空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2018年06月

A36ボナンザで松本へ&E33で桶川へ

桶川 → RJAF  1030-1110 (0+40) BE-A36
RJAF →  桶川    1410-1450 (0+40) BE33

E33ボナンザが松本に置いてあるのでKさんにご協力
頂いて
取りにいってきました。往路はKさんのA36に便乗、
復路はE33でソロフライトです。

往路は8,500ftでオントップ飛行です。Kさんは同高度に
ある雲を楽しみながら避けていました。

E33に乗り換え、問題なくエンジン始動。しかし松本から
のフライトは訳あってローカルになり着陸。
二度目のエンジン始動がホットスタート気味となり、ドキ
ドキしながら操作します。ブスブスボソボソいいながら
どうにか1回でエンジン始動ができました。これで2機で
桶川へ戻れます。

復路は短時間6,500ftにしてから5,500ftに降り、雲の下を
巡航しました。諏訪湖の辺りと荒船山の辺りで降雨が
ありました。往路、復路ともに強めの南風で対地速度は
140-150KTでした。

20180630P1015717JA3576SM
まだモクモク育ってない中を巡航します。涼しい!

20180630DSCN8974松本JA3576+JA3446SM
松本へ到着。さてE33を持って帰れるのでしょうか

20180630P1015724霧ヶ峰遠景SM
主翼の先の辺りに霧ヶ峰が見えます

20180630P1015729JA3446SM
プロペラの少し左に荒船山。蓼科山は雲の中でした

20180630DSC_1684入道雲SM
帰宅後に見た奥多摩方面に出ていた入道雲

RJTY 300556Z AUTO 20013G23KT 10SM CLR 33/22
A3003 RMK AO2 PK WND 19027/18 SLP164 T03270224
10334 20309 57009 FZRANO $
RJTY 300456Z AUTO 20017G23KT 10SM CLR 33/23
A3003 RMK AO2 SLP164 T03340228 FZRANO $
RJTY 300356Z AUTO 19018G25KT 10SM CLR 33/23
A3005 RMK AO2 SLP170 T03300227 FZRANO $
RJTY 300256Z AUTO 19017G22KT 10SM CLR 33/22
A3005 RMK AO2 SLP170 T03270224 58005 FZRANO $
RJTY 300156Z AUTO 18016G18KT 10SM CLR 32/23
A3007 RMK AO2 SLP177 T03190228 FZRANO $
RJTY 300056Z AUTO 18014G18KT 10SM CLR 32/22
A3007 RMK AO2 SLP177 T03170224 FZRANO $

RJAF 290600Z 15014KT 9999 VCSH FEW030 SCT050
BKN/// 25/20 Q1013
RJAF 290500Z 15018KT 9999 VCSH FEW020 SCT050
BKN/// 25/20 Q1012
RJAF 290400Z 16016KT 120V180 9999 VCSH FEW040
SCT050 BKN/// 27/19 Q1012
RJAF 290300Z 16013KT 110V190 9999 FEW040 SCT050
BKN/// 26/20 Q1012
RJAF 290200Z 15013G23KT 110V180 9999 FEW040
SCT060 BKN080 26/19 Q1013
RJAF 290100Z 14011KT 110V180 9999 FEW035 SCT045
BKN080 27/20 Q1012
RJAF 290000Z 14009KT 100V170 9999 VCSH FEW035
BKN050 BKN080 26/20 Q1012

空から見た松尾峡・ほたる童謡公園

RJAF LCL    1245-1305 (0+20) BE33

桶川へ戻る際には、諏訪湖の方へ抜けて高度を取りなが
雲の状態に応じコースを決めるつもりで離陸。
A36が離陸す
るのを5マイル外の岡谷の辺りで待ちますが、
なかなか来な
いのでいったん松本へ戻りました。

待機中にふと思い出し、先日地上から訪問した『松尾峡・
たる童謡公園』上空に行ってみました。地形や水路が
良く分
かります。

20180630DSC_1500辰野_松尾峡・ほたる童謡公園SM
画面右奥が諏訪湖、左が松本盆地です。手前は辰野駅

20180630DSC_1506辰野_松尾峡・ほたる童謡公園SM
『松尾峡・ほたる童謡公園』蛇行する天竜川が良く分かります

四半期末&月末&金曜日

月末最終営業日の金曜日です。
いろいろな締め切りが重なりなかなか仕事が終わりません。
現実逃避に屋上で深呼吸です。


20180629DSCN8971夕空SM
もう少しで良い色になりそうですが仕事に戻ります

20180629DSCN8972東京タワーSM
視程が良いと東京タワーも見えます

彩雲

仕事で割と腹立たしいことがありました。
やるせない気持ちでビルの谷間から見上げると出て
いました。

20180627DSCN8965彩雲SM
まずはクヨクヨしないこと、と自分に言い聞かせます


A36ボナンザで福島へ

桶川 → RJSF  1125-1205 (0+40) BE-A36
RJSF →  桶川    1350-1430 (0+40) BE-A36

KさんとA36で福島へ行ってきました。

午後につれ天気が回復する予報なので飛行場へ向かい
ます。桶川でしばらく天気回復待ちをします。次第に空が
明るくなってきたので機体の準備を始めます。

南は前線の影響で雲が多いので北へ行こうとなりました。

斜め前の駐機スポットのウォーリアⅡも福島へ行くので
昼食をご一緒させてもらいました。ウォーリアのSさんが
このブログを見てくれているのを知りました。ありがとうご
ざいます。

往路は5,500ft、真岡から大子の西辺りで空気がぶつかっ
ているのか
クラウドストリートのような雲があり、数分ガタ
ガタ揺れました。
復路は6,500ftで快適なフライトでした。

桶川へ戻ってからは、急きょSさんのエアロスバルでKさん
のアクロ体験飛行になりました。

Kさん、Sさんありがとうございました。


20180624P1015715福島Ibex待ちSM
福島到着時はIBEX待ちがありました

20180624DSCN8957JA3576+JA3865福島SM
ウォーリアⅡとボナンザ

20180624DSC_1476JA3844SM
Kさんのアクロ体験飛行です


RJTJ 240511Z VRB03KT 9999 FEW030 BKN120 BKN230
27/17 Q1003 RMK1CU030 5AC120 A2964=

RJTY 240456Z AUTO 04005KT 10SM CLR 27/17 A2969
RMK A02SLP052 T02710170 FZRANO=
RJTY 240156Z AUTO 34005KT 10SM FEW110 22/18
A2974 RMK AO2 SLP070 T02180176 FZRANO $
RJTY 240056Z AUTO 01006KT 10SM FEW013 FEW100
FEW160 20/18 A2975 RMK AO2 SLP074 T02040176
FZRANO $
RJTY 240026Z AUTO 01007KT 8SM SCT010 SCT070
20/18 A2975 RMK AO2 SLP074 FZRANO $
RJTY 240011Z AUTO 35006KT 7SM BKN010 20/18 A2975
RMK AO2 SLP074 FZRANO $
RJTY 232356Z AUTO 02007KT 6SM BR SCT010 20/18
A2974 RMK AO2 RAB06E51DZB51E53 SLP071 P0002
60002 70042 T01970182 10197 20171 55003 FZRANO $
RJTY 232347Z AUTO 02007KT 7SM -RA FEW011 19/18
A2974 RMK AO2 RAB06 SLP071 FZRANO $

RJSF 240500Z VRB03KT 9999 FEW050 BKN/// 27/14
Q1004 RMK 1CU050 A2967=

RJSF 240400Z 29005KT 220V350 9999 FEW050 SCT///
27/14 Q1005
RJSF 240300Z VRB04KT 9999 FEW045 SCT/// 26/13
Q1005
RJSF 240200Z VRB02KT 9999 FEW040 BKN/// 25/14
Q1006
RJSF 240100Z VRB03KT 9999 FEW040 SCT120 BKN///
23/14 Q1006
RJSF 240000Z 24003KT 190V300 9999 FEW005 SCT120
BKN/// 21/21 Q1006
RJSF 232300Z 17003KT 130V200 9999 FEW002 BKN120
BKN/// 19/19 Q1007
RJSF 232200Z 17003KT 120V230 9999 BR FEW002
BKN130 BKN/// 17/17 Q1007

無手数料&JR流おもてなし

日曜夜に東北新幹線で停電事故がありました。
仙台以北で発生したので月曜朝の山形新幹線は
大丈夫だろうといつもの列車の指定席券を購入
しました。というか指定席券が購入できて安心
してしまいました。

朝5時のニュースも始発から正常に運転という
ことで出発。ところがとんでもないことになって
いました。

ホームは乗り切れないほどの乗客だし駅員いなく
なっているし、案内放送も諦めたのかありません。
来るのか来ないのかさえ不明。何よりとばっちり
だったのは上越新幹線で運休も遅延も東北新幹線
より大きいようでした。

とんぼ返りで13時には戻っている必要があるので
払い戻しすることにします。

窓口へ行くと長蛇の列。みどりの窓口ならどこで
も払い戻しできると係員に教えてもらったので、
10時少し前に浜松町に着き払い戻そうとするとな
んと大阪の地震の影響でここも長蛇の列…。

僕の少し後ろに成田空港へ向かう外国人が並んで
いました。JR係員に案内され自動券売機を試すも
外国のカードは使用不可。ダメとわかるとなぜか
係員はそのままどこかへ行ってしまいました。

10:33東京駅発のNEXに乗りたいようです。

そわそわしているのが離れていてもわかるので、
『いつ出発しないといけないの?』と聞くと
『right now』というので別の通りすがりの係員に
説明してすぐに窓口で発券してあげて欲しい、
というと、列の前の人達が承諾しないといけない
ので特別扱いはできない、と言われました。

係員が自分でそういう依頼をする気が感じられな
いので僕が列の前の人達にお願いして彼らを一番
前にしてもらいました。前に並んでいた方々が
良い人達で助かりました。

そしてなんとか間に合ったようで良かったです。
アリガトアリガト~といって去っていきました。

僕の払い戻しももめました。
運休が決まってないとか、本部から払い戻しでき
る列車名の通知が来ていないとか一方的に説明さ
れます。こっちは遅れて行っても意味ないのでス
イカで払った差額分も含め粘って払い戻ししても
らいました。

民営化後30年が経ちJR東日本だけでも年間4000
億円以上の営業利益が出る独占体質でお役所に戻
ったのか、今回に限らず職員は上から目線で、困
っている外国人にも堂々と日本語で接する体質は
お見事だと関心しました。うらやましいです。

羽田の最寄り駅の浜松町駅でこれでオリンピック
大丈夫?ボランティアを募集するより、鉄道職員
すべてに英語研修を義務化すればいいのでは?と
思って仕事に向かいました。

人身事故で車両が壊れても走ろうとする西の方の
新幹線と鳥1羽で全線大混乱の東の新幹線。真ん中
程度の常識的な対応にはできないのでしょうか。

『レールの先に、あなたがいます』というのがCM
のコピーなので轢かれないよう気を付けます。

そういえば10年ほどまえには、
毎日を繰り返す力、というコピーもありました。
遅延を繰り返すのか…。

自分の仕事は毎日を繰り返していたら、つぶれるな、
毎日を改善する力だよね。

20180611JR遅延画面2SM
JR東日本のHP。なんで上越がダメで北陸は平常??

20180611新幹線遅延2SM
定刻から2時間経過後

20180618DSCN8945払い戻しSM
払い戻しのことを無手数料というらしいです!?

霧ヶ峰滑空場

諏訪から近いので霧ヶ峰滑空場へ。
ASK13が2機、Ka6が1機飛んでいました。

太陽の周りに日暈が出たり消えたりして機影と重なら
ないかジリジリ待っていると2回チャンスが来ました。
黄色いKa6がとてもい感じでした。

グライダーに久しく乗ってませんが乗ってみたくなり
ますね。

20180617DSC_1257霧ヶ峰格納庫SM
格納庫。ファルケはウインチで上がるようです

20180617DSC_1412霧ヶ峰グライダーSM
日暈に閉じ込め?なかなか外に出てくれません

20180617DSC_1317霧ヶ峰グライダーSM
これは日暈のギリギリ外側を旋回。しかも反対側に…

20180617DSC_1414霧ヶ峰グライダーSM
やっと日暈を横切ります。JA2434ありがとう~!

辰野ほたる祭り

諏訪湖のほとりの温泉に1泊2日で行ってきました。
夜は辰野でホタルを見てきました。
ホタルは少な目ということでした。
どうやって撮ればいいかわからないのでMFにして
測距光が出ないようにし、液晶画面を暗くしてみ
ました。三脚が無い中、息を殺して撮影。撮影後に
確認するとなんと途中からVRがOFFになってました。

20180616DSC_1137辰野駅前SM
辰野駅前は相当な人出です

20180616DSC_1150辰野ほたる祭りSM
次第に暗くなってきます。19:30頃

20180616DSC_1224辰野ほたるSM
三脚が無い中20秒…なんとVR OFFになってました

East iがいました

最近、毎週月曜日は朝新幹線で通勤しています。
午後には都内に戻っているのでほぼとんぼ返りです。
帰りに新幹線を待っていると、
『回送列車イーストアイが来ます、ご注意ください』
と放送がありました。
ドクターイエローのJR東日本版ですが普通っぽくて
ドクターイエロー程のオーラは無いですね。

20180604DSCN8933イーストアイSM
しばらく停車したのち発車していきました

20180604DSCN8942イーストアイSM
東京着11時半頃ならドクターイエローがいる時間帯?

ボナンザ2機で新島・大島

(Rev.2)
桶川 → RJAN  0955-1037 (0+42) BE-A36
RJAN →  RJTO  1114-1130 (0+16) E33
RJTO →  桶川    1304-1338 (0+34) 
E33

KさんのA36、RさんのE33の2機、総勢5人で大島、新島
めぐり。
梅雨前の絶好の飛行日和で、相模湾からは富
士山も見えました。

桶川から新島はKさんのA36に便乗させてもらいます。
4,500ftで巡航し同程度の高度にある積雲を縫って飛び
ます。天気がいい中で雲よけして飛ぶのは楽しいです。
もちろん横田アプローチのモニター付きなので安心です。

新島からはE33に乗り換えます。耐検明けで調子も上々、
3,000ftで青い海上を飛び大島へ。大島で昼食をとって
同じく3,000ftで巡航して桶川に戻りました。大島ではA36
の後に離陸し、うっすら見える機影を追いかけますがA36
は横須賀VORTAC経由で飛んでいくようなので、こちらは
ほぼ直行で飛んで桶川ではA36が着陸した直後に場周
経路に入り、ほぼ同じ飛行時間で飛べたようでした。

桶川に戻った後で入間のMETARを見ると気温が30℃
になっていました。

Kさん、Rさんありがとうございました。

20180603DSCN8931JA3446+JA3576_新島SM
新島に着陸した2機のボナンザ

RJTO 030400Z 04010KT 020V080 9999 FEW030 SCT///
24/15 Q1016
RJTO 030300Z 04008KT 360V080 9999 FEW030 SCT///
24/16 Q1016
RJTJ 030500Z 15006KT 090V180 9999 FEW030 30/10
Q1015 RMK 1CU030 A2997=
RJAN 030700Z 08010KT 9999 FEW020 SCTXXX 23/18
Q1015 RMK A2999=
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

soranokousa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ