空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2013年03月

ローカルフライトがやっと

大利根LCL    1245-1339 (0+54)  A150L
大利根LCL    1400-1430 (0+20)  A150L


前日の予報では曇基調で晴れ間も見えるような予報があり、
TAFでも視程10Km以上でFEW020 BKN030なら満開を過ぎて
そろそろ見納めの都内の桜を見るフライトくらいはできるだろう
と思い小雨が降る自宅を出発し飛行場へ。

それが思いのほか悪く、予報はまたもやお天気占いの様相です。
午前中は場周経路も飛べない感じ。あきらめて午後にかけます
が、これも微妙。

場周経路を軽く飛んでお茶を濁します。このところ遊びフライト
ばかりで久々に練習フライトができたのでこれもよしとします。

20130330_6973ローカルフライ

シーリングも少しは回復。とはいえ2000ftは無いようです

METAR RJTL 300600Z 06006KT 360V100 9999 BKN020 OVC040
08/03 Q1020 RMK 6SC020 8SC040 A3014=

METAR RJAA 300300Z 04013KT 360V070 9999 FEW010 BKN020
09/03 Q1020 BECMG 07010KT RMK 1ST010 7SC020 A3013=

METAR RJTL 300300Z 0509KT 020V080 6000 -RA DZ BKN009 OVC020
07/05 Q1020 RMK 5ST009 8ST020 A3014=

METAR RJTL 30036Z 05009KT 010V080 4500 -RA BR
FEW008 BKN010 OCV020 07/05 Q1021 RMK 1ST008 6ST010
8SC020 A3015=

TAF RJAA 290840Z 2909/3012 04012KT 9999 FEW020 BKN030
TEMPO 2918/2924 03018G29KT BECMG 3003/3006 08009KT
BECMG 3009/3012 05005KT=

所沢航空発祥記念館の零戦-3回目-エンジン始動見学会

運良く?(当選確率はかなり高そうですが…)当選して、平日なの
に行ってきました。天気予報も外れ良い天気に恵まれました。

ちなみに展示は8月まで延期されています。
見逃した方は是非!

20130328_5600行列SM
受付時刻午前11時の少し前

20130328_6944ゼロ戦SM
2列目に座れました…が画面右の人の頭で動画が…

20130328_6952ゼロ戦SM
エンジン停止後に撮影。この辺が一番良いスポット!?

ヤンクスエアーミュージアム

LAXへ行く前に8時から開館しているヤンクスエアーミュージアムへ。
15年前にChinoに来た時にこんなきれいな博物館はあったかな?
と思いつつ回りました。遠望できるエプロンにアルバトロス(HU-16?)
やC-123Kがいて興味深いです。

911の後で空港のセキュリティが厳しくなり、どこもフェンスができ
ているので中には入れず残念です。

All AMERICAN AIRCRAFTとありますが、なぜか桜花がいます。

20130319_5464ヤンクスSM
開館10分前に到着

20130322_6923YanksSM
「Golden Age of Flight」。ここが一番落ち着きます

20130322_6831CurtissO-52OWL
Curtiss O-52

20130322_6542グラマンG-21gooseSM
グラマングース。日本でも海上自衛隊が使っていました

20130322_6669HU-16BSM
HU-16B。復元中でしょうか

20130322_6702PB4Y-2SM
PB-4Y。消防機として使われていたようです

20130322_6737EC-121SM
EC-121。C-121系で飛行可能なものは初めてみました

20130322_6647C123KSM
博物館のではありませんがC-123K

20130322_6730NAVION_BSM
ナビオンばかりがならぶ格納庫。奥はナビオン、手前はB型

20130322_6728スカイタイパー
AA-5B。日本にも来たことがあるスカイタイパーズの機体

プレーンズ・オブ・フェイム

隙間時間を有効に使い「プレーンズ・オブ・フェイム」へ。
5時閉館のところ、4時15分にたどりつき駆け足で見学。
零戦は所沢に出張中なので、雷電と99艦上爆撃機が目当て
です。

ここはレプリカも多いので、フライアブルなものを重点的に見て
いきます。日本の博物館等のように閉館の放送などもなく、気
持ちよく回れました。

スーベニアショップも5時をすぎても笑顔で対応してもらえました。

20130319_6499POF入口SM
B-17は整備中でした

20130319_6216雷電SM
雷電21型。現存するのはこの1機のみ

20130319_6266_99艦爆SM
飛行可能にするためのレストア中の99艦上爆撃

20130319_6298GeeBeeSM
レプリカのGeeBeeレーサー

20130319_6345MIG17SM
MIG-17

20130319_6480MIG15UTISM
Mig-15UTI。複座型です

米国出張

今年2回目の米国出張です。
先月と同じシンガポール航空でロサンゼルスまで。

20130319_5456A380成田SM
機内はかなり空いていました。アッパーデッキ1列を占有

道の駅かでな

最終日月曜はあいにくの雨模様。
石垣島では、記録的な豪雨だったようです。

平日なので何か飛んでいるのではないか、と嘉手納を見に行ってみます。
30分程いましたが何も飛びませんでした。残念。

20130318_5418嘉手納道の駅SM
「道の駅かでな」。展望台から基地内が見えます

20130317_6093F22SM
1月に配備されたF-22が見えます

METAR RODN 180342Z AUTO 18016G21KT 10SM BKN018
23/23 A2980 RMK A02 PK WND 17026/0317 RAE0324 CIG
012V022 SLP092=

美ら海水族館

好天に恵まれた日曜日は「沖縄美ら海水族館」へ行きます。

20130317_5340美ら海入口SM
入り口に鎮座するジンベエザメのモニュメント

20130317_5959美ら海SM
本物のジンベエザメ

20130317_6058美ら海SM
イルカショーも楽しみます

20130317_5373沖縄海SM
近くにあるエメラルドビーチ。海開き前で空いています

20130317_6071バートルSM
向かいにある伊江島にはバートルが飛んでいます

沖縄2泊3日

海開き目前の沖縄へ旅行してきました。

20130316_5303羽田
マイルを使った特典旅行です

METAR RJTT 160400Z 12009KT 090V210 9999 FEW030
15/06 Q1012 BECMG 18012KT RMK 1CU030 A2989=

METAR ROAH 160400Z 07007KT 020V110 9999 FEW030
23/12 Q1020 RMK 1CU030 A3014=

春が来ています

ここ数日、急激に暖かくなってきて、春本番近し!という感じです。
出先の川岸で、かなり膨らんだ桜のつぼみを発見。

20130312_5286桜SM
開花が待ち遠しいです

ファルケ(JA20GM)の空撮

(Rev.2)

大利根LCL    1540-1610 (0+30)  A150L
大利根LCL    1630-1650 (0+20)  A150L
大利根LCL    1655-1715 (0+20)  A150L

大利根に戻ってからは、セスナ150も乗ってみたいということで、
機体を準備します。予定より遅れている上に、空撮2機と遊覧2回で
日没までに4回飛ぶのになんと燃料がまた給油されてないし…。
おまけに給油車のタンクも空っぽ。

自分が免許を取ったところでは、水の混入の恐れがあること、後で
使う人のことを考えて使用後は燃料補給をするように教わっている
のでストレスになってしまいます。

物理的に作業時間も取られるしイヤな気分になりますが、合計9ガロ
ンくらい残っているので巡航状態で1時間半分残っている計算です。
空撮をがんばって30分くらいで終わらせて、その間に給油車には補
給されるだろうと考え、まずファルケを空撮。時間があればA36ボナ
ンザを撮ろうかという話もありましたが、中止にしました。

今日の被写体は機体はおろかハンガーまでDIYでこなしてしまうAさん
のファルケSF-25B(JA20GM)です。45馬力時代に乗ったことがあり面
白い機体でした。現在は65馬力のエンジンに換装されています。

ちなみに『どんぐりの背比べ』ですが、セスナ150の方が優速だからと
後から離陸して追いかけると上昇力はファルケの方がかなり上でした。
撮影直前の操縦席でカメラのモードダイヤルが動いてしまったようで、
シャッター速度優先にしたはずが、絞り優先になっていました。
絞りがf11になっていたので、カットによっては1/400のものがあり、か
ろうじてプロペラは回っています。f5.6などになっていたら悲劇でした。

いつもは、機内でメモを確認して間違いのないようにするのですが、
急いでいたこともあって残念です。

Aさんありがとうございました。是非また新緑の季節に空撮をお願い
します。

空撮を終えて着陸すると給油車が復帰。取り急ぎ30リットル入れて
2フライト、日没の17:30(3/9 銚子は17:39)に少し余裕を持って終了。

駆け足でしたが、セスナ150も楽しんでもらえたようでした。

20130309_5783JA20GM-SM
田んぼに水が入ったらもう一度撮りたい構図です

20130309_5764JA20GM_SM
花粉?黄砂?もやもやです。操縦席背後の黄色がいい感じ

20130309JA20GM_5808SM
何かの拍子に翼端が光ります。奥には成田の進入機

20130309JA20GM_5845SM
成田の進入機よりも高い高度を悠々と飛ぶファルケ

20130309_5803JA20GM_SM
大利根を背景に130kmで飛ぶファルケ

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ