空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2011年10月

飛行機マニア3世代

大利根 → RJTF(調布) 1040-1110 (0+30)  
RJTF  → 大利根    1250-1326(0+36)  
大利根LCL          1400-1500(1+00) 

秋晴れの中、用事がてら調布を往復してきました。
右席には義理の父親。調布では祖父がお出迎えです。
ということで調布に親子孫が勢ぞろい。
義理の関係なのにみんな飛行機好きなのは偶然とは思えません。
昼食はプロペラカフェでWACOなどを見ながら飛行機談義。

調布のエプロンでは先日松本で知り合ったJA3357オーナーの
Yさんに声をかけていただきました。
エアロバットが駐機しているのをみて声をかけていただいたと
思うのですが、うれしいです。ありがとうございました。

大利根に戻ってからはSさんの慣熟フライトにお付き合い。

20111029_3449大利根ファイナ
3フライト目のファイナルに入る時。視程も良いです

20111029_3446JA725D_WACOSM
動いているのを初めて見たWACO(JA725D)。でも地上滑走のみ

20111029_3447BLCサンドSM
プロペラカフェで飛行機を見ながら昼食。定番のBLTサンド

東京国際航空宇宙産業展2011

仕事で訪問した隣の会場で開催されているので覗いてみました。

隣の会場と比べると人はいませんが、航空写真家の青木勝さんを
みかけました。

そしてある意味一番熱かったのがジャンク市。
セスナ150が出展されていました。1971年式の150L型でFAAの
登録情報を見ると、今年の年末までアメリカの耐空証明があります。
よく見ると計器盤の前のバックミラーなど細かいパーツも付いています。

で…300万円という値段が付いています。

こまかい装備や程度はわかりませんがそんなにしないだろう…
と思いつつも欲しいと思ってしまいます。
でも米国からの輸送費も全部入れるとこれくらいになってしまうの
かも。

20111026_3424ネ20
日本最初の実用ジェットエンジン ネ20

20111026_3432_R22帝京SM
帝京大学のR-22

20111026_3431航空宇宙展SM
ジャンク市-ある意味ここが人の熱気があったともいえます-

20111026_3429セスナ150SM
1971年式セスナ150L

20111026_3430セスナ150
3万ドルならちょっと高いがわかります…300万円だそう。高いよ!

セスナ140のペーパークラフト-完成-

Rev2 10/23に完成しました

簡単な三面図だけからはじめたものがここまで進みました。

細かいところはまだまだ残っていますが、大きなところは主翼の支柱と
エンジンカウリングを微修正していけば何とかまとまりそう。

簡単な三面図から曲面部などの寸法を考えていくのは想像力が必要です。
曲面から平面に移るところなどは分割 をうまくしないと大きな皺やいびつな
形になるので 試行錯誤しながら変えていきます。

また多少デフォルメしないと見た目の印象が実物とは違います。

初めてなのでうまくまとまるかな、と思いましたが少しずつ近づいてきました。

20111022_9989ペーパーセスナ
右が三面図に少し足してイメージ用に組んだRev0

20111022_0003ペーパーセスナ
型紙はRev20くらいまで行っています

20111023_0011ペーパーセスナ
10/23に完成しました。主翼の支柱が一本の140A型にしました

ひさびさの夕焼け

いつのまにか日没時刻が5時頃になっています。
東京は今日の日没が17:02。明日が17:00。
どんどん季節が進んでいます。

20111019DSCN3402夕焼けスカイツリーSM
ビルの谷間からスカイツリー。展望台に灯りが点灯しています

20111019DSCN3398夕焼けSM
いったんホームに降りて1枚。コンデジしかないのが残念

ターボアローで松本へ

大利根 → RJAF(松本) 1030-1150 (1+20)  PA-28R-201T
RJAF
  → 大利根    1430-1535(1+05)      PA-28R-201T

ターボアローオーナーのWさんに誘われて行ってきました。
ターボアローは昨年に南紀白浜へいって以来で、離陸時にターボを
効かせすぎそうになるなど失敗してしまいました。まだまだ高性能機
の練習が必要です。

今回、初めてこの機体のオートパイロットを入れてみました。
高度関係の機能は無くてもGPSと連動したNAVモードは使いやすいです。
170/22G28で強めでしたが、ほぼ正対なので着陸はほぼイメージ通り
にできました。

松本のスポットはエアラインが使うサウスエプロン。ひとつの場所を
アーチャーと仲良く使いました。

2011106DSCN3385_3786SM
ターボアロー。カラーのストライプが増えています

20111016DSCN3384アーチャ―S
手前がアーチャー。カラーリングがきれい

20111016_9986松本復路SM
復路。ところどこと紅葉が始まっています

セスナ140の型紙作り開始

ペーパークラフトですが…見事にはまりつつあるようです。
セスナ150は先週の型紙では気になるところが残っていたので
改良版をつくりました。型紙はバージョン30です。

だいぶ気になるところはなくなったのでこれで最終版にします。
カウリングや窓の大きさは実物に近づきました。

そして次はオリジナルのが欲しくなって…セスナ140の型紙に挑戦。
まだまだ組み立てる段階ではないですが、少しずつ進めていきます。

20111015_9964_3612最終仕様S
奥が先週つくったもの。カウリングにかなり時間がかかりました

20111015_9975セスナ140型紙S
セスナ140。手持ち資料の三面図から立体にしていきます

電車でGO!

というわけで、今月は海外出張はなさそうなので国内をうろうろします。
そして最後は人身事故でいつもなら乗車時間40分のところが2時間半。
新幹線なら東京から大阪まで行けますね。

20111012DSCN3370白石駅SM
東北地方の某駅。1時間に1本なので人っ気がないホーム

20111013DSCN3371荒川線SM
都電でも出張。乗るのは4年ぶりくらいです

20111013DSCN3378魚釣りSM
荒川沿い。大物釣ってます。コイ?

オリジナル仕様のペーパークラフト(エアロバット)

9月の連休に作ったセスナ152のペーパークラフトを普段乗って
いるエアロバット仕様にできないかと思い、フォトショップを使い
色を変えてみました。

色を変えるといっても塗装パターンも全く異なるので、輪郭だけ
残した型紙をつくってから写真、三面図などを見ながらエアロ
バットの塗装パターンにしていきます。

ついでに側面の窓も小さめにしてみました。前と後ろも変えると
なると相当手を入れるようになりそうで今回は側面だけ。

細かいところにまだまだ荒さがありますが、オリジナル塗装に
するやり方が分かってきました。

20111008DSC_9955型紙他SM
写真や三面図を見ながら微調整していきます

20111008DSC_9959_3612ペーパ
組み立て写真。カウリングの市松模様がエアロバットらしい

20111008DSC_9963JA3612ペー
2機並べてみました。微妙に大きさが違っています

CEATEC2011

午後からCEATECへ行ってきました。

2年ぶりだか3年ぶりに午後から行ってきました。
ストラップがしょぼくなって、コンシューマーエリア側の床のカーペット
エリアも 減って、派手さも落ち着いてきたようです。

これも不景気だからなのか。

20111006_3286CEATEC空SM
すっかり秋の空です

20111006_3329セイサク君SM
ムラタセイサク君。今年は細い坂道を登ります

20111006_3323セイコちゃんSM
セイコちゃん。付き添いのお姉さんの心配顔に心配

20111006_3359Intel_SM
インテルのブース。あれ・・・LPKは???Vaio Zは?

20111006_3364TEキティSM
TE Connectivityのパンダをかぶったキティちゃん。レア?

スカイフェスティバルin松本へ ②

RJAF → 大利根 1455-1625(1+30)

朝起きると、山麓には霧が出ているが青空が見える良い天気。
9時頃には空港に着き、駐機場から展示場所へ移動。遅い機体から
帰投するので出られやすい位置に停めてもらう。

子供には操縦席に座ってもらう以外に、じゃんけんに勝ったらペーパー
クラフトの型紙をプレゼント。負けて泣きながら地面を転がる子供、
もう一回!とお願いする子供といろいろな子供がいました。

ペーパークラフトはピッツとセスナ150を用意したところ、意外とセスナも
人気がありました。

さて、往路ですが、龍ヶ崎の駐車場の門限18時に間に合うように15時頃
に離陸、遅くとも17時には大利根着として、14時半くらいからフライトプラ
ンを入れたり準備をします。

帰りの天気にはヤキモキ。METARを見ると横田はなんとオーバーキャスト、
成田は5/8のBKNなので少しは隙間があるだろうと思うが関東平野のどこ
で雲の下へ潜り込むのか、と悩みつつ離陸。

上がると、山は越えられるが、雲を越えられず四苦八苦して上がった9500ft
で右往左往。雲の量も往路よりも多く、雲頂も10000ftを軽く越えているみたい。

越生の辺りで北東側の地面が見えたので降下開始。春日部で1500ftに降り、
あとは大利根へ。METAR以上に悪い印象で、視程は15kmくらいのようだが
シーリングは2000ftほど。トラフィックのいない大利根へ無事戻りました。

ちなみに少し後で離陸して龍ヶ崎へ向かったエアロスバルは諏訪湖経由で
11000ftまで上がり新宿で高度処理をしたそうです。

下はジリジリしながら携帯から取ったMETAR。飛行直前に気象台で入手した
のは同乗者に渡して手元にありません。この天気では、松本から関東に帰れ
ても関東から松本に行く気にはならない天気です。

RJAA 020300Z VRB04KT 9999 BKN035 19/10 Q1015 BECMG 07005KT
RJTY  020255Z VRB06KT OVC033 18/11 A3002 RMK SLP165 57022
WND DATA ESTMD

そして飛行中に取ったMETARは…

RJTY  0556 02004KT OVC035 18/10 Q2997
RJTL  0600 05006KT 020V090 10KM BKN020SC BKN040SC 19/11 Q2992
RJAA 0630 04007KT 350V080 25KM FEW030SC BKN040SC 18/11 Q2992

今回同行してくれたSさん。昨年アメリカで免許を取り日本で飛び始め、6500ft以上
に上がったのは今回が初めてとか。さらに日本初のクロカンなのだそうです。
自分もそうでしたが、ナビログ作ってのコース通りの直線飛行とはまったく違うのに
驚いていたようでした。

20111002_9943ラマSM
体験搭乗にも使われるラマ。山並みの背景が似合う

20111002_3255子ども行列SM
家族連れの行列

20111002_3257書道ガールSM
ぶらりと歩いていてみつけました。さて何が始まるのでしょう

20111002_3272書道ガールSM
松本蟻ヶ崎高校書道部の『書道ガールズ』

20111002松本GPS航跡SM
復路のGPS航跡。右往左往…
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ