空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

A36ボナンザ(JA3576)の空撮

桶川 → RJNS 1030-1202 (1+32) BE33
RJNS → 桶川  1405-1500 (0+55) BE33

以前、条件が悪い中で撮影させてもらったKさんのA36を
富士山背景で撮影させてもらいました。
今回のメインの撮影係は僕ではなく、望遠レンズを購入し
やる気満々のKさん(オーナーとは別人)です。

なるべく操縦に徹しますが、やはり撮りたくなり、右席のH
さんに操縦をしてもらい撮影しました。主役ではないので
往復の空撮でも80枚くらいしか撮影していません。
その中から定番写真を掲載します。

協力していただいたA36のKさん、Sさん、右席をやって頂
いたHさん、撮影をしたKさん皆さま有難うございました。


20171203DSC_6956JA3576SM
定番です。左席なので短時間北向きに飛んでもらい撮影

20171203DSC_6989JA3576SM
操縦席越しの窓からも撮影してみました。縦構図でも使えます

20171203DSC_7001JA3576SM
復路に撮影。操縦しているので自分側なのに撮れない…


20171203DSCN8243静岡JA3446JA3576SM
静岡空港で並んだ2機のボナンザ

夜間飛行のチェックアウト

桶川 LCL     1624-1730 (1+06)  BE33

ホンダエアポートは関東で唯一といっていい日本の自家
用小型機がナイトフライトができる設備が整っています。
せっかくホンダエアポートで飛んでいるのでナイトフライトの
チェックアウトを受けてみました。座学を受け、フライトを見
てもらいます。フライトは教官同乗と思っていたら、教官は
アドバイザリーのタワーの中から離着陸を見て判断すると
いうことなので、いきなり一人で飛びます。

座学では実践的なアドバイスをもらい、とてもためになりま
した。その甲斐あって無事チェックアウトできました。

タッチアンドゴーで判断、ということでしたが、一度大宮まで
行って飛行場に戻る練習もさせてもらいました。飛行場灯台
が思ったより見つけにくいので慣れが必要です。


20171202P1015617夜間飛行SM
日没約10分前に離陸。薄暮から目を慣らしていきます

201071202P1015619夜間飛行SM
満月に近い月明りに助けられます

20171202P1015624夜間飛行SM
無事チェックアウト終了!都内の夜景を見てみたい!


零戦ツアーの随伴機に同乗③

龍ヶ崎→ RJNA  1307-1422 (1+27) PA-46-310

富士山背景の空撮ができるかもしれない、ということで再び
随伴機に同乗しました。零戦チームと合流するために4時半
起きで佐貫へ向かいます。
土浦のイベントに出る室谷さんたちも同じホテルに宿泊して
いました。
例により零戦は午後出発なのでそれまでカンパ
活動などを手伝います。

いよいよ零戦のエンジンがかかり出発が1240頃でしょうか。
こちらも零戦が動き始めてエンジンを始動。ところが、室谷
さんたちと出発が重なりバックトラックする滑走路の向きも
あり、かなりの時間ロス、離陸は1308頃でしょうか。すでに
土浦から名古屋に向かっていることがわかり焦ります。
零戦とは30NM離れているようです。

事前打ち合わせでは河口湖側は逆光になるので富士吉田
の辺りから富士山の西側に回り空撮をしよう、ということに
なっていました。

そのうち零戦は13,000ftまで上がり富士山の噴火口が見え
た、寒い!撮影は無し!と無線が入りました。落胆を通り
こしてガックリです。
富士山背景は8,500ftくらいでも十分撮れるのに、15分待っ
てもらえれば追いつくのにと思いながらも、あくまで零戦
中心に動いているので、なくなく名古屋に向かいました。
とても残念です・・・。

名古屋に着陸してもまだガッカリが収まらず、バスも数分差
で乗れず、疲れもありタクシーで名古屋駅へ向かい新幹線
で帰宅しました。

報われないアイドルの追っかけはこんな感じなのかも、と
帰宅してからもなかなか寝付けませんでした。

20171127DSC_6874零戦SM
エンジン始動。はやく車止めを回収したい!

20171127DSC_6933富士山SM
撮影は無し!と言われてガッカリ。でも富士山はきれいでした

20171127DSC_6940彩雲SM
彩雲。見ればいいことあるはずなんですがね・・・


零戦ツアーの随伴機に同乗②

RJAF → RJSS 1140-1252 (1+12) PA-46-310
RJSS → 桶川   1312-1424 (1+12) PA-46-310


2日目は仙台まで随伴し、マリブのみホンダへ戻ります。
松本空港には朝8時半過ぎに着き準備をします。
見学デッキも空港の周囲もものすごい人出です。
朝のニュースでは松本はマイナス5℃ということです。

空撮したいので、出遅れなように準備していると、無慈悲
にも、零戦が出るまでエンジンを掛けないでくれ、という
話になってしまいました。動画を撮る人からの要望のよう
です。

エンジンが温まりやすくなるよう事前に一度エンジンを
回し暖めてから停止、零戦が滑走路に入るころ、こちらも
エンジンを再始動。とはいえ、誘導路のない松本空港では、
ローパスが終わるまでは出られるわけでもなく待機となり、
離陸時もタクシーバックする時間が必要です。こちらの離陸
時には15から20NM離れてしまっていました。

離陸後も速度差が30ノットくらいあるようで零戦からは
『寒いから先に行く』と言われ空撮はおろか視野に入れる
ことさえできませんでした。その精神的ダメージを引きづり
つつ仙台ではトイレ休憩だけで離陸し桶川へ戻りました。

20171122P1015611松本SM
1時間当たり150リットル位消費しています

20171121DSC_6795松本SM
車止めの回収があるので出遅れ必須です

20171122DSC_6800仙台SM
仙台に到着。車止めを入れてトイレに行きすぐ離陸


零式艦上戦闘機22型(A6M3) の空撮

随伴機は零戦のエンジンが始動し、車止めを回収して
からでないと移動できません。八尾の空港は広いので
零戦がタキシングとローパスをしている間に離陸準備
が完了しました。零戦のローパス終了後すぐさま離陸。
すると2-3NMの差で離陸できましたが、少しづつ離さ
れて行きます。『マリブ遅い!』と言われながらも、
近江八幡市付近で零戦が一旋回してくれて、編隊を組
め空撮のチャンスです!

近江八幡から下呂の手前あたりまでの20分程でした。
光は南からなので、左の窓から撮影。与圧機マリブ
の窓は厚く曲面なので斜めに撮影するとボケボケに
なるので構図も限定されます。それでも飛んでいる
零戦を見ることができて感無量です。

背景の山も雪が見えて来てそろそろ日本アルプスが
背景だ!というところで、『先にいくぞ』と言われ
零戦はあっという間に離れていきました。零戦が
いなくても雪山は綺麗でした。

20171121DSC_6476SM
琵琶湖を背景に。向こう岸は高島市でしょうか

20171121DSC_6485SM
R1830装備でカウルフラップも開状態なので太く見えます

20171121DSC_6601SM
下からも撮影できました

20171121DSC_6663SM
操縦席の上やや右は石川県の白山です

20171121DSC_6683SM
零戦は到着時にもデモ飛行をしました

零戦ツアーの随伴機に同乗

桶川 → RJOY 0730-0900 (1+30) PA-46-310
RJOY → RJAF 1208-1320 (1+12) PA-46-310

幸運が重なって零戦ツアーの随伴機のマリブへ同乗
できました。あわよくば空撮できるかも、と期待と緊張
でいっぱいです。

朝4時起きで飛行場へ向かい、桶川から八尾へ向かい
ます。大津まではほぼ直線で飛ぶと向かい風30KTくら
いでした。

八尾では格納庫にいる零戦とご対面。許可を得て操縦
席にも座ることができました。以外としっくりくる大きさ
で前方はもちろん見えませんが、斜め前は横は想像
以上に視界がよいことを知りました。

八尾に早く来てくれということでしたが結局離陸は昼過
ぎでした。

20171121DSC_6366八尾SM
八尾の格納庫に入っていた零戦

20171121DSC_6412SM
フライトプランをファイル。型式はZZZZでA6M3です

20171121DSC_6425SM
エンジン始動。この後マリブは車止めを回収し離陸します

ボナンザで富山へ

桶川 → RJNT 1000-1114 (1+14) BE33
RJNT → 桶川  1345-1445 (1+00) BE33
桶川 LCL     1445-1502 (0+17)  BE33

本格的な冬になるとなかなか行けない日本海側へ
行ってきました。富山地方はところによっては朝まで
雨が残っていたようです。時間が経つにつれて良く
なる予報で行ければ復路の心配はありません。

桶川から高崎、草津白根の上を通り糸魚川経由の
コースのつもりで離陸。熊谷の辺りで東京インフォ
メーションと交信すると加須や前橋の西善場外から
離陸したヘリコプターの交信が聞こえます。
どちらの場外も気になっていたのですが飛んでいる
のを聞いたのは初めてです。

10,500ftで巡航すると向かい風20ノット位で風も安定
していて、アルプス越えもできそうなので、白馬岳と
鹿島槍ヶ岳の間を通り宇奈月温泉の辺りで雲の隙間を
見つけて降下して富山へ着陸しました。

昼食はこれまでと同じ『きときと寿司』へ行きました。

復路は黒部辺りでオントップ、日本アルプスの北端
から回り浅間山火口を一周、軽井沢上空を通り桶川へ。
今度は追い風20ノットで対地速度は160ノット台の後半
です。
桶川ではフルストップをして着陸を2回。設置点を決め
スポットランディングの練習をしました。滑走路中央
標識よりも前に停止できてボナンザにもだいぶ慣れて
きました。

20171112DSCN8163JA39HAと富士山SM
離陸前準備の時の駐機場。風強し。富士山もクッキリ

20171112DSC_6304日本アルプス(鹿島槍ヶ岳と白馬岳の間を抜ける)SM
鹿島槍ヶ岳と白馬岳の間を抜けて日本アルプス越え

20171112DSCN8165富山JA3446SM
富山空港へ到着。ところどころ青空が見えます

20171112DSCN8166きときと寿司SM
『きときと寿司』で回転していない握りを頼みました

20171112P1015594JA3446アルプス越えSM
復路は9,500ft。画面右に日本アプルスの北端が見えます

20171112DSC_6314菅平高原SM
菅平高原。緑と雪のコントラストがきれいです

20171112DSC_6327おもちゃ王国SM
軽井沢おもちゃ王国


TAF RJNT 111705Z 1118/1300 18004KT 9999 FEW020
BKN070 BECMG1123/1201 36006KT BECMG 1209/1212
19004KT=
TAF RJNT 112305Z 1200/1306 36006KT 9999 FEW020
SCT050 BECMG 1209/1211 18004KT BECMG 1300/1303
36006KT=
METAR RJNT 112300Z VRB02KT 9999 FEW005 BKN060
BKN070 08/06 Q1021 RMK 1ST005 5SC060 6AC070 A3015=
METAR RJNT 120000Z VRB02KT 9999 FEW020 BKN060
11/06 Q1021 RMK 1CU020 5SC060 A3015=
METAR TJNT 120600Z 36009KT 330V040 9999 FEW040
13/04 Q1020 RMK 2CU040 A3013=
METAR RJTJ 120000Z 34015KT 9999 FEW030 12/M02
Q1017 RMK 1CU030 A3005=
METAR RJTJ 120300Z 16013KT 9999 FEW030 15/M02
Q1016 RMK 1CU030 A3002 MAX WIND 21KT=
METAR RJTY 120256Z AUTO 07012KT 10SM CLR 15/00
A3006 RMK A02SLP184 T0149003 58003 FZRANO $=
METAR RJTJ 120600Z 35007KT 9999 FEW030 15/M01
Q1017 RMK 1CU030 A3003=

ボナンザで「おいしい山形空港」へ

桶川 → RJSC 1032-1200 (1+28) BE33
RJSC → 桶川  1352-1510 (1+18) BE33

明野のボナンザの空撮が中止になったので山形まで
飛んできました。福島近辺に若干雲があったくらいで
風も弱く安定したフライトを楽しめました。往路は寄り
路したので10分程余計にかかりました。


20171009DSCN8029JA3446山形空港SM
「おいしい山形空港」です

METAR RJTJ 090000Z VRB02KT 9999 FEW030 21/15
Q1024 RMK 1CU030 A3026=
METAR RJSF 090000Z 14003KT 120V180 9999
FEW010 BKN012 18/18 Q1025 RMK 1ST010 6ST012
A3027=
METAR RJSC 090000Z VRB03KT 9999 FEW003
SCT160 BKN/// 17/14 Q1024 RMK 1ST003 3AC160 A3025=
METAR RJSC 090300Z VRB01KT 9999 FEW040
SCT120 BKN/// 22/15 Q1021 RMK 1CU040 3AC120 A3016=
METAR RJTY 090656Z AUTO 19009KT 10SM CLR
23/15 A3016 RMK A02SLP212T02320147 FZRANO $=
METAR RJTJ 090711Z 19007KT 160V220 9999 FEW030
BKN080 BKN250 25/14 Q1019 RMK 1CU030 5QC080
A3010=

JA3823の空撮

(Rev.2)
桶川 LCL 
    1057-1140 (0+43)
   BE33

塗装を変えたJA3823の空撮をしました。
オーナーのKさんから新宿の高層ビル群を背景にして、
前からの構図を依頼されていました。地表を背景に前から、
となると高翼機で撮るのが良さそうです。しかし高翼機の
手配が付かずまずはボナンザから撮ることにしました。
結果は失敗で前からは撮れませんでした。再挑戦します。

201071008DSC_4104-3SM
右席からも撮影してもらいました

20171008DSC_4203SM
一番高層ビルが密集している辺りです

20171008DSC_4304SM
旧本社の新宿スバルビルが見えます

20171008DSC_4291-40SM
都庁を背景に撮影

特定操縦技能審査とA36ボナンザ(JA3576)の空撮

桶川 LCL     1000-1010(0+10)   BE33
桶川 LCL     1210-1242(0+32)   BE33

1フライト目は僕自身の特定操縦技能審査でした。
すでに小雨の気配があるしスカイダイビングの時間が
迫っているので、場周経路を出てすぐ模擬レーダー
誘導してすぐ着陸。なんと実飛行時間が10分に満た
ないフライトでした。

2フライト目は即興で決めたKさんのボナンザの空撮です。
実は、今日のもともとの計画は、別のボナンザオーナーの
Kさんのボナンザを空撮に龍ヶ崎へ行き、審査飛行と空撮
をして帰ってくるというものでした。それを天気が芳しくない
ので桶川での審査のみに変更しました。

それが、飛行前のハンガートークで別のボナンザの空撮
に化けました。時々小雨もあるし、空気もモヤモヤしている
のは残念ですが一応撮れました。

ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

これまた別のKさんの塗り替えたエアロスバルも、最近
Sさんが良く乗っているセスナ172も撮りたいです。

20170916DSCN7945JA3446SM
これは自分で飛ばした機体、E33ボナンザ

20170916DSC_3725JA3576SM
KさんのA36ボナンザ

20170916DSC_3730JA3576SM
今にも降り出しそうでモヤモヤしています

20170916DSC_3820SM

時々雲越しに空に光が見えました

METAR RJTA 152300Z 03009KT 9999 -RA FEW020
SCT035 BKN045 22/14 Q1020 RMK 2CU020 3SC035
5SC045 A3014=
METAR RJTJ 160110Z 36004KT 340V040 9999 -SHRA
FEW020 BKN060 BKN120 20/15 Q1020 RMK 2CU020
6SC060 7AC120 A3013=
METAR RJTY 160107Z AUTO 09004KT 10SM -RA
FEW044 SCT060 BKN100 20/15 A3017 RMK  A02
RAB07 SLP216 FZRANO$=
METAR RJTC 160100Z 02006KT 9999 -RA FEW020
SCT050 BKN120 20/14 Q1021 RMK 1CU020 SSC050
7AC120 A3015=
METAR RJTF 160100Z 36005KT 330V040 9999 FEW020
SCT040 OVC110 21/15 Q1020 RMK 2CU020 3SC040
8AC110 A3013=
METAR RJTA 160100Z 35006KT 9999 -RA FEW020
SCT035 BKN050 21/15 Q1020 RMK 1CU020 3SC035
7AC050 A3014=
METAR RJTT 160100Z 03010KT 9999 -SHRA FEW025
SCT035 BKN100 22/17 Q1019 NOSIG RMK 1CU025
3CU035 6AC100 A3012=
METAR RJTJ 160420Z VRB02KT 9999 FEW025 SCT050
OVC080 20/14 Q1018 RMK 1CU025 3SC050 8AS080 A3008=
METAR RJTY 160356Z AUTO 00000KT 10SM FEW039
BKN075 20/15 A3015 RMK A02 SLP210 T01990149
FZRANO $=
MEETAR RJTJ 160700Z 32004KT 9999 -SHRA FEW015
BKN025 BKN040 20/17 Q1018 RMK 1CU015 5CU025 6SC040
A3007=
METAR RJTY 160656Z 01007KT 10SM -RA FEW029 OVC060
20/16 A3011 RMK A02A DZB07E19RAB47 SLP197 P0000
T01980160 FZRANO $=
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ