空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

2019年飛行はじめと洗機

桶川 LCL     1010-1045 (0+35)  A36TC
桶川 LCL     1130-1220 (0+50)  A36TC

Kさんと1回づつローカルで飛んで飛行はじめと機体洗い
をしてきました。関東平野のみ穏やかで大島も静岡も風
が吹いていました。帰りには温泉に寄って体もスッキリ
しました。

昨年末の飛行でログブックが1冊終わったこともあり
約5年振りにログブックの計算をしたらこの着陸が飛行機
の1400回目でした。グライダー等も入れると1886回です。

20190105DSC_3958お台場全景SM
お台場全景

20190105DSC_3972JA4179洗機後SM
飛んだ後に機体洗い。ワックスがけしてツヤがでました

RJTY 050256Z AUTO 15003KT 10SM CLR 12/M03 A2988
RMK AO2 SLP127 T01161030 57035 FZRANO $
RJTY 050156Z AUTO 00000KT 10SM CLR 11/M03 A2992
RMK AO2 SLP141 T01071034 FZRANO $
RJTY 050056Z AUTO 00000KT 10SM CLR 09/M03 A2996
RMK AO2 SLP155 T00941035 FZRANO $

A36TC(JA4179)とエアロスバル(JA3844)の空撮

往路はエアロスバル、復路はA36TCを撮影しました。

低い太陽のためか空気にいまひとつ透明感はありま
せんが小山や宇都宮からでも浅間山が見えていたの
で視程は100km位あるかもしれません。

20181222DSC_2845-2JA3844SM
時々機体が光ります

20181222DSC_2867-2JA3844SM
かなり遠い浅間山が見えています

20181222DSC_2895_JA3844SM
しっかりした雲底の雲の下を飛びます

20181222DSC_2993_JA4179SM
浜通り側を背景にするといまいちなので反対へ


20181222DSC_3047-2JA4179SM
那須の山には冠雪が見られます

20181222DSC_3052-2JA4179SM
夕刻を感じさせる空気の色です

20181222DSC_3093-2JA4179SM
幻想的なので引いて撮影してみました

A36TCで福島へ

桶川 → RJSF  1000-1040 (0+40) A36TC
RJSF  LCL          1040-1100 (0+20)  A36TC
RJSF →  桶川    1345-1455 (0+45) SUBU

微妙な予報の中、朝起きると青空も見えるので飛行場
行ってから決めよう、となり飛行場へ行きました。

北の方が天気が良くエアロスバルも本田航空の機体も
福島へ行くということです。考えることはだいたい同じで
す。福島では機体に慣れるためにストップアンドゴーを2
回することにします。そしてどうせ同じ場所に行くなら、と
少し並んでもらって即興でエアロスバルを撮らせてもらう
ことにしました。往路はボナンザの左席から、復路はエア
ロスバルの後席を占有して撮影しました。

ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

今回のA36TCの飛行で飛行機のログブックが1冊終わり
ました。初飛行から20年以上かかりました。

20181222DSC_2935JA4179福島自転車SM
空港近くの道の駅までは自転車を使います

20181222DSC_3155JA3844からSM
復路の空撮後。ボナンザはあっという間に小さくなります

20181222DSC_3232乳房雲SM
古河の辺りで見た乳房雲。画面左下は筑波山

20181222DSC_3240ダイビング
スカイダイビングで待機。画面内にパラシュート13個発見

20181222DSC_3248JA55DZ
小雨の中を降下中のジャンプ母機も発見しました


RJSF 220500Z 33006KT 270V020 9999 FEW030 SCT045
12/03 Q1017
RJSF 220400Z 33007KT 9999 FEW030 SCT060 BKN070
12/03 Q1017
RJSF 220300Z 33003KT 250V030 9999 FEW030 BKN060
12/04 Q1018
RJSF 220200Z VRB01KT 9999 FEW030 BKN060 10/04
Q1019
RJSF 220100Z 01009KT 9999 FEW020 BKN060 10/04
Q1020

A36TCで松本から桶川へ

RJAF →  桶川     1425-1509 (0+44)  A36TC

空撮フライト離陸前の話でKさんがターボボナンザで
松本まで迎えに行くから帰りは操縦していきなよ、と言
ってくれたのでお言葉に甘えて桶川へはターボボナン
ザで戻りました。今回でターボボナンザは2回目です。

マリブより少し前に離陸して空対空で飛行状況を確認し
合いながら飛びました。こちらは7,500ftで巡航して少し
抑え気味の24inch/2200rpm/16-17gphで巡航。対地速
度が190ノットもある!と喜んでいたら13,500ftまで上が
ったマリブからは対地速度250ノットと連絡がありました。

ターボ付きで10,000ftでも1,000ft/min以上で上昇できる
のだからあと2分上昇を続けて9,500ftまで上昇した方が
良かったかもしれません。

こういう判断にまだまだターボ付きの飛行機に頭が付い
行っていないと反省します。

桶川では慣れるためにフルストップ後に1回場周経路を
回り桶川での着陸の練習をしました。1回目の着陸は接
地点を意識したらE4誘導路で出られました。
フレア時に
もう少し
ノーズを上げたいと思い2回目は接地姿勢を意
識しました。
まだもう少しノーズを上げられるので練習していきます。

空撮にご協力頂いたSさん、ターボボナンザを操縦する
機会を頂いたKさん、皆様ありがとうございました。

20181208DSCN0088JA4030+JA4179SM
空撮で乗せてもらったマリブ(手前)とターボボナンザ(奥)

TBM700(JA8894)の空撮

(Rev.2)
桶川 → RJAF  1000-1148 (1+48) 
PA-46-310

SさんのTBM700を空撮する機会がありました。撮影機
には同じくらい速い機体がいいのでマリブ位でないと
撮れないかもと言ったらSさんがマリブで飛んでくれる
ことになりました。マリブのキャビンから左右に座り替え
ての撮影なのでいろいろな構図が撮れそうです。

TBMは1泊2日で名古屋、マリブは日帰りで松本に行く際
に撮影をさせてもらいました。どちらも撮影は2次ミッション
で乗客もいるので派手に動かないように注意しました。

2機は普段から並んで飛んでいるので撮りやすかったです。
Sさん、皆様ありがとうございました。

富士山に微妙に雲がかかったり、12月もそろそろ中旬に
なろうというのに雪が少な目。それでも冬型の気圧配置
で50ノットは吹いており、西行きは対地速度70KTで前か
ら撮影するのに光線状態が良い東行きは170ノット台に
なり前に出て占位するのと相まって余計に苦しくシャッタ
ーチャンスが限られました。

20181208DSC_2448MJA8894空撮SM
もう少しで撮影コースに入ります

20181208DSC_2444-2JA8894SM
遠いですが雲で隠れるのが怖いので押さえ写真

20181208DSC_2401MJA8894空撮SM
富士山が背景にないパターンも撮影しておきます

20181208DSC_2351MJA8894空撮SM
まずは難易度が低い後ろから。縦の構図も一通り撮影

20181208DSC_2587MJA8894空撮SM
パターン違いも撮影します

20181208DSC_2702JA8894SM
薄い雲がちらちら富士山に掛かります…

20181208DSC_2651-2MJA8894空撮SM
本命は前から…TBMが予想より大きく反省点が残ります

A36TCで名古屋、大島

桶川 → RJNA  1005-1110 (1+05) A36TC
RJNA →  RJTO  1245-1345 (1+00) A36TC
RJTO
 →  桶川    1450-1530 (0+40) A36TC

KさんのA36TCのフライトにお誘い頂き名古屋から
大島のレグで操縦を教えてもらいました。
ターボが付いたこと、エンジンが大きいのでノーズが
少し重いのが操作上の注意点です。

名古屋まではダイレクトコースで10.500ftで巡航。
1万フィートでも110-120KTで1.000ft/min以上の
上昇率があります。ただし恐ろしく燃費が大きく35gph
以上あります。巡航設定の23inch、2400rpmにすると
15gph、150KTIASになります。ノーズが重いこともあり
とても安定しています。さらにオートパイロット付です。

名古屋ではイベントのため滑走路が閉鎖されて昼食を
取ってから離陸。3,500ftで巡航します。ターボの恩恵
を受けられないのが少し残念ですが14gphで対地速度は
150KT以上は出ています。大島からは3,000ftで桶川に戻
りました。

貴重な機会を頂いたKオーナーありがとうございました。

20181111DSC_2071JA4179SM
今回操縦させてもらったA36TC。310馬力あります

20181111P1015796JA4179SM
8.500ftで以降中。この後10.500ftへ上がりました

20181111DSC_2120名古屋駐機場SM
名古屋の駐機場。元常駐機だけに違和感無し?

20181111DSC_2121名古屋駐機場SM
駐機場その2。話題の痛飛行機がいます

20181111DSC_2091JA3649SM
ペーパークラフト向き?空撮してみたいです

RJTY 110656Z AUTO 18010KT 10SM CLR 17/07 A3012
RMK AO2 SLP203 T01710069 FZRANO $
RJTY 110556Z AUTO 16007KT 10SM FEW055 19/08
A3011 RMK AO2 SLP199 T01860080 10194 20143 57019
FZRANO $
RJTY 110456Z AUTO 15007KT 10SM CLR 19/05 A3012
RMK AO2 SLP202 T01910052 FZRANO $
RJTY 110356Z AUTO 14006KT 10SM CLR 19/05 A3014
RMK AO2 SLP209 T01880049 FZRANO $
RJTY 110256Z AUTO 15003KT 10SM OVC060 18/07
A3017 RMK AO2 SLP219 T01780072 57015 FZRANO $
RJTY 110156Z AUTO 18006KT 10SM OVC065 17/07
A3019 RMK AO2 SLP226 T01670068 FZRANO $
RJTY 110056Z AUTO 19006KT 10SM BKN065 16/07
A3020 RMK AO2 SLP230 T01560074 FZRANO $

RJTO 110700Z VRB02KT 9999 FEW030 19/12 Q1018
RJTO 110600Z 22005KT 200V260 9999 FEW030 20/12
Q1018
RJTO 110500Z 05008KT 9999 FEW030 20/11 Q1018

E33ボナンザで静岡へ

桶川 → RJNS  1035-1140 (1+05) BE33
RJNS →  桶川    1304-1400 (0+56) BE33

E33で一人で静岡往復してきました。
天気も良くて気持ちの良い飛行日和です。

静岡空港の進入は海上のSAGRAからと思っていると
FDA、AIR SEOULが続けて入って来ます。2機の間隔
はだいぶ空いているし、AIR SEOULの5分以上前に
着陸できそうですが、OHCHAでレポートして、と言われた
後、反対側の相良港へ回されAIR SEOULが先に着陸。
飛行時間は1時間5分・・・あと10分で名古屋まで行け
ますね。

新しい横長の区分航空図で関東から名古屋までが1枚
になっている便利なのがありますが、これにはOHCHA
が記載されていません。ちょっと焦りました。

ぽかぽか暖かい空港のデッキからしばし飛行機観察を
していると航空写真家のルーク○ザワさんらしき人がい
ました。帰りがめんどくさくなってきますが先に着陸した
AIR SEOULの離陸を見てから離陸準備をしました。

20181110P1015783往路SM
往路は6.500ftで巡航

20181110DSC_2033芦ノ湖と富士山SM
冠雪は少な目の富士山と芦ノ湖。関東平野側は雲ベッタリ

20181110DSCN9894JA3446静岡SM
静岡空港着

20181110P1015787復路SM
復路は8.500ftで巡航。雲が増えています

20181110DSC_2054座間滑走路SM
座間の滑走路。ジェネアビに開放してくれませんかね…

RJNS 100500Z 25015KT 9999 FEW025 23/09 Q1013
RJNS 100400Z 26011KT 9999 FEW025 24/10 Q1014
RJNS 100300Z 26013KT 9999 FEW020 24/11 Q1015
RJNS 100200Z 25013KT 9999 FEW015 23/14 Q1016

RJTY 100556Z AUTO 05007KT 10SM BKN043 OVC050
21/13 A3004 RMK AO2 SLP174 T02080132 10222 20172
55002 FZRANO $
RJTY 100456Z AUTO 07006KT 10SM FEW041 BKN049
21/13 A3003 RMK AO2 SLP171 T02120131 FZRANO $
RJTY 100356Z AUTO 08010KT 10SM CLR 22/13 A3003
RMK AO2 SLP170 T02220133 FZRANO $
RJTY 100256Z AUTO 05008KT 10SM CLR 22/13 A3005
RMK AO2 SLP177 T02180126 57009 FZRANO $
RJTY 100156Z AUTO 02009KT 10SM CLR 20/13 A3007
RMK AO2 SLP184 T02040131 FZRANO $
RJTY 100056Z AUTO 00000KT 10SM CLR 18/14 A3007
RMK AO2 SLP185 T01820135 FZRANO $


A36ボナンザで八尾へ

桶川 → RJOY  0930-1100 (1+30) BE36
RJOY  LCL  1215-1240 (0+25) A36TC
RJOY →  桶川    1400-1535 (1+35) A36TC

KさんがA36からターボ付きのA36TCに乗り換えるので
機体交換に八尾に行くことになりお誘い頂きました。

往路のA36を操縦させてもらえることになりました。
午前中は天候も良く、日照も割とあるので離陸後は甲府
盆地の南淵をかすめ
セントレア上空をめざします。
離陸前に河口湖の上層風を調べたところ3000m以上では
255度から
22KT、それ以下のデータはなかったので巡航
高度は上昇中の
対地速度を見ながら決めることにしました。

9,000ftくらいに薄い雲の層があって、その下の風が弱い
ように感じたので
巡航高度8,500ftとすると対地速度150-
155KT出ました。


セントレア上空に近づくと鈴鹿の辺りにしっかりした雲の
層があり、降下のタイミングが難しそうだった
ので雲が少
ない大津経由にして八尾には北側から進入しました。

八尾ではセスナ172GのMさん、14年ぶりのMさんにお
会いできたなどハンガートークもできました。Yさんが以前
持っていた名古屋のセスナ172Mも来ていました。

その後、機体を乗り換えてKさんのA36TCの慣熟フライト。
そして天候が下り坂の桶川に向け離陸。ダイレクトでは
帰れないので富士山の南側でなるべくショートカット気味
に飛びます。

AEISにMETARやエコーを教えてもらうと、横田も入間も
まだ天候は良いようで安心しました。エコーは富士山付近
でトップ2万ft以上、それが東西方向に流れているという
ことです。実際に11,500ftで飛んでいても左右に高い雲
があって時々雨粒が飛んできます。

沼津付近から高度を落とし
小田原から桶川に向かうと
桶川の北に降雨帯があって、着陸後10分もしないうちに

桶川も雨になりました。

横から見ているだけでもターボ付のポテンシャルを感じ
ました。
このA36TCには酸素供給装置も装備されている
ので使え
ば雲避けのリスクが減りそうです。こんな機体を
操縦できるようになりたいです。

Kさんお誘い頂きありがとうございました。

20181020P1015755JA3576上昇中SM
上昇中。このあと8,500ftで巡航しました

20181020DSCN9746JA3576富士山SM
富士山も冠雪しています

20181020DSCN9748八尾SM
八尾はところどころ晴れ間があります

20181020DSCN9757JA3576+JA4179SM
手前がA36TC、奥がA36

20181020P1015762JA4179飛行中SM
復路。奈良と三重はところどころ降雨がありました

20181020P1015767JA4179_11500ftSM
どんどん上昇して11,500ftで巡航しました

20181020P1015770JA4179飛行中SM
桶川まであと3NM。降雨帯が見えます

20181020DSC_1977JA3844虹SM
強めの雨に降られました。虹が出そうとおもったら出ました

20181020DSC_1999ホンダエアポート虹SM
二重の立派な虹です


RJOY 200500Z 33013KT 310V010 9999 FEW030 SCT060
21/07 Q1019
RJOY 200400Z 35010KT 310V020 9999 FEW030 SCT050
BKN100 20/08 Q1019
RJOY 200300Z 32009KT 280V360 9999 FEW030 SCT040
BKN150 20/10 Q1019
RJOY 200200Z 32007KT 280V010 9999 FEW025 SCT035
BKN120 18/12 Q1020
RJOY 200100Z 35007KT 310V040 9999 FEW025 SCT040
BKN090 18/12 Q1021
RJOY 200000Z 36005KT 290V050 9999 -SHRA FEW015
SCT040 BKN070 17/13 Q1021
RJOY 192300Z VRB01KT 9999 -SHRA FEW015 SCT030
BKN070 16/12 Q1020


RJTY 200749Z AUTO 04009KT 10SM VCTS FEW050
BKN065 OVC080 17/13 A3006 RMK AO2
RAB25E45DZB45E49 SLP182 FZRANO $
RJTY 200725Z AUTO 03015KT 10SM -RA BKN050
OVC060 19/10 A3005 RMK AO2 RAB25 SLP178 FZRANO $
RJTY 200656Z AUTO 01009KT 10SM FEW049 SCT060
BKN075 19/10 A3004 RMK AO2 SLP175 T01930103
FZRANO $
RJTY 200556Z AUTO 04010KT 10SM CLR 20/10 A3004
RMK AO2 SLP174 T01950099 10208 20165 56012 FZRANO $
RJTY 200456Z AUTO 08007KT 10SM CLR 21/11 A3004
RMK AO2 SLP174 T02080106 FZRANO $
RJTY 200356Z AUTO 05007KT 10SM FEW110 21/10
A3005 RMK AO2 SLP177 T02060101 FZRANO $
RJTY 200256Z AUTO 02010KT 10SM FEW110 20/11
A3007 RMK AO2 SLP184 T02010108 57018 FZRANO $
RJTY 200246Z AUTO 05012KT 10SM CLR 20/11 A3007
RMK AO2 WSHFT 40 SLP184 FZRANO $
RJTY 200156Z AUTO 04014KT 10SM SCT120 20/10
A3009 RMK AO2 SLP191 T01970098 FZRANO $
RJTY 200056Z AUTO 03010KT 10SM FEW110 18/11
A3012 RMK AO2 SLP202 T01830111 FZRANO $


RJGG 200530Z 34023KT 9999 FEW020 SCT130 21/11
Q1016 NOSIG
RJGG 200500Z 34022KT 9999 VCSH FEW020 SCT150
21/11 Q1016 NOSIG
RJGG 200430Z 34022KT 9999 VCSH FEW020 SCT150
22/11 Q1016 NOSIG
RJGG 200400Z 32021KT 9999 FEW020 SCT045 22/12
Q1016 NOSIG
RJGG 200330Z 31018KT 9999 FEW020 SCT045 21/12
Q1016 NOSIG
RJGG 200300Z 29007KT 9999 FEW020 SCT045 21/13
Q1016 BECMG 32020KT
RJGG 200230Z 30007KT 9999 FEW020 SCT130 20/13
Q1017 BECMG 32020KT
RJGG 200200Z 31006KT 9999 FEW020 20/14 Q1017
BECMG 32020KT
RJGG 200130Z 32005KT 9999 FEW020 19/14 Q1018
BECMG 32020KT
RJGG 200100Z 32007KT 9999 FEW020 SCT120 18/13
Q1018 BECMG 32020KT
RJGG 200030Z 33007KT 9999 FEW020 BKN120 17/13
Q1018 NOSIG

松本空港へフライイン中止…

9/23-9/24に松本空港へフライインする予定でした。

やきもきする天気予報で、機体を借りていくし置い
て帰るにせよ大変なので行けるかどうか当日の朝も
まだ悶々としていました。

ホンダでは競技会があって参加機以外は15時以降
にしか離陸できないということなのと9/23より9/24
が悪そうなので、9/23の予報と実際を比べて決める
ことにしました。

全体的に9/23の予報は晴れ、でもすっきりした晴れ
でもないし、雲が多く予報よりもやや悪めという感
じです。24日の予報も雲り気味の晴れから雨まで
様々で悩みます。

最終的には23日が予報より悪めで、気象庁の航空
気象情報と天気図の予報で24日の前線の位置が前日
の予報より近くなっていたので中止にしました。

終わってみると雨雲があっても降雨もなく、雲高も
高いので行けたのかも、でも苦労しただろうなとい
う感じです。

どの予報も当たってないともいえるし当たっている
とも言えますが、これではどの予報を信じればわか
らず安心して飛べないとかえって不安になりました。

厳密に比べたわけではないですが、直感的には
tenki.jpは楽観的、ウエザーニューズが実際より少し
悪め、Windyが少し楽観的、結果としてこの2つの
中間くらいが実態という感じです。気象庁は精神衛生
上見ない方がよかったかもしれません。

行かないと決めたのは9/23 午前10時頃、その後で同じ
く松本に行く予定だったKさんも中止したということ
なので少し気分は楽になりました。

遊びなので無理しないと決めればあとは欝々とする
気分だけ残りますが、仕事だとやりきれないだろうと
過ごした連休でした。当日キャンセルしたホテル代で
勉強ができました。

ペーパークラフトを準備してましたが次回に持ち越し
です。

20180924_1600松本周辺前日1800時予測文字入りSM
9/231800に予報された9/24 1600のSCW、経路上は雨

201809241600SCW当日SM
9/24 1200に予報された9/24のSCW。経路上に雨域なし

20180924_1600windy_SM
9/23 1800頃に見たWindy。経路上に雨域なし

201809241500雨雲の動き関東全域SM
9/24 1500の雨雲レーダー。経路上に雨雲あり

20180924_1600実況雨雲の動き関東SM
9/24 1600の雨雲レーダー。経路上は微妙に改善

201809241600雨雲レーダー関東全域SM
9/24 1600関東全域の雨雲レーダー画面

201809241600雨雲レーダー
経路上を拡大。雨域なし

201809241200実況天気図SM
9/24 1200の実測天気図。前日予報より前線は南下?




A36ボナンザでローカルフライト

桶川 LCL     0957-1032 (0+35)  BE-A36
桶川 LCL     1100-1145 (0+45)  BE-A36

Kさんにお誘いいただいて飛行場に行きました。
伊豆諸島くらいは行けそうかな、でも風が強そうだな、
という条件。なのでローカルで2フライト。
2フライト目はトランスポンダ―のチェックを関宿VOR
/DME付近でやってその後は北関東の滑空場巡りを
しました。ULPの離着陸場も含めるとこんなところにも
あるのか、とKさんは感心していました。

小山の辺りから桶川へ機首を向けると、何やらすごい
煙が見えています。調べてみると朝霞付近の河川敷
の火災でした。

20180908DSC_1875JA3576飛行中火事SM
かなり遠くからも見えます。煙の長さも10kmはある??

20180908DSC_1884JA3576SM
飛行後は水道のあるスポットで洗機しました


RJTY 080256Z AUTO 20016G20KT 10SM FEW055 31/22
A2988 RMK AO2 PK WND 16027/06 SLP113 T03080215
58000 FZRANO $
RJTY 080156Z AUTO 19018G22KT 10SM CLR 31/22
A2988 RMK AO2 SLP113 T03130220 FZRANO $
RJTY 080056Z AUTO 19011G17KT 10SM CLR 31/22
A2988 RMK AO2 SLP113 T03050221 FZRANO $

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

soranokousa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ