したアタマへ糖分補給

羽田の国際化は…

日本のサラリーマンを酷使させます。
流れているCMのようにビジネスクラスで出張できる人は良いのかもしれませんが。

眠い状態で海外で仕事しても日本にとってかえって不利なんでは、と思いつつ
新しい羽田の国際線ターミナルから夜行便で出張してきました。

派手にテレビなどで紹介していましたが、出国手続きして中に入ると大したこと
ない印象です。誰のために作られたのかよくわかりません。

20101025DSCN1791羽田国際ビ
全体的にまだ係員も不慣れな感じ

20101025DSCN1792羽田国際ビ
出国手続き後。閑散とした内部

20101025DSC_7180嘉義上空SM
台湾上空。嘉義と思われる街の明かり

20101026DSCN1808香港着SM
小寒い香港へ深夜着。ここからタクシーでホテルへ向かう

逗子の水平線

家族で逗子マリーナへ。

なんどか上空から見たことはあるが訪問するのは初めて。
おしゃれなイメージを持っていたら、実際には周囲も含めて昭和チックな雰囲気。

20101024DSCN1783逗子マリー
防波堤からの曇り空です。反対側では挙式行われていました

20101024DSCN1789調髪SM
「髪」の字が違うような!?嘉美

フライインからの帰路

(Rev.2)

RJOZ→ RJBD(南紀白浜)  1535-1705 (1+30) M20P
RJBD→ RJNA(県営名古屋)  1735-1835 (1+00) M20P


ログにRJOZと書けるから、南紀白浜まで左席でいいよ、という言葉に甘えて
再び左席へ。3時過ぎから自衛隊式のフライトプランを入れ、午後3時半過ぎ
に離陸。離陸後は主翼を振って山口宇部の北側、防府管制圏の上を通り海上
へ出る。

9500ftで巡航をしていると松山付近から雲が高くなり最短距離で南紀白浜へ
行くのが難しいため高知上空を経由して室戸岬の付け根を横断する。
追い風が強く、なんとGSは190KT以上を指すまったくの別世界のフライト。

南紀白浜では給油、事務手続きと分担して30分で離陸しナイトフライトで名古屋
へ着陸。僕は月曜から仕事なのでそのまま新幹線で自宅へ。

今回は、Iオーナーのおかげで非常に貴重な経験ができました。
普段のセスナ150で低空を飛ぶのも楽しいですが、こういう経験をすると経験値
が上がった気がします。Iさんありがとうございます!

20101017DSCN1774_9500ft巡航
9500ftで巡航中。オートパイロットを入れると思考に余裕がでる!?

20101017DSCN1777雲避けSM
四国山地の雲をよけて高知側に出る

20101017DSC_7145GS191KTSM
GPSの表示。GS191KT、RJBDまでの約60NMをなんと19分で飛ぶ表示

20101017DSCN1778南紀白浜SM
夕暮れの南紀白浜エプロン

20101017DSC_7161名古屋着陸
名古屋空港のファイナルアプローチ

20101017DSC_7165名古屋エプ
県営名古屋から撤退してしまうJ-Airの機体の近くに駐機

20101016GooglemapSM
2日分のGPSの航跡。復路で雲をよけて高知側へ変針したのがわかる

小月スウェルフェスタ当日

朝8時過ぎに基地へ入り展示機をみたり飛行機話をして過ごす。
ひっきりなしにT-5の体験搭乗が行われ、抽選に並べばよかったと後悔。

20101017DSC_6938JA4225展示S
今回フライインしたムーニーM20J

20101017DSC_6949展示SM
しばらく大利根で格納されていたエクストラ300Lと熊本のエアロスバル

20101017DSC_6961TH-135SM
新しく導入された海上自衛隊の練習ヘリTH-135

20101017DSC_6987T-5列線SM
小月といえばT-5

20101017DSC_7103T-5編隊正面
T-5、4機によるルーキーフライト。昔はブランエールと言っていた気が…?

20101017DSC_7118T-5SM
最後のフライバイ。一番観客席に近かったのがこの機体

小月航空祭スウェルフェスタへフライイン

RJTF→ RJBE(神戸) 1145-1345 (2+00) M20P
RJBE→ RJOZ(小月)  1500-1645 (1+45) M20P


ムーニーオーナーのIさんにお誘いいただいて小月基地のスウェルフェスタへフライイン。
TAS150ノットも出る高性能な機体に乗れる機会などほとんどない上に、左席でいいよ
といっっていただいて飛ばし方を教えてもらえました。

調布から離陸し厚木基地上空を横切り、セントレア上空、大津、伊丹の北側を通り
神戸へ。2時間もかかったというIさんとは違い、2時間でここまでこられるのか!と
ひたすら驚く。

昼食を取ったあとで小月までは後ろでウトウト。GS140KTくらいで夕日の小月へ着陸。

20101016DSCN1742_8500ft雲上
8500ftで巡航。オートパイロット使用中

20101016DSCN1744平田学園ラ
神戸のヒラタ学園のラウンジ

20101016DSCN1748尾道上空SM
朝の連続ドラマの舞台となっている尾道付近上空

20101016DSCN1757彩雲SM
彩雲を発見!

20101016DSCN1761小月アプロ
小月基地の滑走路を望む

ちょこっと飛び

大利根LCL    1400-1450 (0+50) A150L

良すぎる位の視程の中、25Bオーナーのハンガーへお邪魔する前にちょこっと飛び。

20101011DSCN1732都内一望SM
ものすごい良い視程。秩父どころか南アルプスまで見える

201011DSCN1736スカイツリーS
見るたびに高くなってくるスカイツリー

20101011DSCN1738_25Bさんハ
Aさんのハンガーでさらなるレストア中のファルケ

エフトイズのYS-11列伝

9月末に届いていた箱買いのYS-11列伝。
やっと開封しました。シークレットは日本エアコミューターの最終運航機。

20101010DSC_6904FtoysYA-11S
日本エアコミューターのノーマル&シークレットとJCABの機体

20061022PICT0001YS-11SM
2006/10/22に撮影。羽田でみたのはもう4年も前になるのか・・・

20061022PICT0005YS-11JCABSM
同じ日に撮影したJCABの飛行点検機

秋空

だいぶ秋らしくなってきました。それでもスーツでは少し暑さを感じます。

近場に出張して仕事帰りにふっと見上げた空。これからは日に日に日の入り
も早くなり仕事帰りに日があることはなくなると思うとさみしい。

20101007DSCN1722補正
高いところの雲だけ光っています
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ