空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

空撮

シーラスSR20(JA020A)の空撮 その②

桶川 LCL     1055-1235(1+40)   BE33
桶川 LCL     1455-1543(0+48)   BE33

6月の空撮に引き続きシーラスを撮らせてもらいました。
夏らしい背景を入れたいと思い湘南海岸で撮るのを
第一候補にしていました。

内陸部は雲が多い条件で心配しながらも4,500ftから
6,500ftの雲を抜けてオントップして飛んでいくと、海岸
先から海は拍子抜けするほどの快晴でした。

快晴とわかれば撮影しながら降下して江の島を背景に
撮影ができました。

戻ってからは2か月ぶりのボナンザなので場周を回り
感覚を取り戻しました。

Oさん、Rさんありがとうございました。

20170806DSC_3389JA020SM
雲の上は空気も澄んでいて撮影日和です

20170806DSC_3568JA020SM
江の島を背景に

20170806DSC_3385JA020SM
内陸部はしっかりした雲があります

20170806P1015488JA3446SM
画面左に怪しい積乱雲が見えます

20170806P1015495JA3446SM
2回目のフライト後の空模様。川越方面は雨のようです



METAR RJTJ 060700Z 16009KT 9999 FEW015 FEW030TCU
BKN060 33/25 Q1003 RMK 1CU015 1TCU030 6SC060
A2963 TCU 10KM AND 25KM NW=

シーラスSR20(JA020A)の空撮

(Rev.2)
桶川 LCL 
    1043-1057(0+14)
   BE33
桶川 LCL     1335-1431(0+56)   BE33

午前中は知人のエアロスバル体験で2フライト。
僕は地上で留守番のつもりでしたが、待ってるだけも
つまらないし、知人も空撮体験してみたいということで
エアロスバルのすぐ後に離陸しちょっと並びすぐ着陸。

午後はOさんのシーラスSR20を空撮しました。
5,000~7,000ftまで上昇しましたが、気流が悪いし何が
原因なのか空気がモヤモヤしており、狙っていた山を
背景の写真はいまいちになってしまいました。

撮影機のE33は225馬力、SR20は215馬力、最大重量は
どちらも3000lb級のはずなのにSR20は速い!
抵抗が少ないのか、E33が二人乗りだからなのかSR20
の加速が良くなかなか追いつけませんでした。

シーラスオーナーOさん、エアロスバルのフライトと空撮
の右席をやっていただいたYさんありがとうございました。
もっといい写真を撮りたいのでまたよろしくお願いします。

ちなみに
当初はDC-3に引き続き龍ヶ崎にいる零戦を見
に行こうと
木曜日にスポット予約の電話をしたところ、
あっさりと
スポットがいっぱいなのでダメと言われガッカリ
していました。
臨時駐車場も開設され車で行くのは大丈夫
だったようです。飛行場なのに・・・。

20170604DSC_2438SM
日光から那須にかけて空撮

20170504DSC_2566-3SM
この角度がスマートに見えます。主翼が小さいです

20170604DSC_2514JA020ASM
あまりのモヤモヤに閉口し、右席にも撮ってもらいました

20170604DSC_2558JA020ASM
宇都宮基地を背景に

20170604DSC_2574JA020ASM
しっかりした雲があってグライダーに注意して撮影


マリブとボナンザの空撮(JA3447&JA4010&JA4030)

桶川 LCL 1320-1356(0+36)   BE33

1度目のフライトは離陸後も桶川アドバイザリーを
聞いていたらIさんのE33ボナンザJA3447が来るよ
うです。着陸すると隣のスポットに停まっていて
話を聞くとSさん、Oさんの2機のマリブ、Iさんの
ボナンザを使ってゲストフライトをするようでした。

そこから話が進み空撮しよう、ということになり、
こちらにはNさんが乗ってくれることになりました。
以前から顔見知りではありますが、一緒に飛ぶのは
初めてです。飛行時間2000時間以上、タービン機も
100時間以上経験がある方なので教官同乗のような
ちょっと緊張するフライトです。

ゲストフライトも兼ねているので、あまり激しい動
きはできず、極力水平直線飛行で撮影しました。
成り行きで決めた割には、ベテランの皆様に助けて
いただき短いフライトで3機の撮影ができました。

Iさん、Sさん、Nさん皆様ありがとうございました。

20170514DSC_1892JA3447SM
JA3447。塗装が微妙に変わっています

20170514DSC_1869JA3447SM
ボナンザの色付窓から斜め後ろの撮影は苦しいです

20170514DSC_1910JA4030SM
初空撮のJA4030

20170514DSC_1840JA4030SM
主翼が長いので切ってみました

20170514DSC_1858JA4010SM
OさんのマリブJA4010。これも初空撮です

20170514DSC_1862JA4010SM
スカイツリー入れてみましたが失敗・・・

METAR RJTJ 140100Z 05007KT 9999 FEW015
BKN025 19/13 Q1011 RMK 1CU015 7CU025 A2985=

METAR RJTJ 140600Z 06003KT 010V140 9999
FEW020 BKN040 20/12 Q1010 RMK 1CU020
7SC040 A2984=

-空撮 空の公差3- 完成しました

完成しました。
先日の花見クルーズで一部方々にはお配りしました。
ご協力頂いた方には順次お渡しいたします。

20170402DSCN7049空の公差3SM
第四弾もできるように頑張ります

『日本航空機全集2017』

昨年は締め切りに間に合わなかった『日本航空機全集』
今年は採用されました。BE33とターボムーニーの空撮
写真です。エアロスバル、セスナ172R、PA28R-200は
ボツになっていました。

20170329DSCN7033航空機全集SM
掲載誌をもらえるのがうれしいです

表紙になりました

昨年に続き管制協会発行の「航空管制2017年1月号」
の表紙に
なりました。空撮時の様子も紹介しています。

20170222DSCN6796航空管制表紙SM
こうなることを予測して縦位置も撮影していました

パイパーアローの空撮(JA55YM)

桶川 → 龍ヶ崎 0920-0946 (0+26) PA-28-161
龍ヶ崎 LCL    
1125-1250 (1+25)
   PA-28-161
龍ヶ崎 → 桶川 1445-1520 (0+35) PA-28-161

Mさんのパイパーアローを空撮させてもらいました。
格納庫に保管しているピカピカの真っ白な機体を日光
から那須の雪山を背景に撮影しよう、という企画です。

撮影に使うのは同じPA-28でも低馬力、固定脚なので
上昇速度も違うし、巡航速度も異なります。 こちらは
7,500ftでIAS95KTがやっと。アローは機首上げ姿勢
になってしまう速度です。それでもMさん、Yさん、撮影
機のHさんのおかげで何とか撮影をすることができま
した。皆様ありがとうございました。

20170129DSC_1430JA3829龍ヶ崎SM
まず龍ヶ崎へ降りて打ち合わせをします

20170129P1015277JA3829操縦席SM
7,500ftで空撮しました(空撮後、反転した際に撮影)

20170129JA55YMDSC_1285SM
低速ゆえ、前に出て占位するのは難しいです

20170129JA55YMDSC_1335SM
雪山背景になるまでは並ぶ練習がてら撮影します

20170129JA55YMDSC_1406SM
雪を被った那須の山々を背景に空撮!

JA3447(新塗装)とJA4070の空撮

桶川 → RJTO 1120-1225(1+05)   M20K
RJTO → 桶川 1415-1536(1+21)   BE33

恒例の富士山空撮です。12月の割りに雪が少なくて
例年の2/3くらいの印象です。12月に年賀状用に撮影す
るのは年々難しくなってきています。

雪が少ないと画面が間延びして構図が難しくなります。
それでもIさん、Sさんの操縦のおかげで撮れました。
ありがとうございました。

何度かM20KターボムーニーとE33ボナンザの組み合わ
で飛んでいますが、加減速の挙動が全く違うので一度離
れると合流するのが大変だとわかってきました。8,000ft
以上では過給機の有無の差もあり顕著です。A36などよ
り馬力のある機種だと差は縮まるのか興味のあるところ
です。

急遽ムーニーも空撮しよう、となり乗り換えで大島に降り
たところ、龍ヶ崎からMさんのアロー、桶川のアーチャー、
以前空撮したことがあるAO型のエアロスバルもいました。

復路はボナンザに乗り換え、午後は太陽が西側に行って
しまうので逆光を避け、沼津、甲府盆地を通り桶川へ戻り
ます。ボナンザは今月から定置場所が大利根に変わって
いるので、すぐ離陸していきました。

20161204JA3447DSC_0292SM
意外と?もやっぽいので富士山に近づきます

20161204JA3447DSC_0356SM
9月に塗り替え、そして先週耐検明けなのでピカピカ

20161204JA3447DSC_0302SM
主翼もピカピカでまぶしいくらいです

20161204JA4070DSC_0473SM
もやもやも思い切って引くと絵になります

20161204JA4070DSC_0498SM
年賀状用の構図です

20161204JA4070DSC_0605SM
翼端灯とシンクロしました


RJTO 040500Z 22014KT 9999 FEW020 BKN/// 17/11
Q1018
RJTO 040400Z 22016KT 9999 FEW020 SCT/// 18/12
Q1019

鋭意編集中

3回分の空撮写真を編集中です。
窓の色の取り去り方に苦戦中ですが少しずつ目途が
ついてきました。出来上がり次第、空撮パイロットの
方々にお送りします。

20160529空撮画像一覧SM
これくらいかなぁ・・・・・


 

ビーチクラフトボナンザ(JA3446&JA3447)の空撮

桶川LCL         1040+1220 (1+40)   M20K
桶川LCL         1327+1402 (0+35)   BE33

4月3日の記事で航大カラーのE33(JA3447)の空撮
をしましたが今回、航大カラーのJA3446オーナーR
さんにご協力をいただいて編隊空撮をすることがで
きました。

機体を見比べるとプロペラだけではなく、主翼の色、
衝突防止灯、インテークの大きさなど純粋な航大仕様
のJA3446と修理改造がされているJA3447の細かい
差異がわかってきました。

主翼が白色と赤色では写真映りもかなり違うことが編隊
空撮でわかりました。ガタガタ揺れるし、ヘイズ層を抜け
られるかと思い8,500ftまで上昇したもののスッキリせず
しかも気流が悪く7割くらいの写真はブレていました。
しかも撮影しつつ久々に少し酔いました。

Rオーナー、Iオーナー、カメラシップのSオーナー、皆様
ありがとうございました。また地上から見守って(!?)頂い
たKオーナーもありがとうございました。

2フライト目はE33に乗り換えて特定操縦技能審査をし
ました。超ベテランのNさんは安定したフライトで合格
です。おつかれさまでした。

近日中にJA3447は塗り替え作業に入るそうなので、こ
れで見納めです。新塗装もぜひ撮影したいです。
 
20160522DSC_8524SM
3機連続で離陸。航大時代もこんな感じでしょうか

20160522DSC_8557SM
1機の写真をコピーしたみたいな構図です

20160522DSC_8581SM
大磯から小田原あたりの海岸線を背景にフライト

20160522DSC_8702SM
背景としては微妙になってしまいましたが富士山

20160522DSC_8795SM
西斜面に回ると新緑が増えていました

Z VBR RJTJ  220700Z VRB01KT 9999 FEW030
29/07 Q1014 RMK 1CU030 A2996= 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ