空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2015年06月

月とドリームライナー

月と飛行機のからみです。
今年3月にLAXのレンタカーの営業所で撮影しました。
画面の右側に行けば月と重なるのでしょうが車道なので
この位置でガマン・・・。


20150324DSC_2683UAB787と月SM
UAのドリームライナー。なぜかこの後10分着陸なし



 

ほっとする夕空模様

ときどき仕事がひと段落するタイミングと良い空模様の
タイミングがあいます。ちょっと屋上に出て深呼吸をして
また仕事に戻ります。

20150629DSCN2306月と飛行機SM
どこへ行く飛行機でしょうか

20150629DSCN2307空SM
青から赤へのグラデーション

セスナ172Nで富山から明野へ -その2-

RJAF-明野      1153+1335 (1+42)   C172N

一休みしたいところですが給油をして、着陸料の支払い、
フライトプランのファイルなどを手分けして行い30分そこ
そこで離陸します。着陸前の雲の観察結果から、蓼科山
の北側、軽井沢を通るコースは雲が多く高いので、諏訪
湖へ抜けて高度と雲の状況から甲府経由にするか直行
気味のコースにするかを決めることにします。

念のため気象台に寄ります。ブリーフィングを受けたこと
を記入する台帳の前行には5/30に来た自分のサインが
残っています。その間誰もブリーフィングを受けていない
のでしょうか。

最近、ほとんどの情報は携帯で取れる上、気象台職員は
予報のコメントをしないこと、コメントが欲しい場合は自分
で東京の気象台の予報課に電話すること、とあります。
専門家のコメントがすぐ得られないのなら立ち寄る意味も
それほどなさそうです。なんでも「下手にコメントしてしまうと
問題ですから」だそうです。恐るべき公務員気質・・・。

結果的には茅野の辺りで雨がぱらついたのと八ヶ岳に大き
な積乱雲があったので甲府盆地まで行き、横田・入間基地
の北側を通り明野へ抜けました。高度は9,500ftが基本で一
時的に10,500ftへ上げました。追風が15KTくらいありました。
関東平野は雲底が3,500ft、雲頂5,000ftくらいでした。

明野では最後にハプニング。地上風は南寄りなのでR/W34
を使いたいところ、滑走路の中心にパイパーアーチャーが
放置されています。上空を数回旋回し、ローパスして確認
してみると無人です。恐る恐る追風を承知で逆進入。少し
接地点が伸びて着陸しました。172Nのフライトマニュアルに
よるとフラップ40度、乾燥した芝地では45%、追風は2KTごと
に10%着陸距離が伸びるとあります。野焼きの煙から5~10
KTくらいに見えるので最大で2倍くらいになります。

飛行距離144.1NM平均時速約90KTでした。

着陸後しばらくして松本のMETARを見ると14:44では雨に
なっています。早目に行動して正解でした。


20150620DSCN2271松本給油SM
松本で給油

20150620P6204971松本→明野SM
諏訪湖の辺りから雲間を上昇していきます

20150620P6204974松本→明野SM
オントップ。関東平野は雲頂5,000ft程度

20150620DSCN2275入間基地SM
雲間に入間基地を発見

20150620DSCN2278桶川SM
本田エアポートも発見

20150620DSCN2283明野SM
明野着陸後。なんでこんなところに機体を放置!?


METAR RJAF 200544Z 34009KT 9999 VCSH FEW030 
FEW035CB SCT040 BKN080 24/14 Q1008 RMK 1CU030 
1CB035 4CU040 5AC080 A2977 CB 15KM S-SW MOV E=

METAR RJAF 200600Z 35009KT 9999 TS VCSH FEW025 
FEW035CB SCT040 BKN080 23/14 Q1008 RMK 1CU025 
1CB035 4CU040 5AC080 A2977 FBL TS 5KM S MOV=E

METAR RJAF 200720Z 23004KT 180V290 9999 VCSH FEW007 
SCT030 FEW030CB BKN070 20/17 Q1009 RMK 1ST007 
3CU030 1CB030 6AC070 A2980 CB 20KM E-SR MOV E=

METAR RJTJ 200203Z 15003KT 110V270 9999 FEW025
BKN030 24/15 Q1008 RMK 1CU025 5CU030 A2979=

METAR RJTY 200158Z AUTO VRB04KT 10SM FEW037 24/13
A2984 RMK A02 SLP104 T02410134 

METAR RJAA 200230Z VRB 04KT 40KM SCT035CU SCT///
23/14 Q1008/A2979=

METAR RJAH 200200Z VRB03KT 9999 FEW030 24/13 Q1008
RMK 2CU030 A2977=

METAR RJSN 200500Z 28011KT 9999 FEW020 FEW030CB 
SCT120 24/18 Q1007 RMK 1CU020 1CB030 3AC120 
A2974 CB 30KM SE MOV E=

METAR RJSN 200800 35005KT 9999 FEW020 BKN/// 22/19 
Q1007 RMK 1CU020 A2976= 

METAR RJSF 200800Z 22007KT 9999 VCSH FEW020 BKN040 
BKN120 22/16 Q1008 RMK 1CU020 5CU040 7AC120 A2979=

セスナ172Nで富山から明野へ -その1-

RJNT-RJAF      0957+1117 (1+20)   C172N

先々週に引き続き飛んできました。
機体が新潟から富山へ移動しているので富山から出発
します。途中で給油が必要で松本経由か新潟経由の2
通りが考えられます。新潟経由というと距離が長く感じ
ますが、富山から松本は直行では飛べず、糸魚川経由
になるのでイメージ程遠回りではありません。

天気予報を見ていると、新潟で給油、猪苗代湖から福島
に出て関東へ戻るのが良さそうでした。
山岳地帯を飛ぶ
距離
が短く地形が低く3,500ftあれば関東へ戻れます。

当日の朝改めて確認すると
ピンポイント予報では曇り
がちで白馬は12時、佐久は15時、軽井沢は15時から雨
の予報でした。
松本経由でも 午前中に飛びきればなん
とかなりそうです、ということで 富山駅に集合後はタクシ
ーで空港へ行き、時間を短縮して離陸。滑走路も時間短
縮のためR/W02から離陸します。もっとゆっくりしたい気
を抑え昼食は機内に押し寿司のおにぎりを持ち込みます。

富山-松本はもちろんダイレクトでは飛べません。天気が
良ければ糸魚川経由で飛んでいきます。今日は遠回りで
地形が低く、谷も広い上越市から長野市を経由して松本
盆地に入るコースを取りました。案の定、糸魚川ルートは
雲の上は高度が高すぎ、下は暗い感じで飛びたくない状
況でした。松本は晴れているので雲の上にさえ出られれ
ば安心です。

糸魚川、直江津をうっすら雲間に確認しながら高度を上
げて最低限コース上の山は越えるようにして巡航高度は
9,500ft。日本アルプスも妙高山も高い積乱雲の下です。
積乱雲から流れてくるのかフロントウインドウに時々雨滴
がつきます。日本アルプスの方の積乱雲は15,000ftはあ
りそうな高い雲です。

長野市あたりから雲に切れ間が見え始め千曲付近から
降下開始。松本離陸後のことを意識して松本から東側の
雲も忘れずに観察しておきます。霧ヶ峰は完全に雲の下、
諏訪湖の方は青空が見えました。

松本空港までの20マイル弱で約7,000ft高度を処理してや
や追風のR/W36へ着陸しました。 

直行だと46NMのところ、120.5NMを実飛行時間1:10、平均
時速約115KTで追風を効率よく利用できました。

20150620GPV1300DSCN2260SM
GPVの画面。13:00に糸魚川から抜けるのは厳しそう

20150620GPV1400DSCN2260SM
14:00。新潟の山に少雨。でも晴れ間を伝っていけそう

20150620DSCN2267JA821富山SM
富山の雲は多め。手際よく準備をして富山を離陸します

20150620P6204968_9500ft富山→松本SM
9,500ft。右側は妙高山の上の入道雲

20150620DSCN2268富山→松本SM
少しづつ雲が切れてきます

20150620DSCN2270松本SM
松本空港へは写真と反対側のR/W36から着陸


TAF RJSF 191709Z 1918/2024 36005KT 8000 FEW010
BKN030 TEMPO 1918/1923 3000BR FEW002 BKN005
BKN020 BECMG 1922/1924 22005KT TEMPO 2006/2009
4000 SHRA BR TEMPO 2018/2024 2000 -SHRA BR
FEW002 BKN005 BKN020=

TAF RJAH 191706Z 1918/2024 05006KT 9999 FEW010
SCT020 TEMPO 1919/1921 FEW005 BKN008 BECMG
72003/2005 13008KT BECMG 2015/2018 05004KT
TEMPO 2021/2024 4000 -SHRA BR FEW003 BKN005=

TAF  RJSN 191705Z 1918/2024 18006KT 9999 FEW030
BECMG 2001/2003 33008KT BECMG 2009/2012 
18004KT TEMPO 2018/2024 4000 SHRA BR FEW005
BKN008=

TAF RJNT 191705Z 1918/2024 18004KT 8000 FEW020
BKN030 TEMPO 1918/1921 4000BR FEW005 BKN008
BECMG 2000/2002 31010KT BECMG 2012/2015 24004KT
TEMPO 2015/2024 2000 SHRA BR FEW005 BKN008=

METAR RJAF 200000Z 35003KT 260V050 9999 FEW014
SCT/// 20/13 Q1009 RMK 2CU015A2982=

METAR RJAF  200200Z VRB05KT 40KM SCT CU SCT///
23/15 Q1009/A2980

METAR RJAF 200544Z 34009KT 9999 VCSH FEW030
FEW035CB SCT040 BKN080 24/14 Q1008 RMK 1CU030
1CB035 4CU040 5AC080 A2977 CB 15KM S-SW MOV E=

METAR RJAF 200600Z 35009KT 9999 TS VCSH FEW025
FEW035CB SCT040 BKN080 23/14 Q1008 RMK 1CU025
1CB035 4CU040 5AC080 A2977 FBL TS 5KM S MOV=E

METAR 200720Z 23004KT 180V290 9999 VCSH FEW007
SCT030 FEW030CB BKN070 20/17 Q1009 RMK 1ST007
3CU030 1CB030 6AC070 A2980 CB 20KM E-SR MOV E=

METAR RJSN 200500Z 28011KT 9999 FEW020 FEW030CB
SCT120 24/18 Q1007 RMK 1CU020 1CB030 3AC120
A2974 CB 30KM SE MOV E=

METAR RJSF 200800Z 22007KT 9999 VCSH FEW020 BKN040
BKN120 22/16 Q1008 RMK 1CU020 5CU040 7AC120 A2979=

METAR RJSN 20080035005KT 9999 FEW020 BKN/// 22/19
Q1007 RMK 1CU020
A2976=



 

大阪へ

親族の結婚式のため大阪へ行ってきました。

20150612DSC_3464新幹線sm
名古屋より西へ行くのは久しぶりかも

山手線の新型車両

仕事で出張したときに見ました。
正面の微妙なグラデーションはどういう考えなのでしょう。

それよりもジャカルタに譲渡されれた車両よりも古い武蔵野
線の車両を新しくしてほしいです。

20150609山手線新型DSCN2235SM
車内には多数の装置が積まれていました

 

セスナ172Nで佐渡経由で新潟へ

RJNA-RJAF   1250-1415 (1+25)   C172N
RJAF-RJSD    1455+1610 (1+15)   C172N
RJSD-RJSN      1645+1710 (0+25)   C172N
RJSN LCL         1735+1753 (0+18)   C172N

先週に引き続きYさんのセスナを飛ばします。
今回はSさんのリハビリフライトも兼ねています。
松本、富山、佐渡、新潟を考えていたところ、
ソーラーインパルスの格納庫で思ったより時間を使
ったことで佐渡の運用時間を考えて、松本、佐渡、
新潟としました。

名古屋から松本は直行だと73NMです。

11時のアメダス日照では岐阜と長野の県境は30分
の日照があるようで晴れ間はありそうです。松本
も晴れ間があるようなので、雲上に出られるようで
あれば上昇してしまうのがストレスが少なそうです。

とはいえ下からも行ける選択肢を残すため、恵那から
駒ケ根の谷間の地形が低いところを狙います。

名古屋離陸後、瑞浪と恵那の中間地点でブルーホー
ルがあったので旋回して雲の上に出ます。このブルー
ホールはどうしてできているのかわかりませんが沈下
帯が多く苦労しました。最終的に9,500ftでオントップと
なり、雲上飛行を楽しみます。

辰野を過ぎたあたりで雲が薄くなってきて、諏訪湖も見
えるのでまっすぐ降下して松本のR/W18に着陸しました。
松本は夕方雨の予報なのと全国的にも天気
下り坂で
空気がしめっていて雲が多い条件でした。


松本では給油をして佐渡に向かいます。
AVGASがなんと220円/リットルでした。静岡は400円台
なのに破格です。長野市、上越市を経由し5,500ftで巡航。
佐渡の滑走路はR/W10で、下り坂なのとほぼ真横の風
が10KTあり気を付けます。フレアーを少な目にして下り
坂で逃げていく滑走路にちゃんと着陸するようにします。

佐渡は空港に何もないので小休止にとどめて離陸。
新潟は久々なので佐渡離陸直後から新潟レーダーに見
てもらいます。ATISではR/W04と28が指示されてるところ
管制官が気を使ってくれたのかR/W10にストレートインで
きました。ここでも真横の風10KTでした。

ローカルフライトを1回してすべてのフライトが終わりました。
Yさんいつもいつもありがとうございます。

20150507DSC_33891長野滑空場SM
長野滑空場。7,000ftくらいまで上がっていたようです

20150507P6074962上越市SM
上越市上空から日本海に出ます

20150607DSC_3408佐渡ファイナルSM
佐渡のR/W10への最終旋回

20150507DSC_3413佐渡空港SM
佐渡空港

20150507P6074965新潟ファイナルSM
佐渡から新潟はほぼダイレクトコース。2,500ftを巡航

20150507DSC_3452新潟空港SM
新潟空港に到着

TAF RJSN 061705Z 0618/0724 16004KT 9999 FEW030
BECMG 0623/0701 36012KT BECMG 0709/0712 17004KT=

TAF RJNT 061706Z 0618/0724 19004KT 9999 FEW030
BECMG 0621/0623 35010KT BECMG 0712/0715 20004KT=

TAF AMD RJGG 061940Z 0619/0724 14005KT 9999
FEW020 BKN030 BECMG 0702/0704 16018KT BECMG
0715/0718 10010KT=

METAR RJAF 070000Z VRB03KT 9999 FEW020 15/09
Q1020 RMK 1CU020 A3012=

METAR RJAF 070400Z 12006KT 040V190 9999 FEW050
BKN/// 24/10 Q1016 RMK 2CU050 A3003=

METAR RJAF 070500Z 14006KT 050V180 9999 FEW050
SCT070 BKN/// 25/09 Q1016 RMK 1CU050 3AC070 A3002=

METAR RJSN 070500Z 01010KT 9999 FEW030 21/13 Q1017
RMK 1CU030 A3005=

METAR RJSN 070700Z 02010KT 9999 FEW030 BKN///
20/13 Q1017 RMK 1CU030 A3004=

METAR RJSN 070800Z 02009KT 9999 FEW030 BKN///
20/11 Q1017 RMK 1CU030 A3004=


 

ソーラー・インパルス(Solar Impulse)

先週に引き続きYさんのセスナのお供で名古屋へ。

ソーラー・インパルス(Solar Impulse)が来日していて
見られるかなと思っていたら格納庫で覆われてしまった、
ということで残念。。。。。と思っていたら格納庫に入れて
もらえました!

小牧のスポッターMさんと2人で駐機場に向かって歩い
ていると彼が某使用事業のヘリパイロットは入れてもら
えたそうですよと言ったので、試しに聞いてみようか?
となりました。

ちょうど格納庫からスタッフが出てきたので、話しかけて
みると、あっちとスマホをいじっているスタッフを指さされ
ました。彼に話しかけると、英語わかるか?というので、
Yes、というと、向こうにいるブロンド(の髪の女性)に聞
いてみて、と言われました。

ドキドキしつつ、女性スタッフに話かけると、Welcome!と
いうことで入れて、意外とあっけなく入れてもらえました。
先にプリフライトに向かったYさんに急いでメールをすると、
スカイシャフトにいたOさんTさんなど4名を連れてきました。
結局総勢9人で見せてもらいました。

自己紹介代わりに空撮空の公差を渡して雑談をすると、
彼女も飛行機のライセンスを持っているということで、
修理にはあと一週間かかるし、フライトの有無は天候次
第で時間があれば日本のパイロットと交流したいそうです。

しかしこのプロジェクト、スイス連邦工科大学ローザンヌ校
が中心となっているようですが、スイスのような小国(といっ
たら失礼ですね)が大学でスケールが大きなことをしている
のを見ると日本でもまだまだやれることがあると思います。

20150507DSC_3341ソーラーインパルス格納庫SM
移動式の格納庫。この後まさか中に入れるとは!

20150507DSC_3364ソーラーインパルスSM
操縦席部分を取り外して作業中。操縦室は与圧式です

20150507DSC_3353ソーラーインパルスSM
さすがに翼が長いです

20150507P6074957ソーラーインパルスSM
魚眼レンズでも撮りました

 

上海から帰国しました

6/2は仕事を終えて上海へ移動です。
6/3は帰国するだけなので精神的にはずいぶん楽で久々に
しっかりと睡眠が取れました。

ホテルの予約が朝食無しだったのでレストランに行くと、
なんと140元(約3000円)といわれショック。
隣接したローソンへ行って、値札がついていない日清カップ
麺を購入。この価格にレジでびっくり。 37.3元(約750円)!
中国製も6~8元くらいなので約150円。
すでに全体的に日本より物価が高い印象です。 

何気なく外を見ると交通事故がありました。
現場の横で事情聴取していますが片づけるわけでもなく、
みんな何事もなく避けて通過していきます。

浦東空港へは中国は初めてという同行者のためにリニアを
使います。最高速度が300km/hへ下がっています。調べて
みると430kmは限られた時間帯だけのようです。

そしてまたもや遅延です。
深セン発、上海経由、成田行きなのですが、まだ深センを
離陸していないし、離陸時刻もわからないということでした。

12:30にカウンターへ来いと言われ行くと13:00だと言われ
ますがチェックインしてラウンジに入れさせてくれと強めに
言ったらチェックインできました。同じ列に並んでいた外人
もなら自分も!ということでチェックインしていました。

搭乗してまたびっくり。割と高齢の中国人団体客ばかりで
騒がしいのなんの。3列くらい離れていても大声で話すし
人の席まではみ出てくるので注意しても、しばらくすると
またはみ出てくる始末。

中国の若い人たちは少しづつマナーが身についていると
感じますが、高齢者は昔ながら、ということなのでしょう。

今回の出張は飛行機の遅延でジリジリしてばかりでした。

20150603DSCN2205カップ麺37元SM
これで約900円です

20150603DSCN2207事故SM
普通の信号待ち風景に見えますが…バイクが転倒

20150603DSCN2208事故SM
何事もないかのように避けて通過…自転車と徒歩の人も!

20150603DSCN2210リニアSM
今回3度目のリニア

20150603DSCN2214遅延SM
また遅延かぁ…

20150603DSCN2217エアチャイナSM
やっと搭乗できそうです 

武漢から蘇州へ

仕事を終え武漢から上海虹橋へ飛び、新幹線で蘇州へ。
虹橋でスムースに新幹線に乗り換えられるかが気になる
ところ。しかし武漢からの飛行機が2時間以上遅れました。

虹橋発21:36が最終列車です。
乗れなかったらタクシーで2時間か…などど思案します。
前回は新幹線が混んでおり切符を買った時刻から1時間
半後の切符しか買えなかったのでかなり心配です。

結局、8時前に着陸、速足で移動すると行列も短めで
20:33発の切符を購入できました。

静かな環境欲しさに1等車にしたのに子連れ客がコーラを
吹いてシートを汚したり賑やかな車内でした。ホテルには
10時少し前にチェックイン。

機内食がそのまま夕食となりました。

20150601DSCN2169武漢空港SM
武漢空港のレストラン。ソファーには鳥の糞が…

20150601DSCN2183武漢空港SM
MU2505便に乗ります

20150601DSCN2184武漢空港SM
17:40頃に乗る機体がようやく到着しました

20150601DSCN2190機内食SM
本来の機内食は下の箱だけ。上は遅れたので出たそう

20150601DSCN2191CRH新幹線SM
これもパクリ(もしくはライセンス製造)・・・


 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ