空の公差-Tolerance-

航空写真家 瀬尾 央(せお ひろし)氏による月刊「航空ファン」の連載記事、『 Light & Flight 』に中学生の頃出会い、触発され、写真撮影とプロペラ単発機での飛行を趣味として、空の写真、空からの写真を撮り続けています。 2004年には自費出版の写真集「空の公差-Tolerance-」(エアワークス刊,ISBN9784902113037)を作りました。

とおくへ-海外-

帰国しました

寒空の成田へ帰国しました。
隣席が空席だったので助かりました。

20200111IMG_1072成田へあと3時間弱SM
残り3時間弱。映画をあと1本見ます。時間よ過ぎろ~

20200111IMG_1077成田ANA_B787SM
58番ゲートにつき入国審査場まで徒歩10分以上

サンノゼへ移動

ラスベガスでは3泊してサンノゼへ移動します。
アメリカの国内線は預け入れ荷物が有料で、今回の
デルタ航空の場合は30ドルでした。無理やり気味
に持ち込む人も多く、B737の小型のオーバーヘッド
ビンには入らず、満席の機内は混乱気味です。
カリフォルニアの暖かさを期待していたのに東京と
ほぼ同じ気温でした。

20200109IMG_0996サンノゼデルタB737SM
サンノゼも寒いです

20200110IMG_1011レンタルカーのガラスに氷SM
翌朝のレンタカーの窓。窓が凍っていました

ラスベガスへ出張

今年初の海外出張はラスベガスです。
臨時の直行便は高価でサンフランシスコ経由で
行きます。

サンフランシスコでの乗り継ぎ時間は2時間。
定刻より少し早く到着したのに入国審査になんと
2時間待ち。係員に言ってもほとんどの人が乗継ぎ
だからそのまま並び、あとは航空会社と話せと言
われジリジリします。乗り継ぎ便の搭乗も定時で
始まったとメールが来て諦めの気分に。

入国審査が出来たのは最終搭乗時刻を過ぎていた
のであきらめ気味に乗継ぎ荷物を預けると、
『airplane is waiting for you』と言われ走ります。

やっとのことで搭乗口に着くと
『You did it! but you do not need to rush』と言われ
『??』と搭乗。数分前にショートメールが来ている
のに気が着きました。なんと遅れている乗客がいる
ので30分遅延というメールです。

もっと早くメールを送ってくれればいいのに・・・。

20200106IMG_0014成田UA_B777SM
なかなか雰囲気のよい夕刻でした

20200106IMG_0018SFO入国行列SM
サンフランシスコの入国審査の行列

20200106IMG_0020ラスベガス空港SM
ラスベガスは搭乗口付近もこんな感じです

20200106IMG_0975ラスベガス空港SM
空港の歴史を説明する小コーナーがT1にあります

20200106IMG_0027ラスベガスC172-(N9172B)SM
64日間も飛び続けたセスナ172が展示されています

バンコク経由で帰国しました

復路は直行便の運航が無い日なので乗り継ぎして
帰ります。インド経由やタイ経由、香港経由などの
選択肢の中から楽そうなタイ・バンコク経由にしま
した。

バンコクからは羽田行きのJALのB787でした。
ANAの奴隷船仕様と比べると横は一列少ない8列、
シートピッチもANAの座席にように膝が当たること
はなくだいぶ楽でした。隣の人がデカくなければ…。
PYも座席数が減りつつあるANAより席数が多いです。

搭乗時に機内で流れる音楽も耳障りでないし乗り換
えようかな。

20191205IMG_3410コロンボ沖止めSM
雷雨の中で沖止めの機体に乗り込みます

20191205IMG_3414コロンボ機内エアコンSM
吹出口からマジックショーのように冷気が出ます

20191206IMG_3425羽田着JALSM
バンコクから羽田空港に到着

スリランカ2日目

2日目は仕事です。
2km弱なので歩き始めるとホテルの人に教えて
もらった道は反対方向らしく間違っていて汗だくに
なったこともあり戦意喪失、スリーウイラ―を拾い
ました。メーターを入れてくれず若干ぼったくられ
ました。50ルピー(40円弱)くらいだから我慢します。

午後はものすごい雷雨で建物内までビリビリ響いて
来ます。稲妻とほぼ同時に音が聞こえる時もあり至近
距離にも落雷したようです。

仕事先の前が冠水してしまいしばし足止め。
雨が止みそうなので、意を決して歩き始め流しの
スリーウイラ―を止めました。乗る前に交渉すると
コイツがまたぼったくりで往路の2倍の価格を提示
するので無視して歩き始めたらら少し値下げして
きました。

降りる際にめんどくさいなり、おつりはいらないと
多めに払って降りました。ああほんと面倒くらいです。
でも生きるために必死なのだと思うと、日本の職場よ
りも(多少おかしいとしても)結果に対しては公明正大
で原理原則はしっかりしていてわかりやすくて良いの
かもしれません。

20191204IMG_3156朝食SM
スリランカスタイルというのにしたら辛い・・・

20191204IMG_3155ホテルリスSM
ホテルではリスがうろうろしています

20191204IMG_3168スリーウイラーSM
Uberで呼べるスリーウイラ―もあるようです

20191204IMG_3356会議場前冠水SM
雷雨で冠水し足止めくらいました

20191204IMG_3364バス疾走SM
雨でも(雨だから?)バスは扉を開放したまま疾走


初めてのスリランカ出張

初めてスリランカへ出張してきました。

4月のテロの余波で10月末までは直行便が休止で
11月から成田とコロンボの直行便が再開しました。
モルジブ経由だったので行ってみたい気もしますが。

機内でスリが多発していたりぼったくりなどちょっ
とドキドキしながら一人で行ってきました。

むろん仕事の出張ですが、このところ会社内にいる
と嫌な事も多いので少しは気分転換になります。

コロンボ市内へはタクシー移動です。
空港にあるタクシーカウンターで値段を確認して乗車。
4社がブースを構えているので全社で値段を確認しま
した。同じ価格でコロンボ7まで2600ルピーと高速代
300ルピー。試しに軽く1社値切ってみたらダメでした。
うち200ルピーはカウンターの取り分のようです。

20191203IMG_3112スリランカ出張SM
往路は週4往復ある直行便です

20191203IMG_3118スリランカ航空機内消毒SM
コロンボ到着前には殺虫剤噴射?があります

20191203IMG_3120コロンボ空港SM
夕暮れのコロンボ空港に到着

20191203IMG_3127ホテルの部屋SM
ホテルの部屋はリゾート仕様です

20191206IMG_3147スリランカホテルSM
中庭を囲んで部屋がありこのまま現実逃避してしまいそう




戻りました

4日目は1330台北・松山発のANA便で戻ります。
しかしこれが遅延。定刻が1時間遅いJAL便が
スポットアウトする頃にようやくバス搭乗の案内
放送が流れます。

最終的に離陸は1500頃になってしまいました。
夕食の時刻には家に戻れると思っていたのに
残念です。

flight awareを見ると羽田、上海浦東、ソウル金浦、
台北松山を回っている機体のようですがこの日は
台北往復だけが遅延してその他は早着になってい
ます。

往路も遅れてきた乗客がいましたがバス移動で沖止
めの機体への搭乗なのでそれを知らずギリギリに
搭乗口に来る乗客がいるためなのかもしれません。

20191019IMG_2976台北松山ANA_B787SM
台北・松山でも沖止めです。雨でないのが救いです

20191019IMG_2974マンダリン航空ATR72SM
マンダリン航空のATR-72

20191019IMG_2972前進航空B-23062_C208BSM
前進航空C-208B。18日に台南から飛来したようです

20191019IMG_2978台湾復路機窓SM
ちぢれ気味の飛行機雲は少し前のJAL便のでしょうか

20191019IMG_2981羽田ANAB787SM
ふぅ。到着しました

初台南

2日目は午後から台南で仕事です。
南港から台湾高鐵で約2時間かかります。
昼寝をしているとあっという間に到着。

仕事後はそのまま台南で夕食。
割とゆっくりしてしまい午後9時過ぎの列車になり
南港に着いたのは夜11時過ぎでした。疲れました。

20191017IMG_2923台南切符SM
日本の新幹線の半額くらいのイメージでしょうか

20191017IMG_2936台南夜ごはんSM
仕事後はごはんを食べます。この店の路地裏が食堂

20191017IMG_2946台南かき氷SM
食後はかき氷。有名店らしいです

20191017IMG_2940台南かき氷SM
プリン入りを頼みました

20191017IMG_2938台南かき氷SM
飛行機で来たとあるので2007年以前の記事??

台湾出張

8月に引き続き台湾へ出張です。
今回は初めて台南へ行きます。

往路は羽田から台北・松山行きのANAです。
かなり混んでいてビジネス・ゴールドカウンターの列
では通常のカウンターの方が空いているといわれ並び
直すと、そんなわけはなくてこちらも大行列。

チェックイン済で荷物を預けるだけなのに30分以上かか
りました。途中で後ろに並んでいた初老の男性がブチ切
れていてANAの係員が特別に手続きをしていました。

こんなのありなのか、でもやりたくないなと思いつつ
我慢しました。でもゴネられる性格は羨ましいです。

これからもまだまだ増便するようですが設備不足は
末期的に見えます。新しい国際線ターミナルが出来た
頃の利便性は完全に無くなっています。

1日目は台北中心部で仕事をして夜は臨江街夜市を冷
やかしました。

20191016羽田ANAB787沖止めIMG_2913SM
搭乗も沖止スポットでした

20191016IMG_2916臨江街夜市近くの牛肉麺SM
夜市からほど近い牛肉麺のお店に入りました

20191016IMG_2917臨江街夜市SM
このあと甘味を食べさらにお腹いっぱいになりました

帰国しました

2泊3日なのであっという間に帰国です。
予定を立てる際に土曜日帰国パターンも候補に
あったのを週末は休みたいということで金曜帰国
にしていました。

結果的にこれが台風11号が台湾に来る前に帰国する
ことになり心配せずに済みました。

20190823IMG_2449高雄EVAA321SM
復路もエバー航空のA321です

20190823IMG_2455高雄A321機内SM
今時珍しく操縦席のドアが開いていました

20190823IMG_2444台風11号進路SM
台風の進路。土曜日には影響がありそうです

RCKH 222300Z 02005KT 330V070 7000 FEW010
SCT025 BKN040 29/26 Q1006 NOSIG RMK A2973

RJAA 230300Z 24007KT 170V300 9999 -SHRA
FEW010 SCT030 BKN050 29/26 Q1005 BECMG
23010KT TEMPO FEW008 BKN012
RJAA 230230Z 23007KT 200V280 9999 -SHRA
FEW010 BKN050 BKN100 28/26 Q1005 TEMPO
FEW008 BKN012
RJAA 230200Z 23007KT 200V260 9999 FEW008
SCT010 BKN050 27/26 Q1005 TEMPO FEW008
BKN012 RMK 1ST008 3CU010 6SC050 A2969


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

soranokousa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ