空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2011年07月

哨戒機コレクション②

一箱届きました!

早速開けてみると1箱目にS-2のシークレットの標的曳航機!
目的は果たしたのでもうどでもいい気持ちになっています。

ラインアップにはないですがアメリカで飛んでいる消防機仕様
もカッコいいですね。

20110730DSCN2838哨戒機箱SM
さて開けます

20110730DSCN2839シークレッ
はい!1個目で終了(笑)

20110730編集DSC_1090台湾海
台湾海軍のS-2EもしくはG。ターボプロップ仕様はまだ現役とか

結婚式の空

大学の後輩の結婚パーティー。にぎやかだと思ったら2組合同でした。
先週続いた暑さも和らいだ屋上で日没前の良い空を見ることができました。

おめでとうございます!

20110723DSCN2806空模様TSM
NTTの電波台。雲の表情とよい相性です

20110723DSCN2817風船飛ばしS
屋上での最後のイベントは風船飛ばし

哨戒機コレクション

エフトイズの哨戒機コレクション。
もちろん・・・箱買いしていますがアマゾンの発売日は7/27になっています。

ところが、ぶらりと立ち寄ったお店ですでに並んでいました。
ガマンできずに一箱買ってしまいました。

狙いはS-2トラッカー。あとはあまり興味がない、と思いながら開封すると
出てきたのはE-2C。それでもシークレットなのでよしとします。

箱の方にはS-2トラッカーのシークレットが入っていますように…。

20110723DSCN2837哨戒機SM
航空自衛隊10万時間無事故飛行塗装機。後ろは1/144のP-2J

ムーニーで沖縄へフライト③

RJFG(種子島)   →RJTF(調布)  1105-1530 (4+25)

着陸後すぐさま、Iさんは燃料、自分は管理事務所、CAB、気象台へ30分
で離陸できるように走る。燃料屋はエプロンに来ておらず、「日本の空港」
に記載の電話番号も「現在、つかわれておりません」となっていて管理事
務所から呼んでもらう。

20110717DSCN2802種子島給油S
2年前と同じで軽トラ+ドラム缶+手回しポンプ+棒ゲージです

頑張った甲斐があって、Iさんが左席で着陸後30分で移動開始。
11:30到着の定期便(JAC)にも引っかからずすぐ離陸。南紀白浜へ。

気象台で入手したMETARはこんな感じ。

RJOK SPECI RJOK 170128Z 21003KT 150V250 9999 FEW020
SCT030 BKN060 32/24 Q1007 RMK 1CU020 3CU030 6SC060
A2976=

RJBD 170100Z 27004KT 230V010 9999 FEW025 BKN035 30/24
Q1008 RMK 1CU 025 5CU035 A2979=

那覇の気象台では四国南岸の雲は低いだろう、と言っていたのでオン
トップできそう。実際にも上昇を続けると8500ftくらいで雲上へ出る。

9500ftまで上昇すると対地速度が125KT位出ていて向かい風は弱くな
っているようだ。そこで欲が出てきてダイレクト調布が可能かを検討する。

南紀白浜到着の1時間前にAEISから12時の気象を取ると、

RJBD 0300 25006KT 150V290 40KM F030CU SCT035CU 31/24
Q2978
RJNH  0300 16006KT  >10KM FEW020CU 32/24 Q2982
RJTF  0300 18008KT 150V210 >10KM FEW030CU 34/20 Q2980

浜松の高層風は850hp(5000ft)が165/10、潮岬が850hpで120/19で、
浜松ではほぼ横風(若干追い風)となっていて、140~150KTになるだろう
からこのまま行ける、となりフライトプランを調布ダイレクトへ変更。

20110717DSCN2803串本付近上
串本を過ぎたあたり。雲量は少しずつ減ってます

20110717DSC_9311御前崎浜岡s
完全に雲が切れた御前崎。画面右から1/3のところに浜岡原発が見える

実際にもこの通りで、渥美半島を望む頃には対地速度が140ノットとなる。
ここまでくれば視程も150kmくらいあって鼻歌気分。
最後は砂塵の舞うガストの中を調布に無事着陸。

二日間で13時間以上のフライトが無事終わりました。
疲れましたがこの達成感、クセになりそうです。

20110717DSCN2804調布ハンガ
格納庫前に駐機するムーニー。おつかれさま!

20110717DSCN2805NEWSM
(おまけ)ドルニエの新機。5枚プロペラが目印

Iさんこのようなフライトに誘っていただきありがとうございました。
沖縄の空を自分で飛べて非常に良い経験ができました。

ムーニーで沖縄へフライト②

(Rev2)

ROAH(那覇)   →RJTG(種子島)  0745-1035 (2+50)

朝、起きてすぐ天気を確認するとすでに宮崎では降雨が見られる。
復路は宮崎で給油するつもりだったので少し焦る。

TAFや分布予測、テレビの天気予報などを見ると鹿児島、宮崎は午後
から連続的に雨が降りそうな上、鹿児島は朝からG25という予報。

20110717DSC_9319宮崎雨域SM
上は携帯電話で見た朝5時の雨域。下は宮崎と鹿児島のTAF

TAF RJFM 161444Z 1615/1718 01008KT 9999 FEW005 SCT010
BKN020 BECMG 1706/1709 06020KT TEMPO 1709/1718 4000
SHRA BR FEW003 SCT005 BKN008

TAF RJFK 161452Z 1615/1718 08007KT 9999 FEW010 TEMPO
1700/1709 08015G25KT TEMPO 1709/1718 07017G27KT

調布へは午後5時までに戻らないと着陸できないので、向かい風も考え
8時半前に那覇離陸、南紀白浜着陸は13時半、14時半には離陸し16時
半に調布着陸と大まかに計算する。

6時半にホテルを出発、7時前に気象台に行く頃はスコールが降る。
雲を確認するとほぼ九州全域には台風の影響と思われる雲、四国南岸
から紀伊半島にかけても雲と降雨が見られる。いろいろ考えた結果、まず
は南紀白浜へ向けて離陸、向かい風が強い場合は種子島で給油とする。

南紀白浜も種子島も8:30にならないと空港管理事務所が開かないので
駐機場と給油の手配は飛行中にAEISからやることに。

ふたたびタクシーでウエストエプロンへ行くとスコールで水浸し。

20110717DSCN2790那覇エプロ
スコールでエプロンも水浸し…歩きづらいです

このレグはいろいろ判断することも多いのと天候が悪い時にムーニーを
操縦する自信がないのでIさんにお願いするも、エプロンに着いたら大丈
夫だからやりなよ、と鍵を渡される。まぁ昨日もできたし頑張ります!とい
うことで左席へ着座。

スコールも去って7:45に移動開始しRW36から離陸。すぐさま右旋回をし
て昨日と同じYONABARUポイントへ行き北上開始。ATCも高度制限の
指示だけであまり忙しくなくPCAを離脱。

本島を過ぎた頃から上昇を開始、7500ftの向かい風は30KT以上。

20110717DSCN2794オントップs
オントップ飛行。対地速度は110ノット台


20110717DSCN2795操縦席SM
7500ft巡航中。今後のプラン検討に専念できるAPはありがたい

南紀白浜へ直行してもなんとか燃料が持ちそうだが、種子島ですぐ給油
可能であれば種子島に降りることにしてAEISに調整してもらう。
AEISには手配から電話で伝言の中継までお世話になり非常に助かります。

ちなみに8:30の種子島のMETARは
RJTG 2330Z 08008KT 20KM FEW004ST BKN006 26/25 Q2970
とちょっと心配。それでも標高が768ftなのでストレートで進入すれば何とか
なるだろう、という感じ。

これが10時には
RJTG 0100Z 10012KT 50V120 25KM FEW005ST SCT006ST SCT008CU
BKN012CU 27/25 Q2968

と悪くはなっていないので一安心。

淡い希望で聞いた8時の宮崎のMETARはVMCでこんな感じ。
RJFM 2300Z 03012KT 15KM FEW008ST SCT010 BKN015 28/24 Q2972
それでも午後は雨の予報なので完全に選択肢から外す。

向かい風に悩みながらも2時間50分のフライトでガスト20ノット以上の種子島へ。

20110717DSCN2799屋久島SM
屋久島。昨日と違ってかなり高い入道雲が立っている

20110717DSCN2800種子島付近S
種子島の南西側から進入。シーリングは1800ftほど

国際通り

沖縄は去年宮古島へ行ったのが初めてで、本島は乗り継ぎに降りただけで
町を歩くのは初めてです。ホテルの近くにある国際通りを歩くとお土産屋が
たくさんあります。

20110716DSCN2778国際通りSM
国際通りの入り口

20110716DSCN2788もえちんす
ちんすこう?いえ、子宝祈願ちん●すこう…他に萌ちんとやらも…

20110716DSCN2779MKR48SM
萌えの続き?MKRとはまっこりのようです

ムーニーで沖縄へフライト①

(Rev2)

RJTF(調布)   →RJBD(南紀白浜)  1035-1235 (2+00)
RJBD          → ROAH(那覇)     1405-1805 (4+00)


いつも乗っている機体のELT搭載が間に合わず飛べずにいたところ
ムーニーオーナーのIさんにお誘いいただいて沖縄まで飛んできました。

事前にチャートを見たりGPSへコースを入れたりしてなんと南紀から那覇
へはダイレクトでも600NM(約1100km)以上の海上飛行となることから、
緊張していました。与論島までは、2年前のほぼ同じ時期にアローで連れて
行ってもらっていても沖縄本島のクラスBが経験未熟者としては不安要素。

台風の進路によっては九州止まりかも、ということで鹿児島くらいかな?と
思っていら当日なんとか行けそうだ、ということでまずは南紀白浜へ離陸。
南紀白浜で那覇のスポットを予約するあわただしい動きになりました。

まずは南紀白浜へ。
このレグなら何度も飛んでいるので僕が…と思ったら、僕には南紀白浜
から那覇のレグをやらせてもらえるとのこと。

20110716DSCN2764降下中SM
南紀白浜空港へ向かい降下。ムーニーはスピードブレーキ付


那覇の小型機スポット(ウエストエプロン)はターミナルとは反対側で情報官
に出方やタクシーについて聞いてみましたが、要領を得ずかなり電話を待
たされた結果、情報官から第一航空がやってくれるということで第一航空へ
電話してみるが、いろいろ調べてくれたもののうちではない、ということに。

それでも第一航空の方には「困った時はお互いさまですから」といろいろ
丁寧な対応をしていただけました。ありがとうございます。

最後はアローオーナーのIさんにタクシー会社を教えてもらい一見落着。
共同無線というタクシー会社に頼み、配車されるタクシーの番号、運転手の
方の氏名を航空局に伝えれば、海上保安庁横のゲートまで来てもらえます。

20110716DSCN2767操縦席SM
洋上飛行。オートパイロット付なので見張りが仕事です

20110716DSCN2773屋久島SM
屋久島の東側を通過

と、このようにアタフタしたので、約1100kmの洋上飛行の緊張も良い意味
でほぐれ午後2時過ぎに南紀白浜を離陸。若干の追い風もあって6500ftでを
160~170ノットで巡航します。四国を遠望しつつ土佐清水沖を経由、種子島
から島伝いに飛び、与論島、そしていよいよ沖縄本島へ。

PCAは空港を起点に050より東側と西側に周波数が分かれていて本島の北
西側は飛びにくそうなので、与論島からCHINEN VORTACへ向かい南側から
「スッと」R/W36に入れるのではないかと考えて進入していくと、やはり東側の
ATCはそれほど混んでおらず、VORTACの手前で目視通報点YONABARU
が見えるか?と聞かれ、見える、というと、YONABARUへの直行許可、そこで
タワーに引き継がれライン機の合間をうまくついて着陸できました。

PCAもタワーも管制官はなかなかの早口で、コールサインの後に「Heavy」など
と付けているので日本ではないようです。

駐機場所はウエストエプロンで他にアズテックとチェロキー、そしてアイランダ
ーと少々さみしい感じでした。アイランダーに乗れるのはココだけ…と思って
いたら、7月末から佐渡⇔新潟路線が復活するようですね。

20110716DSC_9296沖縄到着SM
ウエストエプロンに到着!なかなかの達成感です

20110716DSC_9291第一航空ア
エアードルフィンの路線を引き継いだ第一航空

20110716DSC_9302YSとJTASM
沖縄らしく同じ画面にJTAと航空自衛隊のYS-11が納まる

特大レモン牛乳

北関東へ出張。

高速のサービスエリアで一休みしたところ特大のレモン牛乳を
見かけました。オブジェだとは思いますが、何リットル入り??

20110712DSCN2763高速SM
高速道、空いています

20110712DSCN2761特大レモン
でかい!普通の大きさの扇風機と同じくらいの高さです

タフマン電車ふたたび

タフマン電車と今日も遭遇しました。
今日だけで3回も見たのでどうやら複数あるようです。

20110704DSCN2738タフマン中
なんど見ても萎えるデザインです

20110704DSCN2740YS-11SM
出先の空。音と胴体下面にレドームがないことからYS-11EAか

もしも願いをかなえられたら…

マリオになりたがっている子の夢を叶えて見てみたいです。

七夕が近く、ところどころに短冊コーナーがあります。
ケンタッキーと近所のスーパーで面白いものを見つけました。

「マリオになりたい」という願いは「彼氏がほしい」「お金持ちに
なりたい」という現実的な願いより切実だと思います。
万が一、名前だけ「マリオ」になりたいなら改名ですみますけど。

「こもりんと握手会で会話が成り立ちますように」
これは子供以上のお願いですね。こもりん…SKEらしいです。

20110703DSCN2731KFC短冊SM
上段、右の短冊に「マリオになれますように」

20110703DSCN2735マイン七夕S
拡大してみると…「こもりんと握手会で~」

20110703DSCN2733タフマン補
こちらは大人が元気になるという(!?)タフマン電車
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ