空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

マリブとボナンザの空撮(JA3447&JA4010&JA4030)

桶川 LCL 1320-1356(0+36)   BE33

1度目のフライトは離陸後も桶川アドバイザリーを
聞いていたらIさんのE33ボナンザJA3447が来るよ
うです。着陸すると隣のスポットに停まっていて
話を聞くとSさん、Oさんの2機のマリブ、Iさんの
ボナンザを使ってゲストフライトをするようでした。

そこから話が進み空撮しよう、ということになり、
こちらにはNさんが乗ってくれることになりました。
以前から顔見知りではありますが、一緒に飛ぶのは
初めてです。飛行時間2000時間以上、タービン機も
100時間以上経験がある方なので教官同乗のような
ちょっと緊張するフライトです。

ゲストフライトも兼ねているので、あまり激しい動
きはできず、極力水平直線飛行で撮影しました。
成り行きで決めた割には、ベテランの皆様に助けて
いただき短いフライトで3機の撮影ができました。

Iさん、Sさん、Nさん皆様ありがとうございました。

20170514DSC_1892JA3447SM
JA3447。塗装が微妙に変わっています

20170514DSC_1869JA3447SM
ボナンザの色付窓から斜め後ろの撮影は苦しいです

20170514DSC_1910JA4030SM
初空撮のJA4030

20170514DSC_1840JA4030SM
主翼が長いので切ってみました

20170514DSC_1858JA4010SM
OさんのマリブJA4010。これも初空撮です

20170514DSC_1862JA4010SM
スカイツリー入れてみましたが失敗・・・

METAR RJTJ 140100Z 05007KT 9999 FEW015
BKN025 19/13 Q1011 RMK 1CU015 7CU025 A2985=

METAR RJTJ 140600Z 06003KT 010V140 9999
FEW020 BKN040 20/12 Q1010 RMK 1CU020
7SC040 A2984=

久々にボナンザでフライト

桶川 LCL 1150-1253(1+03)   BE33

ボナンザの整備が終わり戻ってきたので飛んで
きました。雲底もあまり高くないのでローカル
フライトで勘を取り戻します。
横風成分も5~10ノットあり練習には程よい条件
でした。半年以上飛んでいないので、どうだろう
か、と思っていましたが穏やかな条件にも恵まれ
違和感なくフライトできました。

20170514P1015383JA3446SM
シーリングは2,000ft強でしょうか。1,500ftで飛行

20170514P1015386JA3446-3447SM
隣にJA3447が並びます

20170514DSC_1786KODIAK_JA11GBSM
KODIACも飛んでいました

セスナ172で1泊2日旅行-二日目-

RJOR → RJOB(岡山)  0953-1052 (0+59)
RJOB → RJOT(高松)  1140-1222 (0+42)
RJOT → RJNA(名古屋) 1335-1523 (1+47)

朝目覚めるとなんと小雨です。
うーん、と思いつつ、天気予報を見ると少し待てば行ける
かも、という感じです。悪いのは鳥取の辺りだけで、兵庫
、大阪は晴れているので、行けない場合は昨日のルート
を戻ることにします。これで気分的にはだいぶ楽です。

9時離陸の予定を遅らせ、天気を調べたり空港の南側の
空を観察していると、倉吉から真庭の辺りの谷を抜けて
いけそうなのでは、と思い10時少し前に離陸。雲の層の間
4,500ftで巡航できて、太平洋側に抜け、割と多めの積雲を
縫って雲の下にでで岡山へ着陸。岡山は晴れで暑いくらい
でした。

岡山から高松は2,000ftで実飛行時間は30分以下です。
春秋航空のA320と八尾のボナンザの後に着陸。
昼食を取り、名古屋へ最後のレグは追い風15KT、7,500ft
で快適に巡航して到着。

昨日も名古屋で会った大利根のウォーリアは入れ替わり
で離陸していきました。

名古屋ではMさんに駅まで送ってもらいました。
立派な社会人になっているのを感じました。

Yさん、Mさん、皆様ありがとうございました。

20170505DSCN7186鳥取JA3748SM
鳥取で飛行前点検中。空模様が気になります

20170505P1015378鳥取⇒岡山SM
湯原湖を過ぎたあたりで晴れ間が出て来て一安心

20170505P1015381岡山着陸前SM
積雲が気持ち良い岡山空港へ進入

20170505DSCN7188岡山JA3748SM
岡山空港へ到着

20170505DSCN7190高松JA3748SM
高松空港へ到着

20170505DSC_1776エアロラボYS-11高松SM
高松といえばこれ①.再飛行を果たしたYS-11がいます

20170505DSCN7194高松空港うどんだし蛇口SM
高松といえばこれ②。うどんだしの蛇口は品切れでした

20170505DSCN7197名古屋空港エプロンSM
快晴の名古屋へ無事到着


セスナ172で1泊2日旅行-一日目-

龍ヶ崎 → RJNA(名古屋) 0946-1148  (2+02)
RJNA → RJOT(但馬)  1320-1506 (1+46)
RJOT → RJOR(鳥取)  1550-1635 (0+45)


Yさんからお誘いを受け1泊2日でクロカンしてきました。
前日に目的地を決めるべくホテルの予約サイトを見ると
めぼしいところは全滅・・・。昨年は岡山でホテルを取れ
たのに、今年はア○ホテルのシングル25,000円などと
いうとんでもない価格しかありません。

鳥取にようやく良心的な価格のホテルを見つけ目的地
を鳥取にしました。

龍ヶ崎ではアーチャーがIFR訓練で新潟に行くというこ
とで、N教官と久しぶりにお会いしました。

名古屋では食堂の食券売り場でなんと、ピッツのOさん
と久しぶりに会い、一緒に昼食を取りました。

天候は問題なく、龍ヶ崎から名古屋へは日本アルプス
越えのダイレクトコースで実飛行時間は1時間45分。
但馬へ行く途中は、天橋立、日本のマチュピチュとも言
われる竹田城を上空から見ました。
天橋立から但馬へ向かう途中に突然決めた割には、
無事に見つけることあできました。

鳥取へは城崎温泉経由で、何のストレスもなく到着。

1000龍ヶ崎離陸、1630鳥取着というスケジュール通りに
フライトを終えました。

20170504DSCN7163龍ヶ崎JA3748SM
今年のスタートは龍ヶ崎飛行場です

20170504DSCN7164名古屋JA3748SM
名古屋。画面右のウォーリアは熊本まで行くそうです

20170504DSC_1773竹田城SM
竹田城跡

20170504DSC_1763竹田城SM
小高い山の上にありました

20170504DSCN7166但馬JA3748SM
但馬で給油します

ローカルフライト1回

桶川 LCL 1055-1107(0+12)   PA-28-161

小型機に乗るのが初めての子供を乗せてゲストフライト。
大丈夫かな?と思って離陸したらすぐ帰りたい、という
ので実飛行時間10分に満たないようなフライトでした。
スカイダイビングの時間と重ならずラッキーでした。

久々にKさんにお会いできて話せたのも良かったです。


20170422DSCN7134タンポポSM
子供は花で遊ぶ方が楽しいですね

METAR RJTJ 220200Z 04007KT 360V070 9999 FEW030
BKN060 BKN230 18/M01 Q1006 RMK 1CU030 5SC060
A2972=

METAR RJTJ 220600Z 22006KT 190V260 9999 -SHRA
FEW020 SCT030 BKN060 16/07 Q1005 RMK 1CU020
4CU040 7SC060 A2971= 

お花見フライト

桶川 LCL 1020-1106(0+46)   PA-28-161
桶川 LCL 1140-1158(0+18)   PA-28-161

都内の桜が咲いてきているようなのでお花見フライトを
しました。開花宣言から10日以上経つのに、空からでは
桜は目立たず単なる都内遊覧飛行になってしまいました。

どうせなら、と普段と違う出発ルートを試してみました。
離陸後入間管制圏を通り国立へ出るルートです。
1,500ftで入間、立川の空域を抜け、国立で変針、中央線
に沿って飛び調布の北側を通ります。無線の切り替えが
忙しいくらいで航法は楽でした。 

桶川着はパラシュートジャンプ開始前にギリギリ滑り込み
ました。ちょっと消化不良で、いったんエンジンを止め、再
度ローカルフライトをしました。

20170402DSCN7036JA3829SM
ウォーリアもだいぶ馴染んできました

20170402DSCN7041KODEAC_JA11GBSM
大量に登録が始まっているQuest Kodiack100(JA11GB)

20170702P1015363桶川菜の花2SM
ホンダエアポートも菜の花が満開

セスナ172でいろいろ

明野 → 桶川  1050-1130 (0+40) C172M
桶川 → 龍ヶ崎 1240-1320 (0+40) C172M
龍ヶ崎 LCL     1340-1420 (0+40) C172M
龍ヶ崎 → 明野 1500-1530 (0+30) C172M
明野 → 龍ヶ崎 1530-1600 (0+30) C172M

復活したYさんのセスナ172の無線検査とSさんの練習飛行
を兼ね明野、桶川、龍ヶ崎と交代で短いレグを飛びました。
半年ぶりくらいにC172を飛ばしました。フワフワした感じが
飛んでる!という感覚で楽しいです。

20170312DSCN6836JA3748SM
今日遊んでもらった機体です

20170312P1015350ホンダSM
今日は桶川に外来機としてフライインします

20170312P1015355明野SM
明野。天気も良く他の機体も飛んでいました


RJAA 120700Z 13011KT 9999 FEW030 09/M02 Q1021
NOSIG RMK 1CU030 A3016
RJAA 120630Z 14013KT 9999 FEW030 10/M02 Q1021
NOSIG RMK 1CU030 A3016
RJAA 120600Z 14011KT 100V170 9999 FEW030 SCT050
10/M02 Q1021 NOSIG RMK 1CU030 3SC050 A3015
RJAA 120545Z 14010KT 9999 FEW030 SCT050 BKN///
11/M01 Q1021 RMK 1CU030 3SC050 A3015
RJAA 120530Z VRB02KT 9999 FEW030 BKN/// 10/M02
Q1021 BECMG 12005KT
RJAA 120500Z 12003KT 060V200 9999 FEW030 BKN///
11/M03 Q1021 NOSIG
RJAA 120430Z VRB03KT 9999 FEW030 BKN/// 10/M03
Q1021 NOSIG
RJAA 120400Z 03004KT 330V110 9999 FEW030 SCT///
10/M04 Q1022 BECMG 12005KT RMK 1CU030 A3018
RJAA 120330Z 09005KT 020V170 9999 FEW030 BKN///
10/M03 Q1022 NOSIG
RJAA 120300Z VRB02KT 9999 FEW030 SCT045 BKN///
09/M02 Q1023 BECMG 12005KT
RJAA 120230Z 10003KT 020V190 9999 FEW030 BKN///
09/M03 Q1023 NOSIG
RJAA 120200Z 25003KT 200V320 9999 FEW030 BKN///
09/M03 Q1023 NOSIG RMK 1CU030 A3022

浅間山経由で松本へ

桶川 → RJAF 1020-1146 (1+26) PA-28-161
RJAF → 桶川  1330-1419 (0+49) PA-28-161

前回とは違って風も弱い絶好の飛行日和です。
飛行場に行くとエアロスバルは福島へ、別のウォーリアは
大島へ行くようでした。自分は前回行けなかった松本へ
行きます。


往路は久々に浅間山から長野市の方へ抜け山を見ながら
松本へ着陸。少し前に着陸したFDAもVFR
で進入していま
した。諏訪湖の上から松本空港の西
側へ抜け高度処理を
していたようでした。昼食はいつもの蕎麦屋へ歩きます。


復路は松本でのエンジン始動に苦労しました。3回失敗し
カウリングを開け20~30分冷やしホットスタートの手順で
ようやく始動。まだ慣れたとは言えない機体
でちょっとヒヤ
ヒヤ。風も出て来てピューピュー音が
するくらい・・・最大
15~20ノットありそうです。


この展開は5年前の
2012年3月にターボアローでエンジン
始動が出来なかった
ときと似た展開です。なんとかなって
ホッとしました。

エンジン始動できればこっちのもんだと、離陸。
諏訪湖の方へ抜けた後、桶川へほぼダイレクトコースを取
りました。山岳部でガタガタ揺れる中、追い風の恩恵を受
け最大GS130ノットです。桶川で一度タッチアンドゴーをし
ても49分でした。

20170304P1015333JA3829TSM
8,500ftへ上昇。向かい風は10~15KTくらいでしょうか

2017004DSC_1603浅間山SM
噴煙上がる浅間山。火口を見るのに10,000ftへ上昇

20170304DSCN6801松本SM
快晴の松本へ到着。暖かいです

20170304P1015345諏訪湖SM
魚眼レンズで諏訪湖全体が画面に収まりました

20170304P1015347霧ヶ峰SM
画面中央が霧ヶ峰。滑空場は雪の下。右は蓼科山

RJTJ 032300Z 2006KT 9999 FEW030 BKN230 05/M06
Q1019 RMK 1CU030 A3010
RJTJ 040300Z 17010KT 9999 FEW030 BKN220 11/M03
Q1016 RMK 1CU030 A3002
RJAF 040700Z 26011G21KT 9999 FEW080 SCT///
11/M12 Q1013
RJAF 040600Z 27010KT 240V300 9999 FEW080 SCT///
12/M11 Q1013
RJAF 040500Z 25014KT 9999 FEW090 12/M12 Q1013
RJAF 040400Z 25015KT 9999 FEW090 12/M12 Q1013
RJAF 040300Z 35009KT 310V040 9999 FEW090 12/M09
Q1014
RJAF 040200Z 12007KT CAVOK 09/M07 Q1014
RJAF 032330Z 36004KT 310V070 9999 FEW070
M01/M05 Q1017 RMK 1AC070 A3003 
 

強風のローカルフライト

桶川 LCL 1037-1152(1+15)   PA-28-161

冬山を見ながら松本にでも行こうと思っていました。
飛行場で天気を調べると地上風も強く、熊谷のウインド
プロファイルも高度2000mで40KT以上あります。
さらに松本はノータムで滑走路の状態がpoorとなっていて
10時の段階でも気温がマイナス4℃なのであきらめてロー
カルフライトへ変更しました。

それでも少し山の方へ行ってみよう、と足利の方に行って
みると、けっこうな揺れです。3,000ftで40KT以上吹いてる
し、数回頭を天井にぶつけました。早々に桶川へ戻りタッチ
アンドゴーをします。一番強い時には310度、ガスト31KTで
良い練習になりました。

20170219P1015292JA3829SM
風さえなければ絶好の飛行日和なのです

20170219P1015285JA3829ローカルSM2
3,000ftですでに40KT吹いています

20170219DSC_1560浅間山妙義山遠景SM
利根川と烏川の合流地点。浅間山、妙義山が見えます



 

パイパーアローの空撮(JA55YM)

桶川 → 龍ヶ崎 0920-0946 (0+26) PA-28-161
龍ヶ崎 LCL    
1125-1250 (1+25)
   PA-28-161
龍ヶ崎 → 桶川 1445-1520 (0+35) PA-28-161

Mさんのパイパーアローを空撮させてもらいました。
格納庫に保管しているピカピカの真っ白な機体を日光
から那須の雪山を背景に撮影しよう、という企画です。

撮影に使うのは同じPA-28でも低馬力、固定脚なので
上昇速度も違うし、巡航速度も異なります。 こちらは
7,500ftでIAS95KTがやっと。アローは機首上げ姿勢
になってしまう速度です。それでもMさん、Yさん、撮影
機のHさんのおかげで何とか撮影をすることができま
した。皆様ありがとうございました。

20170129DSC_1430JA3829龍ヶ崎SM
まず龍ヶ崎へ降りて打ち合わせをします

20170129P1015277JA3829操縦席SM
7,500ftで空撮しました(空撮後、反転した際に撮影)

20170129JA55YMDSC_1285SM
低速ゆえ、前に出て占位するのは難しいです

20170129JA55YMDSC_1335SM
雪山背景になるまでは並ぶ練習がてら撮影します

20170129JA55YMDSC_1406SM
雪を被った那須の山々を背景に空撮!

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ