空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2010年12月

仕事納め

仕事納めでした。

帰り道に師匠にレンズを持っていき鳥料理。

20101229DSCN2076仕事納めSM
少し早目に会社を出ます。今年も働きました。。。。。

20101229DSCN2077とりカツSM
鳥カツ

20101229DSCN2078サムゲタンS
サムゲタン

名古屋日帰り - 220ノットで巡航!-

RJTF(調布) → RJNA(県営名古屋)  1015-1200 (1+45)
RJNA        → RJTF              1305-1420 (1+15)


23日に飛び納めするつもりだったのがつぶれてどうしようか、と思っていたら
ムーニーのオーナーIさんから名古屋へ行かない?お誘いいただいて日帰り。
セントレアと羽田で30ノット以上のガスト予報が出ている中で出発。

往路は高度6500ftで巡航すると向かい風が30~40ノット。
ところどころ下降気流があるようでオートパイロットが高度を保とうとしてIASが
110ノット程度を示す時もある。

名古屋はバリアブルの3ノット程度で若干追い風気味のR/W34から着陸。
パターンに入ってからフレアーまでのムーニーの挙動にもだいぶ慣れてきた。

復路は追い風だろう!ということで10500ftまで一気に上昇。浜松VORまでは
風向と針路が少し違うのでG/S170KT(これでもかなり早い)、浜松から変針す
るとなんと200KTを越える。そしてついに最高224KT!という普段の3倍の速度
で戻ってきました。

スカイツリーで年賀状用の写真を撮るために寄り道して1時間15分で調布着。

20101226DSCN2046JA4225操縦
6500ftで巡航。オートパイロットにまかせる

20101226DSCN2050名古屋空港
県営名古屋のエプロン。桶川からバロンがIFRの練習で来ていた

20101226DSCN2064GS224KT
G/S224KT! ということは追い風が70KTもあるということ…

20101226JA4225DSC_7745
スカイツリーで旋回して撮影

20101226東京タワーとスカイ
夏にも撮影した東京タワーとスカイツリーのツーショット

20101226GPSJJNASM
GPSの航跡。紫色が往路、黄色が復路

満月の夜に

祖父が亡くなった、と連絡がくる。

香港で仕事に行こうと準備しているときで気ばかり焦るが、仕方ない。2週間
前に会えたのがせめてもの救い、と仕事を片付けて帰りの飛行機にのる。

飛行機は往路とは少し違い、室戸岬の沖を飛ぶ。暗くて四国は見えないが
その方向が気になってもどかしい。

搭乗するANAの羽田着は19時10分。徳島行きのANA最終便は早く、JALに
しても19時40分発。乗り継ぎをあきらめるには微妙すぎ、あと15分でも早け
れば乗り継げそうなのに。と思いつつ羽田から浜松町駅へ直行し高速バスで
徳島へ。

20101222DSC_7667日没SM
追風がもっと強ければその日のうちにたどりつけるのに

20101222DSC_7675月SM
飛行機から見た満月から一日たった22日の月

20101222DSCN2026高速バス車
高速バスの車内。8時間もかかるのがもどかしい

20101223DSCN2031高速バスSm
未明の山陽道を走る

20101223DSCN2034JEXウイング
あわただしく23日のJAL最終便で再び羽田へ

香港と羽田の飛行機-クラシックジャンボ2種ほか-

羽田では退役しつつあるA300-600RがJALマークを消された状態で置かれている。
香港ではB747-SP、VQ-BMS、タンカー仕様のN479EV、B747-100が撮れた。

VQ-BMSは結構レアな機体らしく前日成田に飛来していたようだ。

香港ではその他カーゴエプロンの横でGAF N22、DHLのB727などが見られたのに
撮れなかったのが残念。

20101220DSCN1977JA8559A300-
JA8859

20101220DSCN1983A300-600RSM
遠くて登録番号が見えないA300-600R

20101222DSC_7652香港VQ-BMS_
パンナム、UA、ブルネイ政府、バーレーン王室とわたり今はLas Vegas Sands

20101222DSC_7658N479EV_747-
消防機仕様のN479EV。放水しているところを見てみたい

香港出張②-食べ物編-

香港、中国、台湾へ出張したときはほぼ食べ物に'あたる'のですが、懲りずに
2夜連続で中華料理を食べる。このところ体も弱っていたので軽めに済ます。
街中も人が多く、クリスマスモード。

20101220DSCN1995まんじゅうS
一夜目。前菜代わりのおまんじゅう。中には少し甘い具

20101220DSCN1997ラーメンSM
一夜目のメイン。ひき肉たっぷり。見た目ほどは辛くなくて一安心

20101221DSCN2015キノコやさ
二夜目も麺系。中国語で「野山菌青菜畑麺」とあり、キノコたっぷり

20101221DSCN2016エビ揚げSM
エビの揚げ物。本音を言えば生を食べたいが、怖くてできない

20101220DSC_7618香港夜景SM
(おまけ)夜景もクリスマスモード

香港出張①

2泊3日で香港・中国へ、前回あまり良い印象を持たなかった羽田空港から
今年最後の海外出張に行ってきました。

羽田から串本を通り沖縄の北側、宮古島付近を通る日本横断ルートです。
少し雲は多いものの今回初めて沖縄本島と宮古島を見ることができました。
9月に行った宮古島の東平安名岬も確認。

20101221DSCN1984紀伊半島SM
最近このルートが多い気がします

20101220DSC_7556機窓SM
薄い雲に太陽が反射。細かい氷の粒に反射しているのではないでしょうか

20101220DSC_7576東平安名岬S
初めて見ることができた宮古島。東平安名岬(ひがしへんなざき)が見える

201220DSCN1994香港空港モヤs
香港に到着。なんなんだこの汚い空気は…

サンタ飛行機

クリスマスが近づいて街中にさまざまなイルミネーションが見られます。

サンタといえばトナカイに乗って…というのが定番ですが、飛行機に乗った
サンタを発見!

20101219DSCN1972サンタ飛行
ベランダから発進!?

仙台日帰り

RJTF(調布) → RJAA(仙台)  1005-1130 (1+35)
RJSS        → RJTF          1435-1600 (1+25)


ムーニーのオーナーIさんにお誘いいただいて仙台日帰り。
仙台のTAFはTEMPO 1200/1206 29016G28KTとほぼ滑走路に正対するが
強めの予報。しかし実際着陸してみると10ノット程度。

往路は7500ftで巡航すると追い風が20~30ノットあり、TAS150KTのムーニー
ではGS170KTは出ている。実飛行時間1時間10分程で到着。仙台ではタッチ
アンドゴーまでやらせてもらう。しかし普段セスナばかりなのでムーニーは荷が重く、
姿勢を安定させるのに苦労する。

復路は向かい風か?日没を気にしつつ離陸すると、風が弱まっていて4500ftでは
無風かむしろ追い風が10KTくらいある。セスナ150ではこの季節、大利根からでも
仙台まで2時間は見ておかないと危ないのに運にも助けられたこともあり危なげ
なく4時には調布に到着。

Iさんのおかげでまたもや良い勉強ができました。ありがとうございました。

20101212DSCN1956操縦席SM
7500ftでオートパイロットを入れる

20101212DSCN1962仙台エプロ
仙台ではノースエプロン11番でIBEXに囲まれて駐機

20101212DSCN1958牛タンSM
仙台なのでやはり牛タン

20101212DSCN1967仙台彩雲SM
復路のいわき付近では彩雲を発見!

20101212GPS仙台JA4225GPSSM
往路、復路ともSYE-GOC-IXEのコース

徳島日帰り

沖縄へ行った時はタッチの差でプレミアムクラスを逃したので、こんどは
羽田でお土産を買う前にチェックイン。見事ゲット…。

乗ってみると往路は8席のうち自分も含めて5席が、復路は4席埋まる程度。
普通席を含めても60%程度の搭乗率のようです。
ANAの徳島便は10月から再開したばかりなこともありそうです。

飛行時間は1時間15分程でも普通席のサービスがANAもJALもローコスト
キャリア並(実際はむしろそれ以下だと思いますが)となったいま軽食と飲み
物がちゃんと出るのがうれしいです。

もっとも来年からアップグレードポイントをe-クーポンに交換できるようになり、
交換レートを考えると金額相当とはいえませんが・・・

国内線は搭乗口の横に牛丼チェーン店でも設置して乗客に割引券でも渡す
方が実用性があるように思います。

徳島ではかま揚げうどんを食べてきました。

20101211DSCN1925機内食SM
往路の軽食

20101211DSCN1935尾鷲SM
尾鷲付近の海岸線。高度を下げ始めています

20101211DSCN1936徳島空港
新しいターミナルは無機質な感じです。前のでもよかったのでは?

20101211DSCN1940うどんSM
かま揚げうどん(大)。いっぱいいっぱいでした

20101211DSCN1948機内食SM
復路の軽食

安全講習会

羽田に新しい滑走路ができてTCAが拡大されどうやって飛べばよいのか聞け
るということで受けてきました。

北側、東側が大幅に変わって気をつけないといけないようですが、PCAの下を
くぐって海ほたる経由で三浦半島の方に飛んでいくのは可能でした。
木更津側から南へ出るのも3000ftで行ける、と講師の管制官が説明していて
こちらは以前よりも高い高度で行けます。

しかし、スカイツリーのあたりから関宿にかけて最低で4000ftホールディング
パターンが設定されていて注意が必要なようです。とくに都内の都心部を通
るときは注意、といっても2000ftなど低い高度ではストレスを感じます。
東京湾の変化よりも関東平野の南側を飛ぶ際の変化の方が大きそうです。
今回の講義をもとにAIPやチャートでよく検討しようと思います。

20101205DSCN1906SM
VORはどんどんなくなってしまう。小型機は実質携帯GPS頼みということか

20101205DSCN1916SM
管制官による解説。白い線を3000ftで飛ぶのがおすすめらしい

20101205DSCN1917SM
下総付近の解説。オレンジ色の線で羽田のPCA、下総管制圏を避けられる
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ