空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2017年02月

春の気配

暖かい日は春の気配を感じます。
近所でも梅の花が咲き始めています。

20170226P1015304公園梅SM
先日購入した中国製レンズで撮影 

20170226P1015326公園SM
セスナ172が低空を旋回。けっこう滑ってます

表紙になりました

昨年に続き管制協会発行の「航空管制2017年1月号」
の表紙に
なりました。空撮時の様子も紹介しています。

20170222DSCN6796航空管制表紙SM
こうなることを予測して縦位置も撮影していました

強風のローカルフライト

桶川 LCL 1037-1152(1+15)   PA-28-161

冬山を見ながら松本にでも行こうと思っていました。
飛行場で天気を調べると地上風も強く、熊谷のウインド
プロファイルも高度2000mで40KT以上あります。
さらに松本はノータムで滑走路の状態がpoorとなっていて
10時の段階でも気温がマイナス4℃なのであきらめてロー
カルフライトへ変更しました。

それでも少し山の方へ行ってみよう、と足利の方に行って
みると、けっこうな揺れです。3,000ftで40KT以上吹いてる
し、数回頭を天井にぶつけました。早々に桶川へ戻りタッチ
アンドゴーをします。一番強い時には310度、ガスト31KTで
良い練習になりました。

20170219P1015292JA3829SM
風さえなければ絶好の飛行日和なのです

20170219P1015285JA3829ローカルSM2
3,000ftですでに40KT吹いています

20170219DSC_1560浅間山妙義山遠景SM
利根川と烏川の合流地点。浅間山、妙義山が見えます



 

戻りました

深夜出発、早朝着で羽田に着きました。
復路は少しでも寝ていたいのに早着…。

搭乗してすぐ、耳栓とアイマスクをもらい寝る努力を
します。離陸前に眠り飲み物、食べ物もすべてパス。
こんな深夜なのに律儀に機内放送で機内食のメニュー
説明、そして機内食を出すのか、という感じです。

このB767なんと座面が前にずれるリクライニングの
意味がないタイプの座席です。まだこの座席が存在
したとは、そして夜行便でこんな機材がくるとは…。

努力の甲斐があってか、羽田からそのまま出社し、
大して眠くならず仕事をこなせました。

20170217DSCN6792ANAB767羽田SM
 復路はB767。こんなときに早着・・・

香港経由中国出張

深センへの出張です。
金曜午前に日本にいる必要があり香港経由で行って
きました。1日目は移動、2日目は終日仕事をして
深夜(24:40)出発で羽田着は3日目早朝(05:30)羽田着
というスケジュールです。

 前回の羽田発の出張もそうでしたが、朝の時間帯の
羽田の出国はものすごい行列です。路線の拡張に施設
が追いついていないようです。ようやく出国できたの
が搭乗時刻の10分前。焦りましたが、機体の油圧整
備だとかで出発が遅れて朝食を取る時間が出来ました。

昨年12月に受領した新しい機体(JA890A)で、エコノ
ミーのシートピッチが若干広がっているようでした。
半面、プレミアムエコノミーが一列減っており、定員
を死守する意思を感じます。

20170215DSCN6729B787ANA羽田SM
 B787で整備、といわれるといまだにドキッとします

20170215DSCN6749機窓富士山SM
富士山もクッキリでした

20170215DSCN6769キャセイパシフィックA330SM
 香港着陸前にホールディング。下にはCXのA330

Fujian 35mm f1.7

Cマウントレンズを変換するマウントが届きました。
注文から3週間ほどかかりました。ガタガタすること
もなくカメラボディからの取り外しもスムーズです。
どんな写真が撮れるのか楽しみです。

20170213DSCN6721M43写真SM
Air mailのようですがけっこう待ちました

20170213DSCN6726Fujian写真SM
面白いと思っていましたが微妙・・・・・
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ