空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2016年05月

米国出張

4月、5月は出張無しで逃げ切れる!などと考えていたら
そんな平穏に過ごせるわけもなく出張になりました。

20160530DSCN4722SM
サンノゼ着。成田は出発時は雨でこちらは快晴

鋭意編集中

3回分の空撮写真を編集中です。
窓の色の取り去り方に苦戦中ですが少しずつ目途が
ついてきました。出来上がり次第、空撮パイロットの
方々にお送りします。

20160529空撮画像一覧SM
これくらいかなぁ・・・・・


 

ビーチクラフトボナンザ(JA3446&JA3447)の空撮

桶川LCL         1040+1220 (1+40)   M20K
桶川LCL         1327+1402 (0+35)   BE33

4月3日の記事で航大カラーのE33(JA3447)の空撮
をしましたが今回、航大カラーのJA3446オーナーR
さんにご協力をいただいて編隊空撮をすることがで
きました。

機体を見比べるとプロペラだけではなく、主翼の色、
衝突防止灯、インテークの大きさなど純粋な航大仕様
のJA3446と修理改造がされているJA3447の細かい
差異がわかってきました。

主翼が白色と赤色では写真映りもかなり違うことが編隊
空撮でわかりました。ガタガタ揺れるし、ヘイズ層を抜け
られるかと思い8,500ftまで上昇したもののスッキリせず
しかも気流が悪く7割くらいの写真はブレていました。
しかも撮影しつつ久々に少し酔いました。

Rオーナー、Iオーナー、カメラシップのSオーナー、皆様
ありがとうございました。また地上から見守って(!?)頂い
たKオーナーもありがとうございました。

2フライト目はE33に乗り換えて特定操縦技能審査をし
ました。超ベテランのNさんは安定したフライトで合格
です。おつかれさまでした。

近日中にJA3447は塗り替え作業に入るそうなので、こ
れで見納めです。新塗装もぜひ撮影したいです。
 
20160522DSC_8524SM
3機連続で離陸。航大時代もこんな感じでしょうか

20160522DSC_8557SM
1機の写真をコピーしたみたいな構図です

20160522DSC_8581SM
大磯から小田原あたりの海岸線を背景にフライト

20160522DSC_8702SM
背景としては微妙になってしまいましたが富士山

20160522DSC_8795SM
西斜面に回ると新緑が増えていました

Z VBR RJTJ  220700Z VRB01KT 9999 FEW030
29/07 Q1014 RMK 1CU030 A2996= 

スヌーピー号と遭遇

平日、昼休み時間に外出をしていたらスヌーピー号に
遭遇しました。
のんびりとエンジン音を響かせながら飛んでいます。

20160518DSCN4683スヌーピー号SM
これが仕事ってうらやましい



 

セスナ172で福島へ

明野 → 桶川  1115-1140(0+25)   C172N
桶川 → RJSF 1235-1410(1+35)   C172N
RJSF → 明野 1455-1550(0+55)   C172N
 
耐空検査期限が迫ったセスナ172でSさんの練習飛行と
耐空検査前のYさんの最後の飛行を楽しんできました。
風も弱く絶好の飛行日和です。桶川で給油し福島へ飛び
最後はオーナーYさんの明野着陸で終了しました。

20160515DSCN4662明野SM
Rans S6と並んで飛行準備をします

20160515P1015105福島空港進入SM
福島空港R/W01へ進入

20160515P1015120明野進入SM
明野R/W16へ進入


RJAA 150600Z 08008KT 030V120 9999
FEW020 BKN025 18/12 Q1020 NOSIG RMK
1CU020 6CU025 A3012
RJSF 150600Z VRB03KT 9999 FEW040 BKN///
22/10 Q1018
RJSF 150500Z 24004KT 150V280 9999
FEW030 BKN/// 21/09 Q1019 

ターボムーニーの空撮とエアロスバルとボナンザの編隊を空撮

桶川 → 龍ヶ崎 1400-1433(0+33)   BE33
龍ヶ崎 → 桶川 1555-1635(0+40)   M20K 

空撮をしてきました。当初は桶川にいる航大カラーの
E33の2機編隊を撮影する予定でしたが、変更があり
大利根で足止めをくっていたエアロスバルを引き取り
にいくミッションにからめ、E33との組み合わせになり
ました。

桶川はほぼ無風ですが大利根は風が強く、飛んでいる
機体がいないようなのでしばし地上待機します。午後
になって風が正対気味になって少し弱まってきたので
離陸。龍ヶ崎は少し左から10ノットほど。

龍ヶ崎までの往路は4/9に撮影したターボムーニーを
再び撮影させてもらい、復
路は大利根から離陸した
エアロスバルと守谷SA上空で集合し撮影をしました。
大気があまりクリアーでなくしろっぽい条件でした。 
3機とも性能が異なるので集合時の速度に悩むところ
ですがパイロットの腕が良く90~100KTで並びました。 

メンバーは僕以外はみんな機体のオーナーでそうそう
たるメンバーで、他にもボナンザとソカタ2機のオーナー
のSさんご夫婦に久しぶりにお会いすることができました。
普段は北九州に定置していて、今は桶川にいるSさんの
A36ボナンザも撮影したいです。

Iさん、Kさん、Sさん、皆様貴重な機会を頂きありがとう
ございました。

20160514DSC_8260SM
野田付近。画面右下にイベント中の飛行船が見えます

20160514DSC_8469SM
空はもやもやです。集合時も見つけにくかったです

20160514DSC_8480SM
旋回してコントラストが高い方角を探しました 

RJAA 140500Z 05011KT 9999 FEW030 BKN///
19/11 Q1023 WS R34R NOSIG RMK 1CU030 A3023
RJAA 140430Z 05013KT 020V080 9999 FEW030
BKN/// 20/13 Q1023 WS R34R TEMPO 05016G26KT
RJAA 140400Z 06014KT 9999 FEW030 BKN///
20/13 Q1023 WS R34R BECMG 05016KT
TEMPO 05018G28KT
RJAA 140330Z 04016KT 9999 FEW030 BKN///
20/13 Q1023 TEMPO 04019G29KT
RJAA 140300Z 04017KT 9999 FEW020 BKN///
20/13 Q1023 WS R34R TEMPO 04019G29KT
RJAA 140230Z 04016KT 360V070 9999 FEW020
BKN/// 20/13 Q1023 TEMPO 04019G29KT
RJAA 140200Z 05017KT 010V070 9999 FEW020
SCT/// 20/14 Q1023 TEMPO 04019G29KT
RMK 1CU020 A3023
 

夕焼け

日没時刻がどんどん遅くなっています。
昼間は雨混じりで、夕方からは立体感がある雲が
目立ち始めました。
日没近くにはなんとも言えない色合いになりました。

20160511DSCN4646夕焼けSM
18:25。ビルの向こうに日が落ちていきます

20160511DSCN4653夕焼けSM
18:42。日没時刻から数分後です

セスナ172で関東ローカルフライト

明野 → 龍ヶ崎 1200-1225(0+25)   C172N
龍ヶ崎 → 桶川 1300-1340(0+40)   C172N
桶川 → 龍ヶ崎 1435-1535(1+00)   C172N
龍ヶ崎 → 明野 1600-1625(0+25)   C172N
 
先週にSさんの練習フライトで引き続き飛んできました。
水蒸気なのか少しモヤモヤしていますが、視程50km
くらいある感じです。 

龍ヶ崎ではMさん、桶川ではエアロスバルの空撮でお
世話になったSさんに久々にお会いしました。
Kさんのボナンザも龍ヶ崎でローカルフライトをしていま
したがなんと飛行機界でも有名な方をゲストとして乗せ
ていたそうです。なんでも高校の同級生なのだとか・・・。

20160508DSC_8102JA3821明野SM
明野で離陸準備中。アーチャーもそろそろ出発

20160508P5085082JA3821筑波山SM
離陸直後。まず龍ヶ崎へ向け南下します

20160508DSC_8107JX0139RansS6明野SM
明野で飛んでたRans S6

20160508DSC_8133JA101QJA5314バロン本田SM
奥のバロンは鳥取、岡南でも一緒になりました

20160508DSC_8143メットライフ飛行船野田付近SM
こちらもGW前半に引き続き遭遇しました 

セスナ172で1泊2日旅行④

RJNA →  桶川    1255-1505(2+10)  C172N 
桶川 → 明野   1555-1620(0+25)  C172N

無事にSさんとも合流、昼食を取りながら飛行コースを検
討します。
ダイレクトコースで行くということなので、
プランを入
れます。

雲画像は可視、赤外ともに割とクリアーですが、日照を
見ると、ダイレクトコースは曇りと晴れのちょうど境界
にあります。上空は冬型だったこと、北陸以北の日本
海側や日本アルプスの天気が良くないことから、機体
の性能を考えると正攻法の海沿いコースか悩みます。

まぁ、ダメなら遠回りになりますが時間的な余裕も十分あ
るし早めに判断してコースを変えればよいか、としておき
ます。

空港の上空も着陸時は快晴だったのが、離陸するまでの
2時間程の間に高層雲が掛かっていました。

案の定というか、この2時間の変化はそれなりにあり、
瑞浪から恵那の辺りでちょっとダメそうだとわかります。
Sさんは諏訪の方に抜けられないか悩んでいたようです
が、ほぼ満タン、フルシートの余裕がないフラフラの状態
で10,000ftの山を越えるか縫って飛ぶのは止め、浜松基
地の側を通るルートに変更しました。

名古屋からも西風が40ノット以上あって7,500ftで対地速度
は135ノットも出ていました。これにはYさんもビックリ
したようでした。浜松レーダーは呼んでも返答がなく、
静岡、小田原、江の島を経由して桶川へ着陸、給油して
明野へ着陸。

堤防を越え格納庫へ入れる時間を考えても十分日没まで
余裕をもってすべてのフライトを終えることが出来ました。

久々に遠出をして「飛んだ!」という気持ちになりました。
Yさんありがとうございました!

20160501DSC_78871熱海SM
熱海です。もう少ししたら降下を開始します

20160530P5015079相模湾SM
相模湾に入りました。ホッとしますがあと40分

20160501DSC_7909スヌーピー飛行船とスカイツリー東京ドームSM
都内はスヌーピー号が飛んでいました

20160501DSCN4549明野SM
明野に到着。筑波山も良く見えます

20160501DSCN45551関東鉄道SM
タクシーで駅まで行き、関東鉄道で帰りました 

セスナ172で1泊2日旅行③

RJBK →  RJNA(名古屋)     0935-1105(1+30)   C172N
RJNA  LCL                 1115-1140(0+25)   C172N

2日目は名古屋でSさんと合流して明野まで飛びます。
岡南から高松へ行こうという話も昨晩の飲み屋で出ました
がYさんの名古屋のローカルフライトや桶川の後に龍ヶ崎
へ行くオプションも候補に挙がったので直行します。

岡南から名古屋へは大津VOR/DMEがほぼコース上に
あるので楽です。岡南のR/W09を離陸、コースは081°
でほとんど真っすぐです。追い風が期待できるので7,500ft
へ上がると対地速度も125KT!これは早い。40KTも追い風
があるのは上空は冬ということでしょうか。
外気温は5℃
以下でした。
関西TCA119.025、関西DEP(RDR)120.85、
関西TCA121.1、セントレアTCA121.175と次々ハンドオフ
してもらい快適です。

11:30に着けばいいと思っていたら到着11:05。余裕を
もちYさんのローカルフライトをやりSさんと合流できま
した。

こんなに追い風が強いなら高松に寄ってYS-11を見ても良
かったかもしれません。名古屋での給油量は47リットル。
単価322.3円でした。時間当たりの燃料消費は24.5リットル。

ちなみに2013年4月の連休にターボアローで岡南-名古屋
を飛んでいますが1時間20分でした。この時と遜色ない感
じです。

昨年の横田ツアーでも燃費測定していましたが、この機体
は1時間当たり27リットル見込んでおけば大丈夫そうです。

20160501DSCN4516天気予報SM
朝発表の天気予報。経路上は降水確率0%!

20160501DSCN4522名古屋空港SM
ローカルフライトの後は外来機スポットへ移動

20160501DSCN4538名古屋空港SM
外来機スポット。天気が良いので航測機も飛んでいます
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ